鎌倉時代の宗教と文化

鎌倉時代の宗教と文化についての練習問題です。


1.下から言葉を選んで(  )に入れよう。

(1)法然は、( ① )を開き、念仏を唱える浄土信仰の教えを徹底しました。弟子の親鸞は、( ② )(一向宗)を広めました。

(2)日蓮は、( ➂ )を開き、法華経を唱えるように説きました。栄西は、( ④ )を、道元は、( ⑤ )という禅宗を伝えました。

(3)藤原定家らは、和歌集の( ⑥ )を編集しました。運慶らは、東大寺南大門の( ⑦ )など力強い彫刻をつくりました。武士の活躍を描いた( ⑧ )は、琵琶法師によって語り伝えられました。


選択肢:浄土宗  浄土真宗  日蓮宗  臨済宗  曹洞宗  新古今和歌集  金剛力士像  平家物語


答え:①浄土宗 ②浄土真宗 ➂日蓮宗 ④臨済宗 ⑤曹洞宗 ⑥新古今和歌集 ⑦金剛力士像 ⑧平家物語


2.(  )に下から選んで適当な言葉を入れよう。

(1)( ① )は、浄土宗を開き、念仏を唱える浄土信仰の教えを徹底しました。弟子の( ② )は、浄土真宗(一向宗)を広めました。

(2)( ➂ )は、日蓮宗を開き、法華経を唱えるように説きました。(   ④ )は、臨済宗を、( ⑤ )は、曹洞宗という( ⑥ )を伝えました。

(3)( ⑦ )らは、新古今和歌集を編集しました。( ⑧ )らは、東大寺南大門の金剛力士像など力強い彫刻をつくりました。武士の活躍を描いた平家物語は、( ⑨ )によって語り伝えられました。


選択肢:法然 親鸞 日蓮 栄西 道元 禅宗 藤原定家 運慶 琵琶法師



答え:①法然 ②親鸞 ➂日蓮 ④栄西 ⑤道元 ⑥禅宗 ⑦藤原定家 ⑧運慶 ⑨琵琶法師


3.(  )に下から選んで適当な言葉を入れるか、問いに答えよう。

(1)東大寺南大門の金剛力士像は、だれがつくった彫刻ですか。 

    ア)高村光太郎   イ)鑑真   ウ)運慶と快慶  

(2)琵琶法師が語った武士の活躍を描いた軍記物は何ですか。

    ア)平家物語  イ)源氏物語  ウ)太平記  エ)魏志の倭人伝

(3)藤原定家らが編集した和歌集を何といいますか。 

    ア)古今和歌集     イ)新古今和歌集    ウ)万葉集

(4)(3)のなかに和歌が収められている「方丈記」の作者はだれですか。

    ア)鴨長明     イ)西行    ウ)小林一茶 

(5)鎌倉文化の特徴を次から選ぼう。

    ア)貴族による日本の風土に合った文化  

    イ)武士の好みの力強い文化

    ウ)江戸の町人の文化



答え (1)ウ (2)ア (3)イ (4)ア (5)イ


4.つぎの問いの①〜⑤の空欄に適当な語句を入れよう。


  開いた人物  宗 派         考え方など


   法然    浄土宗   ( ① )を唱えれば極楽往生と説く

   親鸞   ( ② )   罪深と自覚する悪人こそ救われる

  ( ③ )  日蓮宗    法華経を唱えれば人も国も救われる

   栄西   ( ④ )   座禅によりさとりを開く

  ( ⑤ )  曹洞宗    座禅を組むことでさとりを開く


答え ①念仏  ②浄土真宗   ③日蓮   ④臨済宗  ⑤道元 


スポンサードリンク
中学 歴史を ひとつひとつわかりやすく。

スポンサー
教科書ワーク 歴史
中高一貫校の方へ






この記事へのコメント