公民 大量生産・大量消費が続く

様々な商品が大量に生産されています。それらは消費されて多くのごみを生じます。したがって、生産した分に相当するだけごみの処分や廃棄物、下水処理などが待っていることになります。

DSCN3562.JPG

この繁栄はどれほど続くのでしょうか。じつは世界でもまれなほどの消費を行っている国はそう多くはありません。日本もその例外ではありません。


日本ではリサイクル、省エネや環境対策などが進んでいると思われがちですが、目を見張るほどの消費を行っていることには変わりはありません。


大量生産・大量消費のつけはそのごみ問題という形で各地で露呈しています。数年前のことですが一時期、名古屋市はごみ処理場が満杯になりそうだと騒ぎになりかけたことがありました。


その前後で各自治体でも同様の事態が起りかけています。ごみを処分するには焼却、埋め立てなど処理方法が限られています。


家庭だけでなく産業の活動によってもごみは出ます。それを産業廃棄物といいます。その処分場は厳重に管理されます。しかし、産業廃棄物処分場の建設は各地で反対運動が起こっています。各地域にはさまざまな事情を抱え、なかなか建設の進まない場合もあります。


また塩素を含む化合物を不適切な方法で焼却をすると、ダイオキシンという毒性の強い物質ができてしまうことがわかりました。


国内では焼却場の燃焼方法を法律をつくり、厳密に管理してダイオキシンの発生量を抑えることになりました。


PR
過去10年間の過去問題集 高校入試 虎の巻
posted by あまがえる at 23:00Comment(0)公民

入試でよく出る数学分野

これは高校入試にやまを張ろうというわけではありませんが、最終確認にポイントになるところをしっかりおさえておこうという意図でまとめました。


今日は数学編です。


何といっても二次関数。大問でほぼ1題分一次関数と組み合わせて出題される形が多いです。傾きや各グラフの交点の座標の求め方や、グラフで囲まれる面積や、回転体の体積,線分の長さなどは必須の事項です。


それから三平方の定理を使う平面、空間図形の問題です。空間図家の場合には平面に置き換えた図を描いて解くのが鉄則でしたね。相似や円の性質(円周角の定理の逆)などと組み合わせて出題される問題がよく出ています。


数や式の計算に関する問題は、比較的前半のウォーミングアップともいえる場所で出題され、しかも正解率が高いので要注意です。丁寧に見やすい文字で計算して見誤りなどがないようにしたいものです。


24年度以降で、「資料の散らばりと代表値」についてまだだされていない都道府県があればそれは要注意です。そろそろ出題される年ですよ。





PR
期末テスト 数学
posted by あまがえる at 17:00Comment(0)入試

英検を受けよう

英語検定はお得です。英語の力のうち学校や入試でお墨付きをもらいにくい、話す力などについても評価してもらえるからです。英語の総合力のお墨付きをもらえるともいえます。


しかも合格すればいろいろなところで評価してもらえる「級」がもらえます。高校入試や就職、最近は大学(国公立大学でも)入試などで英語の試験が免除されて、英語は入試を受けなくてもいいよ、というふうになりそうな状況です。


したがって多くの人が英検の級をとろうとします。ほとんどの人が自動車の免許をとるように、英検もほとんどの人がどこかの段階でとるそういうような英検と密接に関わる時代となりそうです。じつはもうなっているのかもしれません。


したがってだれもがとるようなものなら、頭の柔軟な若いうちにとっておいた方がよさそうです。せっせととって、ほかの事に時間を費やす、たとえばいまは「英語ができます。」では通用しない時代です。むしろ「英語を使って○○ができます。」の時代です。


英語はそのための道具にすぎません。

posted by あまがえる at 17:00Comment(0)英語

2学期の後半に入って

2学期の始まりに、この学期の中1、中2はどの教科も注意が必要とこのブログに書きました。その後どうですか。特に英語や、数学は難しくなったと実感しているのではないでしょうか。


理科もそうですね。中1でも中学の内容がぎっしり詰まった単元が目白押しです。これから先はこれが標準的な内容のレベルだと思っていたほうがいいです。


内容から考えると易しくなることはないと覚悟を決めて学習していく必要があります。むしろそれができるように成長してきたんだと思えばいいです。


厳しいことばかり書くようですが、これはどんなことでも同じではないでしょうか。段階を踏めば部活だって、難しい技や技術を教わるようになっていきますね。勉強もそれと同じです。


でもそれには基礎になることはとても重要です。そこをおろそかにしていたままでは、応用となることは身につきません。


このブログはどの単元についても最初の手がかりになること、その単元のポイントについてかいつまんで表しています。


このブログで理解できたことを、さらに詳しく参考書や問題集と手順を踏んでいけばわかるようにしています。


したがってこの2学期の期末テストはこれまで以上に大事に準備して学習して臨みましょう。


テスト2,3週間前には

さて、テストが近づいてきました。この時期になると、そろそろ試験準備をしておこうかなと考える人も出てくるでしょう。



試験に向けて、試験の直前にするにはちょっとどうかなということを余裕のある今のうちに進めておくといいです。



つまり、国語の試験範囲になりそうな部分の意味調べや、漢字、英語なら単語や熟語、日本語訳の準備などです。数学ならば教科書の例題でスムーズに解けないところのやり直しです。



理科や社会の科目ならば、ノートの中で自分では理解が進んでいないところの補充や下調べをしておきます。



これだけ準備しておけば試験が近づいて1週間前になったときに準備が整っていますから整然と試験勉強ができるようになります。


posted by あまがえる at 20:00Comment(0)試験