公民 大量生産・大量消費が続く

様々な商品が大量に生産されています。それらは消費されて多くのごみを生じます。したがって、生産した分に相当するだけごみの処分や廃棄物、下水処理などが待っていることになります。

DSCN3562.JPG

この繁栄はどれほど続くのでしょうか。じつは世界でもまれなほどの消費を行っている国はそう多くはありません。日本もその例外ではありません。


日本ではリサイクル、省エネや環境対策などが進んでいると思われがちですが、目を見張るほどの消費を行っていることには変わりはありません。


大量生産・大量消費のつけはそのごみ問題という形で各地で露呈しています。数年前のことですが一時期、名古屋市はごみ処理場が満杯になりそうだと騒ぎになりかけたことがありました。


その前後で各自治体でも同様の事態が起りかけています。ごみを処分するには焼却、埋め立てなど処理方法が限られています。


家庭だけでなく産業の活動によってもごみは出ます。それを産業廃棄物といいます。その処分場は厳重に管理されます。しかし、産業廃棄物処分場の建設は各地で反対運動が起こっています。各地域にはさまざまな事情を抱え、なかなか建設の進まない場合もあります。


また塩素を含む化合物を不適切な方法で焼却をすると、ダイオキシンという毒性の強い物質ができてしまうことがわかりました。


国内では焼却場の燃焼方法を法律をつくり、厳密に管理してダイオキシンの発生量を抑えることになりました。


PR
過去10年間の過去問題集 高校入試 虎の巻
posted by あまがえる at 23:00Comment(0)公民

3つの代表的な和歌集

以下に挙げた3つの和歌集は各時代を代表するものです。ぜひ覚えましょう。


 歌集名       時代    編者               歌人                      特徴

万葉集     奈良時代  大伴家持  柿本人麻呂、山上憶良 力強い、素朴、率直


古今和歌集   平安時代  紀貫之ら  在原業平、小野小町  優雅、理知的、技巧的


新古今和歌集  鎌倉時代  藤原定家ら 西行、藤原定家      余情、幽玄、洗練


それぞれ和歌の特徴まで覚えておくといいです。


PR
CD付 中学総合的研究 国語 三訂版
posted by あまがえる at 19:00Comment(0)国語

中2生の一次関数対策

中学2年生はこの時期にぜひともやっておいて欲しいことがあります。それは一次関数の基本をしっかり学習することです。


「なぜ一次関数なの?」それは一次関数だけでなく比例や反比例、それから3年で習う二次関数も含めて関数がほぼ必ず入試には出題される単元だからです。


それにもかかわらず、「小さな塾」に入塾してくる人にはこの単元が苦手な人が多いです。皆さんの中にもこの単元どうにかならないかなと思っている人もいることでしょう。


関数という考え方にまだなじんでいないことが原因だと思います。難関高校を受験したいと思っている人でも、少し塾で揺さぶりをかけるような問題を出してみますと、皆さん自信なげに解きはじめます。


でもその意味となるとよくわかっていない答案がほとんどです。おそらく、学校の授業でもそうで、生煮え状態のまま次の単元に行ってしまうからだと考えられます。


したがってもう一度基礎から組み立て直すことになります。すると「小さな塾」では大部分の人が理解できるようになり、割とすんなりと一次関数の公立の入試問題まできれいに解けるようになります。入塾が早い人ほどこの単元を得点元にしていく生徒が多いです。


どうしてここがわからなかったんだろうと生徒たちが言います。関数ほど同じ計算過程をたどる単元は少ないのではと私も思っています。たったひとつの計算過程を正確にたどれば、計算ミスもほとんどしないで正解を得られるように教えています。


これはさすがに企業秘密です。入塾してくれて続けてきてくれる生徒にだけ教えられるとっておきの内容です。


どちらにしても自分で学習する場合には早いうちに関数を理解しておいたほうが後の数学の受験対策が違ってきます。そのアドバイスでした。


posted by あまがえる at 21:00Comment(0)入試

律令国家の練習問題

律令国家の成立に関する練習問題です。


1.下から言葉を選んで(   )に入れよう。

(1)日本は、(  )の戦いで百済を助けましたが、唐と新羅の連合軍に敗れ、朝鮮半島から手を引きました。


(2)中大兄皇子が(  )天皇に即位して、亡くなったのち、あとつぎをめぐる(  )の乱が起きました。戦いに勝った(  )天皇は、天皇の地位向上につとめました。


(3)701年、(  )律令が定められ、(  )国家作りが進められました。


(4)710年、唐の都の(  )にならい、奈良に(  )京が作られました。この時代を(  )時代といいます。国々には国府が置かれ、(  )が派遣されました。役人の往来のため、道路や駅がつくられました。


**********************************

選択肢: 白村江   天智   壬申   天武   大宝   律令   長安   平城   奈良   国司

**********************************


答え ①白村江 ②天智 ➂壬申 ④天武 ⑤大宝 ⑥律令 ⑦長安   ⑧平城 ⑨奈良 ⑩国司



2.(   )に下から選んで適当な言葉を入れよう。

(1)日本は白村江の戦いで(  )を助けましたが、(  )と新羅の連合軍に敗れ朝鮮半島から手を引きました。


(2)(  )が天智天皇に即位して、亡くなったのち、あとつぎをめぐる壬申の乱が起きました。戦いに勝った(  )天皇は、天皇の地位向上につとめました。


(3)(  )年、大宝律令が定められ、律令国家作りが進められました。


(4)(  )年、唐の都の長安にならい、(  )に平城京が作られました。この時代を奈良時代といいます。

   国々には(  )が置かれ、国司が派遣されました。役人の往来のため、道路や(  )がつくられました。


選択肢: 百済   唐   中大兄皇子   天武    701   710   奈良   国府   駅

**********************************


答え ①百済 ②唐 ➂中大兄皇子 ④天武 ⑤701 ⑥710 ⑦奈良 ⑧国府 ⑨駅

3.(   )に下から選んで適当な言葉を入れるか、問いに答えよう。

・ 701年に( ①)の法律にならって、律令がつくられました。全国の支配はこの律令にもとづいて行われました。


(1)①に入れる適当なことばを選ぼう。  (  ) 

   ア)隋   イ)漢  ウ)唐  エ)秦


(2)上の律令とは何ですか。(  )

   ア)一七条の憲法 イ)御成敗式目 ウ)貞永式目 エ)大宝律令


(3)この律令で定められた中央の一般の政治を行う役人を何といいますか。 

   ア)左大臣     イ)太政官    ウ)国司


(4)国々の国府に派遣された役人を何といいますか。(  ) 

    ア)左大臣     イ)太政官    ウ)国司 


(5)九州に置かれた役所を何といいましたか。(  ) 

    ア)太宰府     イ)国府     ウ)総督府


答え(1)ウ (2)エ (3)イ (4)ウ (5)ア


4.つぎの問いに答えよう。

・律令国家の新しい都が奈良につくられました。都は広い道路で碁盤の目のように区画されました。唐にならい貨幣も発行されました。

(1)この都が作られたのはいつですか。(  )

    ア)701年    イ)710年     ウ)794年


(2)この都の名前は?(   )


(3)律令のうち、刑罰に関する決まりを何といいましたか。(  )           

   ア)  イ)   ウ)法度(はっと)


(4)この貨幣を何といいますか。(  )  

   ア)和同開ほう  イ)明銭   ウ)寛永通宝


)この都で政治が行われた時代を何時代といいますか。(   )


)この時代は約何年間続きましたか。(  )  ア)170年間  イ)約84年間   ウ)約400年間


答え(1)ア (2)平城京 (3)イ (4)ア (5)奈良時代  (6)イ


PR


期末テスト 歴史

posted by あまがえる at 17:00Comment(0)歴史

文字式の詳しい説明

次の問題が解けますか。


 3(2a-1)-2(3a-4)


「う~ん、複雑な式だな~。あっ、引き算だ、ということは足し算に変えるのか。」そうそう、いいですよ。「うしろの( )の中は、+と-が入れ替わるから…。」


 3(2a-1)-2(3a-4)  (引き算を足し算に、後ろの( )符号反転)

=3(2a-1)+2(-3a+4)


そうですね。引き算の式は足し算にすると簡単になります。「ここまでできれば、あとは何とか…。」まずは分配法則を使うのでしたね。


 3(2a-1)-2(3a-4)

=3(2a-1)+2(-3a+4)  (ここで分配法則で( )をはずす)

=3×2a+3×(-1)+2×(-3a)+2×4


「やった~なんとか分配できた。」その調子。


 3(2a-1)-2(3a-4)

=3(2a-1)+2(-3a+4)

=3×2a+3×(-1)+2×(-3a)+2×4 (ここで、かけ算を済ます)

=6a-3-6a+8


ここで、同類項どうしを並べ直しますよ。


 3(2a-1)-2(3a-4)

=3(2a-1)+2(-3a+4)

=3×2a+3×(-1)+2×(-3a)+2×4 

=6a-3-6a+8 (ここで同類項に並べ直す)

=6a-6a-3+8


「aを含む項は消えちゃった。」残りの数字の計算を気をつけて。


 3(2a-1)-2(3a-4)

=3(2a-1)+2(-3a+4)

=3×2a+3×(-1)+2×(-3a)+2×4

=6a-3-6a+8 

=6a-6a-3+8 (ここで、同類項どうしで計算)

=-3+8

=+(8-3)

=5


「やった~、できたぁ。」よくできました。慣れるまではこんなふうに途中を省かないようにすると、次の手順に移るときに間違いません。まず、この手順を覚えましょう。


 3(2a-1)-2(3a-4) (引き算を足し算に、後ろの( )符号反転)

=3(2a-1)+2(-3a+4) (分配法則で( )をはずす)

=3×2a+3×(-1)+2×(-3a)+2×4 (かけ算を済ます)

=6a-3-6a+8 (同類項に並べ直す)

=6a-6a-3+8 (同類項どうしで計算する)

=-3+8  (残った部分の正負の数の計算)

=+(8-3)  (絶対値の大きい方の数字の符号をつけて、引き算)

=5






posted by あまがえる at 13:00Comment(0)数学1