受験勉強の第一歩

中3の方はそろそろ受験勉強に着手してもよい時期ですので読んでみてください。塾にも行かずに、学校の宿題だけで自分で勉強してきて、「受験かぁ~と思ってネットを検索したらこのページが出てきた人もいるでしょう。」


私もこのタイプでした。過去を振り返って自分だけで受験を迎えるメリットとデメリット、そのほかをお伝えします。


メリットは何よりも時間を自由に使えることです。特に夏休み前にはほとんどの中3のかたは部活も引退するわけですから、自由な時間ができます。


「じゃあ、先生は中3の夏休みは何をしていたの?」じつはプールに行ってました。中3の夏が一番プール通いをしていたと思います。友達と近所にあるプールはほとんど行ったと思います。


なぜ受験生がそんなことをしたかというと、中3にもなって25メートルをなかなか泳げなかったから。その克服のため、同じ目標の友人と通うことにしました。2日に一度は通っていたかもしれません。


おかげでお盆前の頃には色が黒くなりましたが、おかげで50mは泳げるようになりました。やればできると自信につながりました。その友人も同じことを言っていました。


それと同じ頃、もうひとつはまってやったことがありました。当時はインターネットなどありません。ですから、ラジオで洋楽を聴くのが面白いことを知りました。特にビートルズの音楽の素晴らしさに目覚めて、週1回、ラジオのある番組を楽しみにして聴いていました。


おかげで数曲の例外を除き、ビートルズの100曲ほどの曲をテープに収めることができました。


では話を中3の春にもどして、つぎに自分だけで受験勉強する際に気をつけたいことを示します。


このような生活でしたから私の場合には受験生とはいえ、学校から与えられていたもの以外はほとんど何もしていませんでした。つまり自分でここを修正しようとか対策をたてて補強しようなどという考えは当時の自分にはなかったようです。


このつけは受験では出ませんでしたが、高校に入ってから出てしまいました。自分で自分の補強すべき学習法が身についていなかったといえますから、当然どこがでそれが露呈するのが必定です。


案の定、高校で部活に専念していた私は、中学校とおなじような我流の勉強しかしていませんでした。そのため、高1の1学期の成績は終わってみると散々なものでした。入学時は上から数えた方が早いほどの成績が、1学期の終わりには学年の下から数えた方が早いほどに落ちてしまいました。


1学年に450人いる学校でしたから、その400人に抜かれた落ち込み方は悲惨なものでした。当時の写真をみると自信なげな表情をしています。


そこから挽回することの大変さを身に染みて感じました。その時の経験が今に生きているといっても過言ではありません。


何が言いたいかはもうおわかりかと思います。ぜひこの失敗談を活かしてください。

火山の噴火と地震

最近日本の各地の火山の噴火警戒レベルが高くなったり、実際に噴火したりする火山が多いと感じます。

DSCN3569.JPG

実際に学者のなかには東北の震災以来、日本の火山活動は活発化しているといっている方もおられます。


地震と火山の活動のには関係がある場合があります。日本は環太平洋造山帯に位置しています。プレートとプレートの境が日本の近海にあり、いまも沈み込む運動が続いています。


この部分に日本海溝などが存在します。そしてプレートとプレートとの間の運動に伴う大きな圧力のためにしみ込んだ水の作用も加わって熱が生じ、マグマが生まれます。粘性が小さくなったマグマは上昇し、地表に出ると噴火することになります。


このプレート運動に伴うプレート同士のひずみに伴う戻る動きや裂ける状態が生じると地震が発生します。地震には上で説明した火山活動に伴うものもあります。


したがってこの環太平洋造山帯には火山が多く、地震の発生もその近くでさかんです。


posted by あまがえる at 18:00Comment(0)中1理科

人前で自分の考えを言ってみよう

最近は学校でも発表の機会があるようです。でも学校の場合は見慣れた教室、日頃から見知った同級生たちが相手です。

DSCN3476.JPG

ここで一番、自分は場違いかなと思えてしまうようなところで、自分の思っていることを言ってみるというのはどうでしょう。様々な機会があると思います。


ボランティア活動をやっている人は何だそんなこと簡単じゃないと思うでしょうし、うちでお店をやっている人は家の仕事を手伝えばできることです。


それがなかなかない人は学校ではない場所でさまざまなサークルなどに参加してみるといいです。



いろいろな年代の人がいるサークルに参加できれば、へ~え、こんな考えもあるんだとか、大人の人はこんなふうに考えるんだとか、行動ひとつについても思いやりの気持ちが大切なんだとか様々な点に気がつくことが出てくると思います。

続きを読む

連休までに自分のやり方を試してみよう

中1の皆さんは、1週間~10日間、学校に通ってみてどうですか?

家での復習の勉強のかたちはできてきましたか。「ううん、まだできてないかも。」それだったら、部活や授業が本格化しないゴールデンウィーク前までに、自分のかたちを探してみるといいです。

「どうやったらいいの?」それはまず自分の放課後のスケジュールを考えてみましょう。部活動に入る(入った)人は帰りの時間が遅くなります。すでに塾などべつの習い事に通っている人はなおさらそうですね。

「うん、バスケ部に入ったから、毎日走っているよ。もうくたくた。」そうですか。じゃあ、まずは風呂や食事からかな。そのあと宿題っていう感じかな?

「うん、いまのところそんな感じ…。でも…。」でも?「これだけでいいのかなって思ってるよ。」うん、それは人によって違ってくるかもしれません。
とくに、忘れやすい人は5分でもいいので、宿題とはべつに『見直しタイム』をやってみてください。

「何?それって?」それは一つの教科のノートやワークを1教科2~5分で見直すだけ。

「ええ、それって短くない?」うん、最初はそれでいいです。これで記憶の残り方がずいぶん違ってきますし、自分でやる勉強のかたちができてきます。「そうなんだ、それならできそう。」

それで今のうちならば、新しく習い始めたところについては、家で追いつくのもさほど大変ではありません。「うん、始まったばかりだもの。」だから自分で期末テストに向けてかたちをつくっていくのに好適の時期なんです。

「そうか、じゃあ、自分でこうしようかな、というのをやってみるといいのか。」そうです。それぞれ自分に合ったやりかたがきっとあるでしょう。それを確かめていって、良さそうだというものを5月末からの1か月で真剣にやってみる。そうできたら理想的でしょう。

「なんか、よし、やってやるぞという気になってきた。」

理科のポイントになる言葉

理科には覚えにくい言葉がありますね。以下の問いに全部答えられますか。


問.次の問いにこたえよう。

1)道管や師管などの管がたばになっている部分を何といいますか。

2)消化液にふくまれていて、養分を分解する物質を何といいますか。

3)受精卵が分裂をくりかえして胚になり、さらにその生物固有の形になっていくことを何といいますか。

4)太陽のまわりを公転しながら、太陽に近づくと光る尾がみられることがある天体を何といいますか。

5)暖気が寒気の上にはい上がって進む前線のことを何といいますか。

6)生物どうしの食べる・食べられるの関係を何といいますか。

7)物体が静止や一定の速さでの運動を続けようとする性質を何といいますか。


こたえ 1)維管束 2)消化酵素 3)発生 4)すい星 5)温暖前線 6)食物連鎖 7)慣性


ついでにこれらの言葉について、内容の理解とともに、短い文で説明できるようになっておくといいですよ。