立体のポイント 平面で解く

いつも試験問題には空間図形の問題が出てきますね。どうしてもここが苦手という人はまず読んでみてください。


立体の問題。この立体、ずっと眺めていても解けません。必ず問題のに書いてある条件を入れてみます。


それで終わりではありません。平面で置き換えます。目を付けた三角形や四角形について元の立体を見ながら(方向をそろえながら)、手書きで別の平面にします。その平面に条件や長さを書き入れると・・・。


すると様々な定理や条件が使えることが見えやすく、取り違えにくくなります。


立体の問題はこのように手書きで平面で置き換えて考えて易しくして解くことがポイントです。


この記事へのコメント