3学期末試験まであと1か月半

「え~冬休み始まったばかりなのにもう試験の話かあ~。」そう思ったのもよくわかります。冬休みをしっかり満喫してください。その一方でちょっとだけ聞いておいて。

じつは多くの中学校では3学期の期末試験、つまり学年末試験は2月10日過ぎ。つまりあと1か月半後なのです。これは2学期末試験で言えばすでに10月1日の運動会の頃にあたります。

つまり冬休み明けの頃には1か月前の試験準備に入りたいところ。したがってその前準備を冬休みでゆっくり整えておこうというわけです。「なるほど。余裕持って準備するわけか…。」でも何を準備するの?」

それは2学期末試験を振り返ってもらえるとわかります。よく思い出してみてください。10月から11月にかけてどんな試験勉強をして、結果はどうだったか。

「うん、帰ってきた答案見ながら、数学がんばらないとと思ったんだっだ。」そうですねそういうふうに特に問題点をあぶり出しておくといいです。そして冬休みのうちに何かしら自分でできる対策を立てて、3学期が始まる頃から2学期の時よりも早めに試験準備に入るのがいいです。

「そうそう、その方があせらなくて済みそう。」そうですね。気持ちに余裕がある方がさまざま対策できるはずです。特に英語や数学に難点を抱えている人は、冬休みに2学期までのところをやり直しておくといいですよ。

「うん、先生も3割ぐらいは1,2学期のことを試験に出すって言ってたし。」
posted by あまがえる at 14:00Comment(0)試験

数学 授業を解きながら聞く

数学の授業を先生がしていて計算になったときはあなたはどうしてますか。「う~ん、ノートを書くのが精一杯で・・・。」そうですか。できれば先生の説明の間に自分でも計算を頭の中かノート上にやっていくといいです。「でも、なかなか余裕がないです。」


少しずつでもゆとりを持って授業を受けるには、やはり簡単でよいので、前もって教科書の例題か練習問題を解いておくぐらいの予習をしたほうが良いかもしれません。


そのほうが授業中に先生の説明を集中して聞くことができ、しかも順を追って一緒に解いていくことができます。先生の方が効率の言い解き方をしたところだけ、赤で書き加えるといいです。


なせそうするかというと、先生は最も効率よく解いてしまうのでわかった気がしてしまいます。そしてそのままわかったつもりでいることが一番よくないです。


予習しておいて先生とともに手順を追っていくと、どこが自分で解きにくいところかがはっきりします。自分が解きにくいところを繰り返して一人でできるようになることが大切です。



posted by あまがえる at 20:00Comment(0)数学2,3

実力テストの傾向と対策 数学編

もうすぐ冬休み。実力テストに向けて勉強をしている人に向けての情報です。

DSCN3647.JPG

1、中2の今のうちにおさらいすべき個所を数学であげました。もし、こういった単元で苦手な部分(教科書レベル)が残っていたらそれが真っ先に解消すべきところです。


もし、教科書や期末試験のレベルだったら何とかなっている人については、これ以降に書きますね。


この時期にやっておきたいことです。

(1)数学

(中2)実力テストでよく出題される発展編になります。

一次関数のグラフを活用して例えば列車のダイヤやインターネットの料金表のデータを読み取る問題などは解けますか。

一次関数の直線の式同士、あるいは軸との交点を頂点とする図形の面積、軸を回転軸としてできる立体の体積などが求められますか。

証明は90°ーx、180°ーxの形で表した角を利用した証明がこなせますか。

小学校で習った割合、比などを利用した文章題でひっかかるところはないですか。


(中1)実力テストでよく出題される発展編になります。

文字式や一次方程式の文章題のうち、溶液の濃度の計算、速さの問題、割合を含む問題に解けないものはないですか。

小学校で習った割合、比などを利用した文章題でひっかかるところはないですか。

比例や反比例のグラフが交わった点を求めたり、そういった図から出題される各種の問いに答えられますか。


これらの質問に自信をもってYESと答えられたら、まず80%はかくほできるのではないでしょうか。それ以上必要だと思っている人は、そういった項目の発展~応用レベルにトライしてみてください。それなりに工夫がいることがわかってくるはずです。

posted by あまがえる at 18:00Comment(0)試験

次の言葉を書き分けられますか

熟字は意味をしっかり理解して覚えないと使えるようになりません。その例題を作りました。


問1.これらの文の意味の違いからカタカナの部分を適切な漢字に直してみましょう。


(1)①歴戦のユウシ         ②ユウシで寄付を募る

(2)①訪問のヨウケンを伝える    ②条約承認のヨウケンを挙げる 

(3)①仕事仲間をショウカイする   ②書類の内容について係へショウカイする

(4)①その政党をシジする      ②その部下に仕事をシジする

(5)①人質がカイホウされた     ②多くの利用者にカイホウされた

(6)①その意見にイギを唱える    ②その事業のイギを問う

(7)①その事件にカンシンを示す  ②その人の思いやりにカンシンした

(8)①コウセイな選挙が行われる  ②原稿のコウセイを行う

(9)①友人のコウイに甘える   ②昨日のコウイを省みる

10)①運動をシュウカンにする   ②シュウカンで出版される


答え(1)①勇士(勇気のある人) ②有志(関心のある人)  (2)①用件(用事) ②要件(必要な条件)  (3)①紹介(引き合わせる) ②照会(問い合わせる) (4)①支持(ささえる) ②指示(さしずをする)(5)①解放(自由にする) ②開放(開け放す) (6)①異議(異なる意見) ②意義(意味) (7)①関心(興味を持つ) ②感心(心に感じる) (8)①公正(平等) ②校正(原稿の誤りを手直しする) (9)①好意(親切な心) ②行為(行い) (10)①習慣(いつものおこない) ②週刊(週1回の発行)


posted by あまがえる at 20:00Comment(0)国語

いまやるべき受験勉強のポイント

受験勉強となるとどこの塾も受験レベルの問題に目が行きがち。それはそれで大事かもしれません。でも冷静にその入試の意味を探ってみると…。


じつは入試問題の出来不出来の差は、こういった難問よりも多くの人の場合(つまり偏差値が真ん中あたり)、標準レベルの問題をできたかどうかで差がつきがちです。


ここは見落とされがちな点です。皆さんこれから2学期も後半になると過去問題をやっきになって解くようになります。


その前のこの2学期の終わりの段階ではじつは公立を受験する人については、じっくりと基本から標準レベルのところを確実に時間内に解けるようになっていくことを優先すべきです。もちろん不得意をなくしていくことは言うまでもありません。


そのうえで入試問題を解くのなら、得点は伸びていくでしょう。上に書いたことを十分せずに、冬休みを迎えますと不本意な結果にもなりかねません。


いまやるべきことを端的にお示ししました。


posted by あまがえる at 17:00Comment(0)入試