入試 時間使いの達人に

どうですか。家や図書館などで勉強できてますか?「できてるよ。」それは感心。それはそれでよいことですが、じつはそういうときにできているかひとつ心配な点があります。


時計を見ること

それは「時計を見る」ことです。人と待ち合わせするのに時計を見ない人はまずいませんよね。同じく試験も時間を決めて行います。ところが、家で勉強の習慣がついてもなかなか時計を見ることができていない人がいます。「え~、ちゃんと終わったときは何時か見ているよ。」そうですか。そうじゃなくて、言いたいのは「勉強の最中に時間を確認すること」ということです。


いまの問題は何分ぐらいで解けたかなって確認してほしいです。いつも10分をひとつの単位にして問題を解く、解説と照らし合わせて理解する、など一連の学習行動を10分単位(あるいはその半分)で捉えてほしいです。どうしてだと思います?

100%の集中よりも・・・

多くの公立高校の入試問題は、大問1つを解くのに見直しも入れて10分を目安としているようです。それで50分で5題ほど。若干の違いはあってもおおまかにみてそのくらいです。したがって普段から家で勉強するときもその単位で集中して、リラックス。そしてまた集中というふうに、時計を見ながら確認してほしいです。


すると体で時間の感覚がつかめてくる。これは大きいです。慣れていない人は問題にかかりっきりになり時計を見ようとしてくれません。これでは時間を意識して解く習慣が身につきません。いつまでもそうしていると、入試問題を練習で解いているうちに「いつも時間が足りない。」となってきます。

70~80%の集中が望ましい

ではどうしたらいいか。じつは70~80%ぐらいの集中で解くのがコツです。あとの20%ほどで自分のペースをみたり、時間を調節したりできるようにします。

つまり、自分を見つめるもう一人の自分を常に置いておくわけです。そうすると間違いに気付きやすくなりますし、時計通りに解くことができるようになります。もちろん解ける部分が増えてくるでしょう。

受験は、人と競うのでなくこれまでの自分と競うものです。自分と競うとは自分を磨いてよりふさわしい人になることです。たとえば志望校の生徒にふさわしい人になっていくことです。ですから自分磨きの作業の中に、「時計を見て解く」をぜひ入れてほしいです。


時計に追われるのではなく、自分が時間を使いこなすという気持ちが大切です。時間使いが上手になってくれば新しい時間が生まれるし、それを勉強だけでなく他のことにも充てられます。

課題テストまで2週間


夏休みはあと二週間ですが、同じく課題テストまで2週間でもあります。


したがってそろそろ、夏休み課題と1学期の復習、点検にかかるときです。


点検とは次のような手順行います。


夏休みの宿題の中で解けなかったところや、解けたけれども時間がかかってしまったところを繰り返し解きます。


そうしてひととおり時間内にできるようになったら、段取りを踏めていなかった単元は、はじめから全部解いてみます。すると今度は引っかからないで解けるようならば完成とします。


この段階でまだ間違えたり、1回目は合っていたのに、この2回目で間違えたりしたところは、忘れているわけですから、もう一度そこからやり直します。その際にその少し前のできるところからやり直すのがコツです。


こうして、もう一度その単元についてはじめから解きなおしてみて、引っかかるところなく、全部解けたらOKです。

中1でやっておきたいこと

1の皆さんから大学入試は新入試の形式に変わります。


記述式の入試が数学と国語で取り入れられます。解答がわかっていてもそれを文章で表現できなくては正解となりません。



しかも解答はコンピュータによる採点が取り入れられる可能性があります。したがって正確で伝わりやすい文章表現が要求されます。



どちらにしてもマークシートで選択式の現在の答え方よりは難しくなることは間違いないでしょう。こういった対策は一朝一夕(いっちょういっせき)で身につくことはあり得ません。



すでにその習得の時期です。学校では何も言われていない人が多いとは思います。しかしこのことを念頭に置いて、ことにあたるのとそうでないのとでは大きく結果が違ってくるでしょう。



ふだんの試験や練習のときから、文章で答えることに積極的な態度で果敢(かかん)に攻めていく態度で接していくことが望まれます。


posted by あまがえる at 18:00Comment(0)中1数学

勉強がわかるようになるとき

勉強がわかるようになりたい方、読んでみてください。


自分で勉強をしようと決めて、まだわかるようになるかどうかまだはっきりしないまま勉強を続けるときほど、しんどくてつらい作業はないかもしれません。


「暗中模索」(あんちゅうもさく)とは、そういう状態をさして使う言葉です。暗中模索の状態のまま勉強を続けられる人は、意志のとても強い人です。立派です。


したがってそれだけでも十分褒められる行動です。しかも誰も見てなくてもそれを続けているのですから、あくまでも自分のため将来のためと思い続けてしている行動になります。


そして・・・、ある時点でかたく絡(から)んでしまった糸が、ほぐれていくようにわかるときが訪れます。何とさわやかな感じがするでしょう。これは経験した人でないと味わえない感動です。しかもそれを自分自身一人で完結できたのならすごいです。






立体のポイント 平面で解く

いつも試験問題には空間図形の問題が出てきますね。どうしてもここが苦手という人はまず読んでみてください。


立体の問題。この立体、ずっと眺めていても解けません。必ず問題のに書いてある条件を入れてみます。


それで終わりではありません。平面で置き換えます。目を付けた三角形や四角形について元の立体を見ながら(方向をそろえながら)、手書きで別の平面にします。その平面に条件や長さを書き入れると・・・。


すると様々な定理や条件が使えることが見えやすく、取り違えにくくなります。


立体の問題はこのように手書きで平面で置き換えて考えて易しくして解くことがポイントです。