くれぐれも夜更かしは禁物

受験となるとどうしても夜半以降にずれ込みがちになる人がいます。私のこのブログへのアクセスの様子からもすごく夜更かししているなということが読み取れます。


でも前に書いたように中学生にとって睡眠は必須です。まだ脳は完成形ではありません。まだ発達を続けていることは保健で習ったと思います。


それには睡眠が必要なことはごく最近わかったことです。中学生は8時間程度の睡眠が脳の発達には必要なことが科学的に明らかになっています。


したがって、自分からみすみす脳の発達を抑えてしまうようなことはしないほうがいいです。それはつまり受験に対しても自分から脳にブレーキをかけてしまっているに等しいことを行っていることになるからです。


目安としては11時、どんなに遅くても夜半(12時)を過ぎることはないようにしたほうがいいことは間違いないです。翌朝から学校についてもボゥ~としているときは明らかに睡眠不足ですから、もう少し寝ましょう。


posted by あまがえる at 18:00Comment(0)入試

理科・社会の受験勉強の準備

2の皆さんはこれから受験の年が始まります。学校ではおそらく国数英を中心にしっかり受験レベルに近づけていくことになるでしょう。この3教科は実力をつけるのに時間がかかるからです。そのために多くの学校ではおそらく理科や社会のほうは後回しになりやすいです。


では理科や社会、それから実技教科に弱い科目やまだ満足な状態でない人はどうしたらいいでしょうか。今の時点のほうが、受験の一番大変な時期からすると、まだ少し時間的な余裕があります。それにはこうするといいと考えます。


まず学校では国数英を重点的にやりますから、家でもその復習をしっかりやり、その合間や隙間の時間を見つけて、理科、社会、実技教科について基本的な練習(例えばごく標準的なレベルの問題集で構いません)を着々とやっておくといいです。


その際に学校で与えられる「厚物」といわれるもので十分です。ただし、ただやっていくのではなく間違えたところを繰り返すことが大切です。


こうすると部活を終える夏休みから2学期にかけて、学校で始まる理科や社会の標準レベルから受験のレベルの学習へと、スムーズに繋いでいけるようになります。


理科や社会については、どの分野についても全体的に標準レベルに持っていくことを優先したほうがいいと考えます。実技教科は内申点に関わってきますから、しっかり取り組むようにしましょう。それには3学期にその学習の出始めるほうがいいです。

posted by あまがえる at 18:00Comment(0)入試

現在完了 継続について

現在完了形「継続」について説明します。



(ずっと〜している(have (has) + 過去分詞)

「継続」とは・・・過去のある時点から現在まで続いていることをあらわします。

for(あいだ)since(~から、~以来)をよく使います。


例)

I have lived in Tokyo for five years. 私は5年間ずっと東京に住んでいます。

She has lived in Tokyo since last year. 彼女は昨年からずっと東京に住んでいます。



例題1.(      )をうめよう。    

原形          過去       過去分詞

live        lived           ( ① )

 go              ( ② )          gone    



答え ①lived   ②went 



それから現在完了の継続の場合、疑問文にはHow long~?(どのくらいの期間~?)をよく使います。



1.いずれも現在完了形の文です。(    )内の言葉からもっとも適当なものを1つ選ぼう。    

(1) He has (live  lives lived) here since then. 

 彼はそのときからずっとここに住んでいます。

(2) Yuki (has had have) lived here since last month.

 由紀は先月からずっとここに住んでいます。

(3)He has (stays  stayed  staying) in America since last spring. 

彼は昨春よりずっとアメリカに滞在しています。

(4)I’ve been in hospital (since  from  about) last month. 

私は先月からずっと病院にいます。

    (5)My mother has stayed in England (for  of  since) three month.

    私の母は3ヶ月のあいだずっとイギリスに滞在しています。


答え(1) lived  (2) has  (3) stayed  (4) since   (5) for    







posted by あまがえる at 18:00Comment(0)入試

計画は8割達成で大成功

受験勉強で計画を立てて、コツコツとすすめている人もいることでしょう。いきなりでばなをくじくようなことを書きますが、じつは勉強の計画というものは完璧に仕上げることを前提にしてきっちりと計画してもなかなかうまくいくものではありません。


少し余裕をもって予備の日を入れて余裕のあるほうがむしろつづけやすいと考えます。計画の途中で思わぬところで時間がかかったり、思わぬところでわかっていない新たな分野がみつかったりするものです。これはよくありがちなことなので計画をきっちりと詰めてしまうとその融通がききません。そのために予備の日は必要です。


予定外のことが起るのがふつうです。そこで計画したものは8割ほど完成すれば大成功と思っていいです。1週間のあいだに休日が1,2日あるのとおなじように、一息つける日や時間をもうけるといいです。そうするとメリハリがつきむしろはかどることにつながります。計画をほぼ完了できたときには、よくできたと自分をほめてやってください。


らいことがいろいろあるかもしれませんが、このようにひとくふう加えることでやりやすくなることもあります。これから計画を立てる人はこの点を考えてつくってみてください。


posted by あまがえる at 19:00Comment(0)入試

選択問題の難しさ

次の問題を解いてみてください。


1 北条時政のときに始まったことがらはどれか。

 ア 勘合貿易 イ 摂関政治 ウ 幕藩体制 エ 執権政治


(答え) エ


2 足利義政が京都の東山に銀閣を建てたころ栄えた文化と関係の深いものはどれか。

 ア 大和絵「源氏物語絵巻」 イ 浮世絵「見返り美人図」 

ウ 水墨画「秋冬山水図」  エ 正倉院「鳥毛足立女屏風」


(答え) ウ


3 徳川吉宗が行なった政治の改革の名称とその内容の組み合わせとして適当なものはどれか。

 ア (天保の改革 年貢の取り方を変え,新田の開発を奨励し,法律を整備した)

 イ (享保の改革 年貢の取り方を変え,新田の開発を奨励し,法律を整備した)

 ウ (天保の改革 出版や風俗を取りしまり,贅沢を禁じ,株仲間を解散させた)

 エ (享保の改革 出版や風俗を取りしまり,贅沢を禁じ,株仲間を解散させた)


(答え) イ


4 辛亥改革で三民主義を唱え,1912年に中華民国の臨時大統領となった人物は誰か。

 ア 溥儀 イ 孫文 ウ 蒋介石 エ 毛沢東


(答え) イ


5 第一次世界大戦の時,日本が参戦時に同盟を組んでいた国と,第一次世界大戦の講和条約により継承することが認められたものの組み合わせとして,適当なものはどれか。

 ア (アメリカ 中国におけるドイツの権利)

 イ (アメリカ 中国におけるフランスの権利)

 ウ (イギリス 中国におけるドイツの権利)

 エ (イギリス 中国におけるフランスの権利)


(答え) ウ


これで終わりです。5問とも解けましたか。じつはこれらの問題は、選択肢があるせいでむずかしくなってしまうこともあります(特に3番や5番など)。


なぜならうろ覚えの人ほど選択肢に惑わされやすいからです。正確に覚えて揺らがなくなれば、選択肢がいらなくなる問題もあります。たとえば3~5番の問題などがそうです。選択肢はもういらないという人もいるでしょう。


じつをいうと公立高校の入試問題は単純な用語を答えさせる問題は少なく、短い文章で答える問題やこういった選択肢を選ぶ問題が多いです。


しかも選択肢の問題の難易度が高い傾向があります。むしろ短文で答えるほうが易しい(以前ブログに書きましたが部分点があることも関わっています)場合もあります。


したがって選択肢問題は要注意。引っかからないようにするには、うろ覚えでなく正確に「理解」することです。1番の問いなどは北条氏が執権という職に就き、将軍の源氏を支えた(いずれ自らリーダーシップをとっていきます)ことを理解していれば解けます。


2番の問題も足利氏が室町時代の将軍であり、義政が禅の簡素な精神を尊んだことを理解していれば、それと同じ時代の雪舟が選ばれるはずです。


このように選択肢の問題は、どれだけ歴史の理解が正確にできているかが問われています。一問一答や年号を覚えるだけでは身につかない、そしてなかなか対処できない部分かもしれません。


それには教科書やノートを見て、たとえば「足利義政」のテーマについて自分なりの短文でその特徴を捉えられるか練習するなどしていくといいです。


やった数だけ本当の歴史の理解につながります。

posted by あまがえる at 20:00Comment(0)入試