平安京と摂関政治 練習問題

平安京と摂関政治に関する練習問題です。

.下から言葉を選んで(   )に入れよう。
・( ① )年、桓武天皇は、いまの京都に都を移しました。この都を( ② )といい、この時代を平安時代といいます。

・最澄は、( ➂ )に延暦寺を建て、( ④ )宗を広めました。空海は、( ⑤ )に金剛峰寺を建て、( ⑥ )宗を広めました。

・藤原氏は、天皇と姻戚関係を結びながら、勢力を伸ばしました。天皇が幼いときに、( ⑦ )、成長すると関白という職につき、政治の実権をにぎりました。11世紀前半の藤原( ⑧ )と、その子の頼道のころ栄えま した。このような政治のしくみを( ⑨ )政治といいます。

*********************************
選択肢: 794  平安京  比叡山  天台   高野山   真言   摂政  道長   摂関
*********************************

答え ①794 ②平安京 ➂比叡山 ④天台 ⑤高野山 ⑥真言 ⑦摂政   
 ⑧道長 ⑨摂関

.(   )に下から選んで適当な言葉を入れよう。
・794年、( ① )天皇は、いまの京都に都を移しました。この都を平安京といい、この時代を( ② )といいます。

・唐で仏教を学んだ( ➂ )は、比叡山に( ④ )を建て、天台宗を広めました。( ⑤ )は、高野山に( ⑥ )を建て、真言宗を広めました


・( ⑦ )氏は、天皇と姻戚関係を結びながら、勢力を伸ばしました。天皇が幼いときに、摂政、成長すると( ⑧ )という職につき、政治の実権をにぎりました。11世紀前半の藤原道長と、その子の( ⑨ )のころ  栄えました。

*********************************
選択肢: 桓武  平安   最澄  延暦寺   空海   金剛峰寺   藤原  関白  頼道
*********************************

答え ①桓武 ②平安 ➂最澄 ④延暦寺 ⑤空海 ⑥金剛峰寺 ⑦藤原  
 ⑧関白 ⑨頼道

.(   )に下から選んで適当な言葉を入れるか、問いに答えよう。
・平安時代になると、新しい仏教の宗派が( ア )により伝わりました。唐から帰った最澄は、( イ )宗をひろめ、空海は( ウ )宗を広め、仏教は発展していきました。

(1)( ア )に入れる適当なことばを選ぼう。(   )       
     遣隋使   遣唐使   朝鮮通信使

(2)( イ )と( ウ )の宗派を選ぼう。イ:( ) ウ:( )
     真言宗  天台宗  浄土真宗

(3)最澄、空海の建てた寺をそれぞれ書こう。最澄:( )空海:( )    
     延暦寺  法隆寺  金剛峰寺

(4)次の寺の建てられた場所を選ぼう。延暦寺:( )金剛峰寺:( )  
     高野山  富士山 比叡山

(5)上記の仏教の宗派に共通する特徴を選ぼう。(   ) 
    ア)念仏をとなえ、阿弥陀仏にすがればだれでも極楽へ生まれ変わ
      れると説いた。
    イ)山奥の寺で学問やきびしい修業を行った。   
    ウ)法華経を唱えれば人も国家も救われると説いた。

答え (1)遣唐使 (2)イ:天台宗 ウ:真言宗 (3)最澄:延暦寺、空海:金剛峯寺 (4)延暦寺:比叡山 金剛峰寺:高野山 (5)イ
  
.つぎの問いに答えよう。
・藤原氏はたくみに他の貴族を退け、 ①勢力を広げ、 ②天皇に近い地位を得て、政治の実権をにぎりました。 ③11世紀前半には最も栄えました。このような政治のしくみを( ア )といいます。 

(1)藤原氏が①勢力を広げるために行ったことは次のどれですか。( )
   ア)天皇を暗殺して自分が天皇となった。 
   イ)娘を天皇に嫁がせた  
   ウ)天皇を都から追い出した

(2)上の文の( ア )にあてはまる語句を入れよう。(   )

(3) ③11世紀前半には最も栄えました。 このときの藤原氏の父と子を
   答えよう。父(    )子(   )

(4)朝廷は、自分たちの支配を受けつけない蝦夷を武力で従わせようとし
   ました。これに抵抗した蝦夷の指導者の名前を何といいますか。

(5)朝廷が蝦夷の制圧に派遣した人物はだれでしょう。その際にこの人物
   が天皇から授けられた位を何といいますか。 
    人物:(   ) 位:(   )

答え (1)イ (2)摂関政治 (3)父:藤原道長、子:藤原頼通 (4)アテルイ (5)人物:坂上田村麻呂 位:征夷大将軍
スポンサードリンク
教科書ワーク 歴史
期末 歴史
  
posted by あまがえる at 19:00Comment(0)歴史

小麦と米はどこで作る?

地理でアジアを習っている人もいると思います。その中でも中国の農業は、国土が広いので、さまざまです。特に米作地帯と小麦を作る地帯の区別がつきにくい人は読んでみてください。

米は麦と比べて水が多く必要です。しかも育てる際には温度も必要です。日本でも5,6月から夏を経て秋までの気温の高い時期に育てます。

さて、中国には大きな河があります。何と何ですか?「え~と、黄河と…、長江。」そうですね。じゃあ、さっきの米作に必要な気候の説明を聞いてどちらの川の周囲で米作が盛んだと思いますか?

「え~と、どっちだろう。」ちょっとわかりにくかったかな。それでは黄河と長江ではどっちが南にありますか?「もちろん、長江だよ。」そうですね。米は暖かく雨の多い気候を好むのでした。「あ、そうか、じゃあ、長江のまわりで米が作れるんだ。」そうそう。その通り。暖かく雨の多い長江の周囲は夏に雨が多く、米作には適した土地です。

その一方で黄河沿岸は夏でも涼しく雨も長江の周囲ほど降りませんから、米の代わりに小麦の栽培が適した地帯です。小麦はわりと乾燥気味のところでも育てることができます。むしろ涼しい気候を好みます。

まとめますと、「長江と米作、黄河と麦作」です。南北の気候の違いに注目すればわかります。
PR
中学地理 改訂版 (中学ニューコース参考書)


posted by あまがえる at 21:00Comment(0)地理

三角州と扇状地

中学校の地理で表題の言葉を習ったことでしょう。「うん、習ったよ。たしか、地形のところででてきた。」そうですね。特徴的な地形として紹介された言葉ふたつです。この三角州と扇状地、どちらも特徴的なかたちをしていますね。じつは両者には共通の性質があります。それはでき方です。じつは両方とも水の流れと関係が深いです。

「へえ、そうなんだ。でもどうしてできるのかな。」まずはじゃあ、三角州から説明しましょう。さて、三角州のできる場所はどこでしょうか?

「たしか川が湖や海に流れ込むところだったかな。」そうです。川の河口付近にできやすいです。そういう場所は土砂が運搬されて流れ込んで来て退席しやすいところなんです。

「あ、そうか、だから三角州は三角形みたいなかたちなんだ。」そうです。上流から運ばれてきた土砂がたまりやすく、広がって退席するとこのような形になりやすいです。

そのことは扇状地も似ています。「扇状地も?」そう、扇状地の場合にはできる場所が違います。川が谷あいの山すそからふもとの平野や盆地に出るところにできやすいです。したがって扇状地のできる場所にも土砂がおうぎ形のように広がってたまります。

砂やれきなども含まれていますから水はけがよいのが特徴です。この場所だけ水が伏流しているようなこともあり、扇状地のおうぎ形のちょうど弧にあたる部分から湧き水としてあふれていることもあります。ちょうどきれいな湧き水がある場所なので、こんなとところに集落ができているところもあります。「へえ、そうなんだ。」

扇状地にはもう一つ水はけがよいのが特徴です。ブドウやミカンなどの果樹は水はけのよい場所でよく育ちます。したがって、水はけのよい扇状地、たとえば甲府盆地を見ると…、ここにある扇状地などは昔から果樹園が経営されている場所が多かったです。「ホントだ。地図を見ると果樹園のマークがいっぱいある。」

話をまとめると、三角州と扇状地はいずれも水が関わって水の流れのはたらきでできた地形といえます。「うん、よくわかった。」
posted by あまがえる at 19:00Comment(0)地理

奈良時代の人々

奈良時代の貴族や農民などの人々に関する問題です。


1.下から言葉を選んで(  )に入れよう。

・人々は( ① )と賤民に分けられ、6年ごとに戸籍に登録されました。

・6歳以上の人には( ② )が与えられ、死ぬと国に返されました。これを( ➂ )といいます。

・成人男子は、( ④ )と呼ばれる税のほか、九州北部の防衛にあたる( ⑤ )などの兵役が課せられました。

・鉄製の農具がひろまり、稲の収穫量は増えました。口分田の不足を補うために、開墾が奨励され、自分で開墾した

 土地はいつまでも私有していいという( ⑥ )が出され、さかんに開墾がすすめられました。 

*********************************

選択肢: 良民 口分田 班田収授法 租・調・庸 防人 墾田永年私財法

*********************************


答え ①良民 ②口分田 ➂班田収授法 ④租・調・庸 ⑤防人 ⑥墾田永年私財法


2.(   )に下から選んで適当な言葉を入れよう。

・人々は良民と賤民に分けられ、( ① )年ごとに( ② )に登録されました。

・( ➂ )歳以上の人には口分田が与えられ、死ぬと国に返されました。これを( ④ )といいます。

・成人男子は、租・調・庸と呼ばれる税のほか、九州北部の防衛にあたる防人などの( ⑤ )が課せられました。

・鉄製の農具がひろまり、稲の収穫量は増えました。口分田の不足を補うために、開墾が奨励され、( ⑥ )年 自分で開墾した土地はいつまでも私有していいという( ⑦ )が出され、さかんに開墾がすすめられました。*********************************   

選択肢: 6 6  戸籍  班田収授法 兵役 743 墾田永年私財法

*********************************


答え ①6 ②戸籍 ➂6 ④班田収授法 ⑤兵役 ⑥743 ⑦墾田永年私財法


3.(   )に下から選んで適当な言葉を入れるか、問いに答えよう。

・大宝律令には全国支配の仕組みがかかれていました。戸籍に登録された(A)( ア )歳以上の全ての人に口分田が与えられ死ねば返しました。人々は口分田の広さに応じて( イ )を負担し、成年男子は、都まで運んで納  める税のほかに兵役がありました。

(1)大宝律令は何年に定められましたか (   )年

(2)( ア )は何歳ですか。(    )歳

(3)( イ )とは? (   ) 租   調   庸

(4)口分田の広さによって納める( イ )は収穫の何%でしたか。(   %)

(5) (A)( ア )歳以上の・・・の制度を何といいますか。(    )

(6)都まで運んで納める税を何といいましたか。(   )(   ) 

(7)(6)のうち、労役のかわりに麻などの布で納める税を何といいましたか。(   )

(8)兵役として九州北部の防衛にあたるものを何といい、何年の任務でしたか。(    )(   年)  


答え(1)701 (2)6 (3)租 (4)3 (5)班田収授法 (6)調 (7)庸(よう) (8)防人(さきもり)、3(年)


4.つぎの問いに答えよう。

・8世紀頃になると( ア )製の農具が広まり、稲の収穫も増えました。しかし、人口も増え、口分田が不足するようになりました。そこで、新しく開墾した土地はいつまでも私有していいという制度ができ、開墾が盛んに行われました。

(1) ( ア )に適する言葉を入れよう。(   )

(2)新しく開墾した土地はいつまでも私有していいという制度を何といいますか。(    )

(3)(2)の制度はいつできましたか。(   )年 

(4)新しく開墾した土地はだれのものになっていきましたか。(   )   

    ア)農民    イ)貴族や寺院  ウ)賤民

(5)稲や種もみの足りない農民が、国司などから高い利息で米をかりる制度を何といいますか。(   )  

    ア)出挙     イ)札差    ウ)両替商

(6)新しく開墾した土地は…制度で有力な貴族や寺院が持つようになった私有地を何と呼ばれましたか。(   )  

    


答え  (1)鉄 (2)墾田永年私財法 (3)743 (4)イ (5)ア (6)荘園


posted by あまがえる at 21:00Comment(0)歴史

化学反応の計算の解き方


化学反応の量的な計算を練習してみましょう。以下のようにやって解くと、物質の計算はよくできますよ。



1.次の問題に答えよう。

(1)マグネシウム3.0gが完全に酸化したとき、マグネシウムと化合した酸素の質量は何gになりますか。なお、マグネシウムと酸素は3:2の質量の比で反応します

(2)質量4.5gのマグネシウムを完全に酸化させるのに必要な酸素の質量は何gですか。

(3)マグネシウムを酸素と化合させて酸化マグネシウムを2.5gを得るには、何gのマグネシウムが必要ですか。


(解き方)

(1)マグネシウム+酸素→酸化マグネシウムなので、

   3   : 2 :   5

   3.0g   xg

  3:2=3.0:x、ⅹ=2.0、 答え.0


(2)マグネシウム+酸素→酸化マグネシウムなので、

   3   : 2 :   5

   4.5g   xg

  3:2=4.5:x、ⅹ=3.0、 答え.0


(3)マグネシウム+酸素→酸化マグネシウムなので、

   3   : 2 :   5

   xg          2.5

  3:5=x:2.5、ⅹ=1.51.5


いずれも化学反応を言葉で書き、その下にそれぞれ質量を書き込みます。わからないもの(あるいは求めるもの)をxgとして書き込みます。


すると数量の関係が見えて式を作ることが容易にできます。この問題では有効数字(正確と考えられ書かないといけないけた)は2桁ですから、例えば3gではなく3.0gと書きます。