奈良時代の人々

奈良時代の貴族や農民などの人々に関する問題です。


1.下から言葉を選んで(  )に入れよう。

・人々は( ① )と賤民に分けられ、6年ごとに戸籍に登録されました。

・6歳以上の人には( ② )が与えられ、死ぬと国に返されました。これを( ➂ )といいます。

・成人男子は、( ④ )と呼ばれる税のほか、九州北部の防衛にあたる( ⑤ )などの兵役が課せられました。

・鉄製の農具がひろまり、稲の収穫量は増えました。口分田の不足を補うために、開墾が奨励され、自分で開墾した

 土地はいつまでも私有していいという( ⑥ )が出され、さかんに開墾がすすめられました。 

*********************************

選択肢: 良民 口分田 班田収授法 租・調・庸 防人 墾田永年私財法

*********************************


答え ①良民 ②口分田 ➂班田収授法 ④租・調・庸 ⑤防人 ⑥墾田永年私財法


2.(   )に下から選んで適当な言葉を入れよう。

・人々は良民と賤民に分けられ、( ① )年ごとに( ② )に登録されました。

・( ➂ )歳以上の人には口分田が与えられ、死ぬと国に返されました。これを( ④ )といいます。

・成人男子は、租・調・庸と呼ばれる税のほか、九州北部の防衛にあたる防人などの( ⑤ )が課せられました。

・鉄製の農具がひろまり、稲の収穫量は増えました。口分田の不足を補うために、開墾が奨励され、( ⑥ )年 自分で開墾した土地はいつまでも私有していいという( ⑦ )が出され、さかんに開墾がすすめられました。*********************************   

選択肢: 6 6  戸籍  班田収授法 兵役 743 墾田永年私財法

*********************************


答え ①6 ②戸籍 ➂6 ④班田収授法 ⑤兵役 ⑥743 ⑦墾田永年私財法


3.(   )に下から選んで適当な言葉を入れるか、問いに答えよう。

・大宝律令には全国支配の仕組みがかかれていました。戸籍に登録された(A)( ア )歳以上の全ての人に口分田が与えられ死ねば返しました。人々は口分田の広さに応じて( イ )を負担し、成年男子は、都まで運んで納  める税のほかに兵役がありました。

(1)大宝律令は何年に定められましたか (   )年

(2)( ア )は何歳ですか。(    )歳

(3)( イ )とは? (   ) 租   調   庸

(4)口分田の広さによって納める( イ )は収穫の何%でしたか。(   %)

(5) (A)( ア )歳以上の・・・の制度を何といいますか。(    )

(6)都まで運んで納める税を何といいましたか。(   )(   ) 

(7)(6)のうち、労役のかわりに麻などの布で納める税を何といいましたか。(   )

(8)兵役として九州北部の防衛にあたるものを何といい、何年の任務でしたか。(    )(   年)  


答え(1)701 (2)6 (3)租 (4)3 (5)班田収授法 (6)調 (7)庸(よう) (8)防人(さきもり)、3(年)


4.つぎの問いに答えよう。

・8世紀頃になると( ア )製の農具が広まり、稲の収穫も増えました。しかし、人口も増え、口分田が不足するようになりました。そこで、新しく開墾した土地はいつまでも私有していいという制度ができ、開墾が盛んに行われました。

(1) ( ア )に適する言葉を入れよう。(   )

(2)新しく開墾した土地はいつまでも私有していいという制度を何といいますか。(    )

(3)(2)の制度はいつできましたか。(   )年 

(4)新しく開墾した土地はだれのものになっていきましたか。(   )   

    ア)農民    イ)貴族や寺院  ウ)賤民

(5)稲や種もみの足りない農民が、国司などから高い利息で米をかりる制度を何といいますか。(   )  

    ア)出挙     イ)札差    ウ)両替商

(6)新しく開墾した土地は…制度で有力な貴族や寺院が持つようになった私有地を何と呼ばれましたか。(   )  

    


答え  (1)鉄 (2)墾田永年私財法 (3)743 (4)イ (5)ア (6)荘園


この記事へのコメント