ものづくりのしごと

雨と晴れが交互に来て季節が変化していますね。


さて、日本の国内の製造業で働く人はずいぶん少なくなり、20%あまりの人が従事するだけになりました。その一方で70%近くはサービス業が占めるようになりました。


そういえば身の回りにむかしほど工場に勤めたり職人さんで働いている方をそれほど見なくなっているように感じます。今日はものづくりの仕事を選ぶのもいいぞという話です。興味のある方は読んでみてください。


日本は少し前までは「加工貿易」といって原材料を輸入して加工して優れた製品として海外に輸出する方式の会社が多かった時代が続きました。いまでもその一部はありますが、ここ20年ほどで外に生産の拠点(きょてん)を移す会社が増えました。


現地の工場で現地の人が働き現地で消費するようになりました。そこで国内の産業は「空洞化」してしまい、次々に工場が閉鎖されました。進出さきも欧米からアジア地域に移ってきました。


ここ数年、中国の人件費が高くなってきて中国への進出ラッシュは収まり、一部の工場は国内に生産拠点を戻す動きも出て来ています。でもサービス産業の伸びからするとそれほど大きな流れではありません。


今や日本はサービスのコンテンツ(中身)をさまざまもち、サービス産業も相互に依存しあって商売が成立するようになってきました。学校に塾のノウハウが入ってきたりすることなどがその例ですね。


それに対して第二次産業の生産現場は割合として小さくなってきました。そうはいっても高度な機械の技術を中心に日本の科学技術・生産技術はまだまだ健在ですし一流です。


一流であり続けるためには人材が欠かせません。あなたが「早く一人前になって稼げるようになりたい。」と考えるならぜひ高校や大学を出てメーカーに就職することをお勧めします。


どの企業も厳しい国際競争に勝ち残ってきたところばかりです。しかも国内の技術開発にも後れを取るまいと一流の業を磨きしのぎを削っています。


高い技術でもって生まれてきた工業製品の集積する日本です(たとえばスマホは海外製品でも重要な部品は日本で作られるものが多いですよ)。技術では世界にひけはとりません。


就職できれば技術の担い手として大事に育ててもらえることは間違いないでしょう。

太陽の光の恩恵

寒くなってきて陽の光が恋しくなってきました。やはり自然の温かみはいいです。この太陽の光は太陽の内部で起こる水素がヘリウムに変わる際の核融合のエネルギーがもとになっています。



人類はまだこの核融合反応のエネルギーをうまく取り出せることに成功していません。高温(一億℃)のエネルギーを長時間封じ込めて発電などに生かすことができないでいます。



果たして安全かどうかに関してもまだ十分な情報が伝わっているとはいえません。

それはさておき、太陽のエネルギーは、大昔の植物や動物を育てました。それらの遺骸が積もり圧力や年数がたつと石油や石炭となって現在の私たちがエネルギー源として使っているわけです。



何億年とかかって貯めこんで来た過去のエネルギーの資産を消費しています。しかもごく短時間のうちにです。



石油で3040年、石炭でも100年~200年の可採量が残っているにすぎません。今後見つかる分が上乗せされるかもしれませんし、天然ガスやシェールオイルなどもあるかもしれませんが、有限であることに変わりはありませんよ。



今後新たなエネルギー源を探さないといけません。再生可能エネルギーのいくつかが候補に上がっています。でもまだ十分とはいえない状況です。その一方で節約もたいせつです。



posted by あまがえる at 18:00Comment(0)理科2,3

中2 入試の気持ちを作っていく

いよいよ入試が近づいてきました。中3生は大きな学校行事は終わりました。


このブログの記事の更新頻度が、入試に対する学習を集中すべき時期と比例していると思います。したがって、すでに入試記事に関しては数を減らしつつありますから中3生関係は減り、中1、中2生の記事が増えてきます。今度は中1、中2生の番になります。


よくこのブログをご覧いただいている方はご存知と思いますが、9月から10月にかけて1記事ずつ更新してきました。繰り返し同じ記事が出ているよと気づいている方もおいででしょう。その通りで、ぜひ繰り返し復習してほしいと時期ごとに最適のものを用意して更新してきました。


そうしないと高校入試の内容に関して、この時期に書くべきことが収まりきれないほどです。その一方で心構えなども書いてはきました。


3の方、ご自分の勉強を振り返ってご覧いただいても、そのあたりが勉強の分かれ道であったことはおわかりいただけると思います。


したがって中2生は今の時期はペースを維持し、落ち着いて物事にあたるような状態、あるいは試合に備えるような精神状態にもっていくべき時期と言えると思います。


中1生は、中学生になって周囲に慣れ、自分を落ち着いて振り返りペースを作り、実行する段階といえます。


こう書いていくと既に今年の入試は終わったかのように思えるかもしれません。ある意味ではそうですが、別の視点で見るとまだまだ油断はできない時期です。


虎視眈々(こしたんたん)と逆転を狙っている人が必ずいると思って手を抜かない、油断をしないことこそがこの時期に心得ておくことでしょう。まだまだこれからです。


2の皆さん来年は皆さんたちが受験生です。あと1年余り。「ええ~まだ先のことだよ。」とお思いでしょう。でもそのための基礎作りは今から始めると無理なくできます。


自分が一番入りたい高校を目指す意味から、今からコツコツとやっていく多くの皆さんで「使える」学習を紹介していきます。


7時に記事を更新して皆さんのおいでをお待ちしています。




posted by あまがえる at 18:00Comment(0)中2生へ