入試ポイント 関数

2の皆さんには読んでおくと参考になる情報です。


結構入試で差がつきやすいのが関数の問題。学校や通信教育では、中2の今の時点では関数は1,2年生で習った比例や一次関数に重点が置かれることが多いです。苦手な人が多い単元なので致し方ないところでしょう。ところがいざ入試問題となると圧倒的に3年のしかも最後の方で習うことの多い二次関数の出題が多いです。


このことは意外と大切なことで、入試の数学の大問を1問占めることが多いにも関わらず、おろそかにされがちです。小さな塾の周囲の中学校でも、教科書の二次関数の単元が終わったのが私立入試の1週間前というような年もあったぐらいです。


これではなかなか入試レベルの二次関数の問題が解けるようなレベルに持っていくことはなかなか難しいです。特に難関校を受けようとする場合には、早くから問題練習に慣れておく必要があります。入試は経験値を積めば明らかに解ける範囲が広がります。


[小さな塾」では中3の生徒は数学検定を1学期のうちに3級を取得することが多いですので、1学期のうちに二次関数については入試の基礎レベルまで行い、確実に3級を取得できるようにしています。そのまま夏休みで二次関数まで含めた全ての関数の問題を受験レベルに引き上げておきたいからです。


そうすると、相似や三平方の定理を使った平面図形や空間図形の総合問題練習を二学期の早くから解き始めることができますので、じつにゆっくりと受験勉強を進めることができます。<br/>PR<br/><a  href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/4578220427/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4578220427&linkCode=as2&tag=amagaeru01-22">塾で教える高校入試 数学 塾技100 新装版 (高校入試 塾技)</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=amagaeru01-22&l=as2&o=9&a=4578220427" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />





この記事へのコメント