中間テストの反省に基づいて

中間テストはもう全部返ってきましたか。どんな結果でしたか。


今度の期末テストまであと3週間ちょっとです。あっという間です。期末テストは9教科と数が多いですから、まんべんなく試験対策の勉強をしようと思うと計画を立てていかないとうまくいきませんよね。


このように自分で学習をする場合には、自分のテスト結果を自分なりに講評して次への対策を立てるといいです。


特に前回より下がってしまったときは、慎重に判断すべきです。学年の平均点が前回よりも今回の方が下がっているのならつぎの2つが考えられます。


テストそのものが1学期期末よりも2学期中間のほうが難しかった。

自分の実力が下がってしまった。


このいずれかが考えられます。①の場合には前回並みの得点が取れていれば、少なくとも実力が相対的に上がったことになります。②の場合には、対策が必要なことはいうまでもありません。


したがって②の場合については、次のような対策が必要になります。

(1)自分の試験対策上の問題点をみつける。

  →例えばわかったつもりで、確認の問題解きが十分でなかった。

(2)試験範囲が苦手な分野で理解そのものが追いつかなかった。

  →大きな苦手にならないうちに、今のことをやりつつ、少しずつ理解を進める。

(3)試験に関する情報収集

  →先生は試験に関して様々な情報を発信しています。普段の授業の中で試験のヒントになることを聞き漏らしたり、自分でしっかり取り上げていなかったりしていないかチェックを十分にします。


posted by あまがえる at 12:00Comment(0)試験

友達に教える勉強法

自分がどれだけわかっているか知るよい方法があります。友達が迷惑していなければ一人をつかまえて教えてみてください。


もし、その友達が「とてもよくわかった」と言ってくれたとしたら、あなたはその内容をよく理解していて、人にも上手に説明できて理解してもらえたことを意味しています。


できれば、友達にも説明してもらって、恩返しするといいです。お互いに理解し合えることができます。



こうして自分がどの程度理解できたか知ることができますし、自分でうまく整理して話すことでより自分自身の理解をさらに深めることができます。友達にも喜ばれますし。


人に自分の理解していることを上手に伝えられるようになることはとても大切ですし、自分の理解度も上がったことを意味しています。

posted by あまがえる at 22:00Comment(0)試験

高校入試 近代革命の時代

ヨーロッパの近代革命についてどの程度理解が進んでいるでしょうか。次の二つの問題を解いて見ましょう。


1.適当な言葉を( )から選ぶか、適語を(  )に入れよう。

(1)17世紀末イギリスでは、国王を追放、(立憲君主 奴隷)制を定め議会政治の基礎がで

   き、ヨーロッパ最強の国となりました。

(2)1776年、北アメリカに移住したイギリス植民地の人々は、社会契約説を信じ、(  )宣言を発表し、(独立 南北)戦争に勝ちました。そして人民主権、連邦制、(  )を柱とする合衆国憲法を定めました。

(3)フランスでは国王が絶対的な力をもつ(  )王政でしたが、貴族、農民の不満から1789年、(  )革命が起こり、自由、平等、人民主権などからなる人権宣言が発表されました。

(4)やがて、長い戦争ののち軍人の(  )がフランスの政権につき、ヨーロッパの大部分を

   征服しました。


  (1) 立憲君主  (2)独立   独立   三権分立  (3) 絶対   フランス (4)ナポレオン



.つぎの文は、ある宣言の一部分です。あとの問いに答えよう。

・人は生まれながら(①)で(②)な権利を持つ。社会的な区別はただ、公共の利益に関係のある場合にしか設けてはならない。

(1)上は何という宣言ですか。

(2)(①)と(②)に適当な語句を入れよう。

(3)この宣言が出されたヨーロッパの国はどこですか。

(4)この宣言が出される前の、この国の政治の状況は、次のどれに近いですか。

   ア)国民の意志に反した王政に対して革命が起こり、立憲君主制となっていました。

   イ)北アメリカに移住してできた植民地で、本国からの新税と弾圧に苦しんでいました。

   ウ)官僚制と常備軍をもとに国王が絶対的な権力をもつ絶対王政でした。

(5)この宣言にうたわれた内容として、もっともふさわしいものを選ぼう。

   ア)人民主権、連邦制、三権分立 イ)自由、平等、人民主権、私有財産の不可侵

   ウ)国民主権、基本的人権の尊重、平和主義


こたえ  (1) 人権宣言 (2)自由・平等 (3)フランス (4)ウ (5)イ  


posted by あまがえる at 14:00Comment(0)歴史

消しカスが多い時の心理

消しゴムをたくさんつかっているなあ、とお子さんに対してお感じになることがないでしょうか。


お子様の頭の中では内容が整理できていないまま、文字にしようとして書いては見たけどやっぱりおかしいなあの試行錯誤の状態といえます。


その結果が消しゴムのカスの山になって現れているわけです。このような状態はある程度は必要なのかもしれませんが、これがテスト時間中だったらちょっと心配です。


なぜかと申しますと、消しゴムを使って消す時間ではテストの加点は進んでいません。つまり時間ロスになっています。


そこでこうします。「テストの解答用紙には清書したものを書く。」そう決めたら下書き段階のものはメモするように問題用紙の空欄に書いておき、そこで消しゴムを使わないで校正します。納得できたら解答用紙に清書します。


何かじれったく感じるかもしれませんが文章で答える問題は違ってきます。こうすることで消しゴムごしごしのタイムロスはなくなります。


posted by あまがえる at 17:00Comment(0)ご家庭

入試ポイント 小学校範囲から

高校入試で見落としがちになりやすい小学校範囲の文章題練習をしてみましょう。


100350円のぶた肉と、100250円の鶏肉をそれぞれ700g買いました。代金はいくらでしょう。


(解説)350×7250×7(350250)×7600×74200()


300gの肉が630円で売られていました。同じ肉を1kg買うと、いくらになりますか。


(解説)単位をkgに変えてから式を作ります。0.3kg:630円=1kg:x円より

  x=630÷0.32100()


69の公倍数を小さい方から3書こう


(解説)最小公倍数は18だから、あと3654


1218の公約数を全部書こう


(解説)約数は121,2,3,4,6,12)、181,2,3,6,9,18)なので、公約数は1,2,3,6


ふたつのライトがあります。Aは8と、Bは12とに点滅を繰り返します。AとBが同時に点滅してから、その次に同時に点滅するまでには何秒かかりますか。


(解説)「同時に・・・」という言葉からAとBの最小公倍数は、24したがって、24秒かかります


ノート36さつと鉛筆60本があります。これをそれぞれ同じ数ずつできるだけ多くの人にあまりが出ないように分けたいと思います。このとき1人分のノート鉛筆の数を求めよう


(解説)「多く分けたい」の言葉から3660の最大公約数を求めればよいので、12。したがって、ノート36÷123(さつ)、鉛筆60÷125()


7637584を百の位までの概数にして見積もろう


(解説)十の位を四捨五入して百の位までの概数にしてから計算します

76006008200 答え8200


64799×372を上から一けたの概数にして見積もろう。


(解説) 上から2けた目の数を四捨五入して、上から一けたの概数にしてから積を計算します60000×40024000000 答え24000000


四捨五入して十の位までの概数にすると420になる整数の範囲を求めよう


(解説) 四捨五入して十の位までの概数にしたとき、420になるのは415から424まで。


10)鈴木さんの学校で、野球をしている人は30人います。全校生徒は600人です。全校生徒の人数をもとにした、野球をしている人の割合を求めよう


(解説)く/(×)より、く÷も=30÷6000.05


110.38で表した割合を百分率と歩合で表そう


(解説)割合の0.330%で3割、0.088%で8分。答え百分率38%,歩合38分。


12定員300人の電車に、定員の80%の人が乗っています。この電車に乗っているのは何人ですか。


(解説) 80%は割合では0.8。く/(×)より、も×わ=300×0.8240人。


posted by あまがえる at 22:00Comment(0)中2生へ