血液の流れの覚え方

心臓の血液の流れは部屋が込み入っていて覚えにくいという人は読んでみてください。覚える出発地点は左心房からです。流れは次のとおりです。


(肺)→左心房左心室→(全身)→右心房右心室→(肺)

です。「左、左、右、右」と覚えます。心臓の部屋の順序は「房→室」と覚えます。


肺で酸素をいっぱい取り込んだ血液(鮮やかな赤)は左心房に入り、逆流防止の弁を通って左心室に送られます。さてここで問題です。心臓の4つの部屋の筋肉の壁で一番厚いのはどこの部屋でしょう。


「もっとも力のいるところのはずで左心室かな。」そうです。左心室の壁が一番厚く厚い筋肉の収縮する力で力強く全身に血液を送り出します。そこから全身をめぐって酸素を送り届けた血液は心臓に戻ってきます。


全身をめぐってきた血液は右心房に戻ってきます。体の表面を流れる血管は静脈のことが多いです。そして右心室を経て肺に血液は送られます。この肺動脈から肺に至るまでの血管中の血液が最も酸素が少ない状態です。


ここで肺をめぐる経路の方を肺循環、心臓から肺以外をめぐる経路の全身をめぐる方を体循環といいます。


そして酸素を多く含んだ血液を動脈血、酸素の少ない(二酸化炭素の多い)血液を静脈血といいます。ただし、肺動脈には静脈血が、肺静脈には動脈血が流れているから注意が必要です。




PR

この記事へのコメント