部活と学習の両立に週末を使おう

この記事は中学2年生にも成り立つので高校生版ブログの方とほぼ同じ内容です。あらかじめお断りしておきます。

DSCN3727.JPG

さて、中2生は部活にも慣れて、かなり上達してきたのではないでしょうか。自分たちが部活をリードしていける一番楽しい頃を迎えていることでしょう。


一方で学習(特に家での)に関してはどんな調子でしょうか。体力がついてきたでしょうから、帰宅後の学習に関しても気候も穏やかになってきて体力の残り具合も多少余裕が出てきたのではないでしょうか。


そこで学習との両立を図る上で特に時間を効率的に使う工夫をある程度入れないと、十分こなしていけないときもあることと思います。


そういう時は週末で調節することが一番です。平日の時間は詰まっている人が多いでしょうから、週末と休日の時間をうまく使って1週間で何とか調節してみてはどうでしょうか。


例えば数学や英語の復習などは週末から日曜にかけて分けて行えば何とか追いついていけるのではないかと考えます。


したがって遅れてくるようならば、どこかで挽回する、例えば体調が悪いこともあるでしょうから、そのことも考えて多少余裕を持って計画を立てておくと気持ちに余裕ができます。


例えば今度来る3連休(期末試験前ですし)などを使って、まとめて復習するなどするといいです。


日本国憲法憲法練習2

1.次は日本国憲法の一部分です。(  )に適当な言葉を入れよう。



(前文)日本国民は、正当に選挙された( ① )における代表者を通じて行動し、・・・政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、ここに( ② )ことを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その( ➂ )は国民に由来し、その( ④ )は国民の代表者がこれを行使し、その( ⑤ )は国民が享受する。・・・


 日本国民は、( ⑥ )を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって・・・全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。



答え ①国会 ②主権が国民に存する ➂権威 ④権力 ⑤福利 ⑥恒久の平和



(前文)日本国民は、正当に( ⑦ )された国会における代表者を通じて行動し、 ・・・政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は( ⑧ )に由来し,その権力は( ⑨ )の代表者がこれを行使し、その福利は( ⑩ )が享受する。・・・


 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって・・・全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに( ⑪ )を有することを確認する。



答え ⑦選挙 ⑧国民 ⑨国民 ⑩国民 ⑪生存する権利



2.次は日本国憲法の条文の一部分です。(  )に適当な言葉を入れよう。


第1条( ① )は日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する( ② )の総意に基く。



第9条 ①日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、(    


 ➂ )戦争と、武力による威嚇又は( ④ )は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。


前項の目的を達するため,陸海空軍その他の( ⑤ )は、これを保持しない。国の( ⑥ )権は、これを認めない。



14条 ①すべて国民は、( ⑦ )平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。



25条 ①すべて国民は、健康で文化的な( ⑧ )を営む権利を有する。


国は、すべての生活部面について、( ⑨ )、教育及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。



26条 ①すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく( ⑩ )を有する。 


すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に( ⑪ )義務を負ふ。義務教育はこれを無償とする。



答え1. ①天皇 ②日本国民 9. ➂国権の発動たる ④武力の行使 ⑤戦力 ⑥交戦 14. ⑦法の下に  25. ⑧最低限度の生活 ⑨社会福祉 26.  


 ⑩教育を受ける権利 ⑪普通教育を受けさせる



まとめ問題



第1条 天皇は日本国の象徴であり日本国民統合の( ① )であって、この地位は、主権の存する日本国民の( ② )に基く。



第9条 ①日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、(   


 ➂ )の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、( ④ )を解決する手段としては、永久にこれを( ⑤ )する。


前項の目的を達するため、陸海空軍その他の( ⑥ )は、これを保持しない。国の( ⑦ )は、これを認めない。



14条 ①すべて国民は、( ⑧ )であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。


25条 ①すべて国民は、( ⑨ )な最低限度の生活を営む権利を有する。


国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び( ⑩ )の向上及び増進に努めなければならない。



26条 ①すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。


すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に( ⑪ )を受けさせる義務を負ふ。( ⑫ )はこれを( ⑬ )とする。    



答え 1. ①象徴 ②総意  2. ➂国権 ④国際紛争 ⑤放棄 ⑥戦力  ⑦交戦権  14. ⑧法の下に平等  25.  ⑨健康で文化的 ⑩公衆衛生 26. ⑪普通教育 ⑫義務教育 ⑬無償



posted by あまがえる at 22:00Comment(0)公民

中間期末 連立方程式の文章題

一次方程式は何とかなったけれど、2年生で習う連立方程式の文章題になるとちょっと…。という人は読んでみてください。


連立方程式の文章題を特には手順があります。この手順に沿って解いていくとすんなり行くことが多いです。


問題文のなかで何をx、何をyにするか確認します。そうして問題文中のxとyのところの言葉をx、yに置き換えた文にします。どこで2通りの式に表されるか、線で区切ります。(連立方程式の準備)


それぞれの区切りの文の中で、xで表されるものを見つけ式で表してみます。同じくyで表されるものを見つけ式にします。区切りごとに簡単な表にして入れます。この表から等しくなる関係を2通りとも表します。(連立方程式が完成)


連立方程式中に分数があれば、分母に最小公倍数を掛けて整数の式にします。小数があれば10倍、100倍などして整数の式に整えます。(方程式を整数の式にする)


連立方程式を加減法で解きます。いずれか(あるいは両方)を数倍して加減法へ。代入法はめったに使いません。


連立方程式の答えを元の式に入れてみて、等号が成り立つか確かめます。答えが問いかけにふさわしいか確認して解答欄に書き込みます。


例題 ある学校の生徒の数は420人です。男子の25%、女子の20%が自転車で通っています。自転車で通学している生徒は合計で95人います。この学校の男子と女子の数をそれぞれ求めよう。


(解き方)まず①は、男子をx人、女子をy人でいいですね。文をx、yで置き換えてみます。


ある学校の生徒の数は420人です。xの25%、yの20%が自転車で通っています。自転車で通学している生徒は合計で95人います。この学校のxとyの数をそれぞれ求めよう。


どうやら、学校の生徒数と自転車通学の人数のふたつに大きく分けられることがわかります。表にします。

         男子()    女子()   合計()

学校の生徒数    x人      y人    420

自転車通学



自転車通学の人数を式で表してみましょう。

 %は割合にすかさず置き換えます。25%25/100です。く/もわの関係から自転車通学の男子の数は、「も」のxと「わ」で掛け算ですから、x×25/100です。20%は20/100ですから、同じく自転車通学の女子の数は、y×20/00となります。表にまとめると、

         男子()    女子()     合計()

学校の生徒数    x人      y人      420

自転車通学   x×25/100() y×20/100()   95


となり2つの関係がみつかりました。それぞれ等しい関係で式にしますと、「横に見ていけばいいよ。」そうですね。わかりますか。

連立1.JPG

となります。



整数の式にします。②の両辺を100倍します。( )をつけるとわかりやすいです。

100×(x×25/100 + y×20/100) 100×95

すると分母が約分されて、

  25+20y=9500

両辺を5で割って

  5x+4y=1900 …②’ 

つまり

連立2.JPG

を解けばよいことになりました。


この①と②’の連立方程式を解きます。「①を4倍すればいいよ。」そうです。それが早いですね。

  ②’・・・  5x+4y=1900

 ①×4・・・-)4x+4y=1680

x =220

x=220を①に代入して y=200


さて、x、yが求まりました。②’の左辺に入れてみます。

   5×220+4×2001900

たしかに成り立ちますね。答えとしてもふさわしいです。

  

 答え 男子220人、女子200  


長くなりました。最後までよく目を通してくれました。お疲れ様です。 


  





続きを読む

国語 問題練習したあとは

国語の問題を解いて自己採点したとします。○と×をつけて「ああ、やっと終わった、さあゲームしよう。」これでいいかなあ。何か忘れていませんか。


国語の問題を解いたあとはこうすると力がついてきます。そのポイントは問題集の解答のあとについている解説(あるいは解き方、説明など)です。こうして学習に利用します。


ひととおり解説(あるいは解き方、説明など)を読みます。

特に間違った問題のところは念入りに読んで理解します。こうしてこの問題を解くための手がかりを必ず得るようにします。

問題の間違えた小問の上に印をつけます。そこを解説の方法や説明にしたがって解き直します。今度は本文から答えの部分がじんわり浮かんできたら解説の内容を理解できたことになります。


この方法を繰り返していけば、読解問題を自分で解けるようになってきます。


posted by あまがえる at 21:00Comment(0)国語

モンゴルの襲来と日本 練習問題

鎌倉時代にモンゴルが日本を襲来しました。その練習問題です。

1.下から言葉を選んで(  )に入れよう。
(1)13世紀はじめ、チンギス・ハンとその子孫は、( ① )帝国を築き、5代目のフビライ・ハンは、宋を滅ぼし、首都を大都とする( ② )の国をつくりました。

(2)フビライは、1274年の( ➂ )の役、1281年の( ④ )の役の2度、日本を攻めました。この襲来を( ⑥ )といいます。

(3)幕府を支えていた御家人は生活が苦しくなったため、幕府は、売った土地をとりもどす( ⑦ )を出しましたが効果はありませんでした。

(4)1333年、幕府の政治に不満をもった( ⑧ )天皇、後に室町幕府をつくる足利尊氏、楠木正成は鎌倉幕府を滅ぼしました。

選択肢 モンゴル  元   文永   弘安  元寇   徳政令  後醍醐


答え ①モンゴル ②元 ➂文永 ④弘安 ⑤元寇 ⑥徳政令 ⑦後醍醐


2.(  )に下から選んで適当な言葉を入れよう。
(1)13世紀はじめ、( ① )とその子孫は、モンゴル帝国を築き、5代目の( ② )は、( ➂ )を滅ぼし、首都を大都とする元の国をつくりました。

(2)フビライは、( ④ )年の文永の役、( ⑤ )年の弘安の役の2度、日本を攻めました。この襲来を元寇といいます。

(3)幕府を支えていた( ⑥ )は生活が苦しくなったため、幕府は、売った土地をとりもどす徳政令を出しましたが効果はありませんでした。

(4)1333年、幕府の政治に不満をもった後醍醐天皇、後に室町幕府をつくる( ⑦  )、楠木正成は、鎌倉幕府を滅ぼしました。

選択肢: チンギス・ハン  フビライ・ハン  宋  1274  1281  御家人  足利尊氏


答え:①チンギス・ハン ②フビライ・ハン ➂宋 ④1274 ⑤1281 ⑥御家人 ⑦足利尊氏

3.(  )に下から選んで適当な言葉を入れるか、問いに答えよう。
・13世紀のはじめ、チンギス・ハンはモンゴル帝国を築き、5代目のフビライは、さらに強大な国である( ① )を作りました。 ①は日本を2度攻めましたが、幕府は御家人を動員してくい止めました。
(1) ① にあてはまる国を選ぼう。  (  ) 
    ア)宋   イ)秦   ウ)明  

(2)下線部の2度の戦いはいつおこり、それぞれ何といいますか。(  )(  )
    ア)1221年 承久の乱   
    イ)1274年 文永の役   
    ウ)1281年 弘安の役

(3)(2)のことをまとめて何といいますか。(  )
    ア)元寇  イ)倭寇  ウ)日中戦争

(4)フビライに20年近く仕え、日本をジパングと紹介した本を書いたイタリア人はだれ?(  ) 
    ア)フランシスコ・ザビエル     
    イ)マルコ・ポーロ    
    ウ)コロンブス

(5) ①の兵士が用いた兵器・戦法をふたつ選ぼう。(  ) 
    ア)集団戦法     イ)火器    ウ)ミサイル 


答え(1)ア (2)イとウ (3)ア (4)イ (5)アとイ

4.つぎの問いに答えよう。
・幕府を支えた御家人は生活に困り、領地を売る者もあらわれました。幕府はそれを救うため、( ①)を行いましたが、効果がなく不満が強まりました。こうした不満をもった天皇や、御家人、武士により鎌倉幕府は滅びました。
(1) ① にあてはまることばを入れよう。  (  ) 
(2)鎌倉幕府が滅んだのはいつですか。(  )
(3)(2)の滅亡の戦いに参加し、のちに室町幕府を開く有力御家人はだれですか。(  )


答え (1)徳政令 (2)1333年 (3)足利尊氏
スポンサードリンク中学 歴史を ひとつひとつわかりやすく。

posted by あまがえる at 19:00Comment(0)歴史