新入試のお話 その(2)

今の大学の二次試験に当たる2020年度からの新入試では学力のみで審査することはできなくなり、高校での様々な実績が加点要素となり、しかも面接や発表、討論、集団行動などの形式による試験となるそうです。

DSCN3540.JPG

いま危惧していることは加点要素となりそうな海外渡航経験などは、早めに文科省や試験を課す大学は早めに受験案内を公表して欲しいということです。


そうしないとすでに動き始めている中学校や高校のカリキュラムの編成に影響を与えることが危惧されます。


しかも経済的な事情でそういった経験が難しい生徒については不利にならないような措置が必要になります。こういった点から複雑な入試制度になりそうな気が私はしています。


それから科目間にまたがった出題があるとすでに紹介されています。これは誰が教えることになり、そのための教員免許などはどういうことになるのでしょうか。


詰めていかないといけないことは山積していて、しかもどうもこれはうまくいかないのではとすでに危惧する状況がうまれつつあります。またいつかのように制度がすぐに手直し(骨抜き)されるような気がしてなりません。

新入試に備えて その(1)

今の中1の皆さんは2020年の新入試の初年度にあたります。おそらく様々な点で先輩たちとは異なる方式の大学入試を受けないといけなくなります。

DSCN3562.JPG

この入試の悩ましいのは数日前にも政府からその概略は示されましたが、内容が記述式の解答が加わるということだけで不明なことです。これからおいおい明らかになっていくことでしょうが、急には対応できないことも出てきそうです。


例えばそのうちのひとつが英検などの扱いです。英語についてはこういった外部試験で得た検定の級などで一部の科目が受験免除になる可能性があります。


したがって前もって、それらの級を取得しておくと大学受験の際に人よりも受験科目が少なくてよいことになります。


これは考えようによっては大きいです。あらかじめ早いうちに英語検定などを取得しておき、その科目免除資格を得ておけば残りの受験科目に専念できることになります。


負担の大きな科目(例えば英語)が一つ減ることは受験勉強する上で大きなアドバンテージにできます。例えば数学や理科などに時間を割くことができるわけです。


中1 理科の用語

多くの中学1年生にとって少し前に習った用語です。ちょうど忘れやすい時期にあたります。答えの部分を何かで隠して答えましょう。

DSCN3433.JPG

(1)溶液にとけている物質            溶質

(2)水が溶媒の溶液               水溶液


)100gの水に溶かせる物質の質量      溶解度

)固体を溶かし再び結晶として取り出す方法   再結晶

)物質がそれ以上溶けることができない水溶液  飽和水溶液

(6)気体のアンモニアを集める方法        上方置換

(7)物質が固体、液体、気体とその姿を変えること 状態変化

(8)物質が状態変化する時、変わらないのは何   質量

(9)物質が状態変化する時、変わるのは何     体積

10)液体が沸騰して気体になるときの温度     沸点          


11)固体が溶けて液体になるときの温度      融点  

12)液体を加熱し気体を冷やして取り出すこと   蒸留

13)二酸化炭素を通すと白くにごる水溶液は何か  石灰水

14)食塩、砂糖、デンプンのうち水に溶けない物質 デンプン

15)食塩、砂糖、デンプン:加熱で変化しない物質 食塩

16)電子てんびんで量れる物質そのものの量    質量


17)物質1cm3あたりの質量           密度

18)密度が水より小さい物質は水に浮くかしずむか 浮く

19)同じ質量で体積が大きいと密度はどうなる   小さくなる

20)ガスバーナーのねじのうち、上の方にあるねじ  空気調節ねじ

21)ガスバーナーに火をつけるとき確認すること   両ねじが閉じている


22)ガスバーナーのねじの向きは水道と同じか   同じ

23ガスバーナーの点火でねじ開くのと火はどっちが先  火

24)ガスバーナーの炎が赤いのは、何の不足    空気(酸素)

25)空気調節ねじを開くとき注意すること     ガスは抑えておく

26火を消す時は元栓、ガス調節ねじ、空気調節ねじどの順   空気、ガス、元栓


27)メスシリンダーや上皿てんびんの置き場所   水平なところ

28)メスシリンダーで目盛りを読む液面の位置   液面の下

29)メスシリンダーは1目盛りのいくつまでを読む  10分の1

30)てんびん分銅は軽いものと重いものどちらから 重いもの

31)上皿てんびんで、つり合うと針はどう振れる  左右に均等


32)上皿てんびんに左右の皿にまずのせるもの            薬包紙

33)上皿てんびんのうでがゆれないかたづけかた           皿を片方に重ねる

34)電子てんびん:0にする前に薬包紙をのせるか           のせる 

35二酸化マンガンにオキシドールを加えて出る気体   酸素

36)石灰石にうすい塩酸を加えると発生する気体           二酸化炭素


37)亜鉛にうすい塩酸を加えると発生する気体            水素

38塩化アンモニウムと水酸化カルシウムで発生する気体 アンモニア

39水にとけにくい気体を水と置き換えて集める方法     水上置換()

40水に溶けやすく空気よりも軽い気体を集める方法       上方置換(法)

41水にとけやすく空気よりも重い気体を集める方法         下方置換(法)


posted by あまがえる at 07:00Comment(0)中1理科

ちょっと耳の痛い話

高校に合格した方々おめでとうございます。さてそんな幸せなはずの時期に、水を差すようで申しわけない話になってしまいます。

DSCN3780.JPG

わたしが「小さな塾」で見てきた生徒、高校になってからあわてて「小さな塾」に来た生徒、そして今や成人して仕事に就いた塾生たちを見て思うことです。


じつは高校の成績のかなりの部分は、この高校に合格した日から高1の一学期あたりでほぼ決まってくるように感じています。


原因は「スマホ」。大部分の生徒は中学と比べると、保護者の方々も高校生ならば必要だし・・・。と少し制限が緩やかになりがちです。そこを手始めに、どっぷりスマホの手放せない生活にはまりがちです。


それまで、高校に入ったら将来に向けて自分の目標の○○になることを高校時代で現実にしていくぞという受験期の意気込みが吹っ飛んだかのような人も中にはいます。


こうならないために、スマホはスマホ、学校は学校と、「わきまえて」行動できることが求められます。


これは自分ですべきことですよね。私のような人間から指摘されないでも皆さんならきっとできるはず。

地図をながめよう

地理はどんな学習をすればいいでしょう。たとえば身近なところからはじめてみましょう。自分が行ったところを地図で探してみましょう。近くでもいいですし、遠くでも構いません。

DSCN3464.JPG

たとえば東京に行ったことがあるとします。家から東京までどんな交通機関で行きましたか。飛行機で行ったとしたら、地元の空港まではどうやって行きましたか。そして羽田空港に到着してからはどうやって目的地まで行きましたか。


できればどこを通っていったかも地図でたどれるといいです。高速道路を使ったとすれば。どの高速道路を通って、どこでご飯を食べたり休憩したりしたか、地図上で探してみましょう。面白い出来事があったとか親切な人に会ったとか思い出と一緒にたどると楽しいです。


海外旅行に行ったことがあるのであれば、上に書いたことと同じように

成田空港(関西国際空港でも)からどこの国の空港に向かったか、そして目的地やホテルの場所はどこだったか、地図上で探してみましょう。そしてどこを巡って観光をしたとか、何を食べたとか地図上で行程を線で表してみましょう。


こんなふうに自分の行った場所を地図上で探したり、思い出したりすることで地図を見る感覚が養われます。

posted by あまがえる at 07:00Comment(0)地理