比較級を覚えよう

比較級の「~よりも・・・の表現は、(比較級-er than)を使います。


例)私の母よりも強い。→My mother is stronger than my father.  

   つまりstrongerをつけてthan来ます

1.次の(  )に、あとの(  )内の語を適当な形にかえて書こう。「古い」は、oldを使います。

 このコンピュータはあのコンピュータより古い。This computer is ( ) than that computer. (old)

  答え older


erのつけ方

 ・普通の語:erをつける。 例)strong → stronger, cold → colder

 ・eで終わる語:rだけをつける。例)large → larger

 ・(短母音+子音)で終わる語:子音を重ねてerをつける。

    例)hot→hotter, big → bigger

 ・(子音+y)で終わる語:yをiにかけてerをつける。例)happy → happier


比較級について易しめの問題です。解いてみましょう。


2.次の(  )に、あとの(  )内の語を適当な形にかえて書こう。

(1)今日は昨日よりも寒い。Today is(  )than yesterday. (cold)

(2)健はみかより忙しい。Ken is(  )than Mika. (busy)

(3)私の犬はジュディの犬より大きい。My dog is ( ) than Jyudy’s. (big)

(4)私は父より大きい。 I am (  ) than my father. (large)


  答え (1) colder (2) busier (3) bigger (4) larger


3.次の(  )に、適当な語を書こう。

(1)今日は昨日よりも暑い。Today is(  )(  )yesterday. (hot)

(2)健はみかより背が高い。Ken is(  )( ) Mika. (tall)

(3)私の犬はジュディの犬より小さい。My dog is ( ) than Jyudy’s. (small)

(4)私は父より大きい。 I am larger ( ) my father.


  答え (1) hotter than (2) taller than (3) smaller (4) than


4.つぎの英文の意味を書こう。

(1) You are younger than she. →あなたは彼女(      )。

(2)This cat is bigger than mine. →この猫は私の(     )。

(3)That mountain is larger than this one. →あの山はこの(     )。


  答え (1)よりも若い (2) 猫よりも大きい (3)山よりも大きい

posted by あまがえる at 20:00Comment(0)英語

英単語の覚えやすい方法

単語を覚えるのに苦労していませんか。苦労している人のやり方をじっとみていると、いくつか共通点が見えてきます。なかには次のようにやっている人がいました。

苦労した人の例

単語をじっとながめる。

そしてその訳した日本語をじ~と眺めてつづりが頭の中に出てきたか確認。


皆さんはこれを読んでいて何か気がついたことがありますか。「う~ん、やってていることが少ない。」そうですね。「何か頭だけ使っているようです。」 たしかにそうですね。では、今度は効率的に覚えていけている人の例をみてみましょう。つぎの①~⑤をやっていました。


単語を含んでいる基本文を声に出して何度か読む。

覚える単語の部分を何度か読みながら紙に書いてみる。

もう一度読む。CDでネイティブの音を聞く。まねをする。

もう一度書く。日本語に訳してみる。

その日本語の横に今度は英語で書いてみる。もう一度基本文で読む。


どうですか。「何かやることが多そう。でも・・・。」 でも何でしょう。「でも、頭はあまり使ってないです。」 そう、それはいいところに気づきましたね。頭を使うより体全体、五感を駆使して覚える感じです。「うん、まねしてみよう。」


じつはこうして覚えていくにしても、上の「苦労した人」のほうが何度も同じことをしてしまい、むしろ時間がかかっていることにわたしは気づきました。もちろんその後よりよくするアドバイスをしました。


posted by あまがえる at 18:00Comment(0)英語

現在完了の易しい練習

現在完了はわかるようになりましたか。確かめの問題です。


1( )の語順を並べかえて、日本語の意味の文にしよう。

(1) (been / Have /you/ ever/ to / Fukuoka) ? あなたは福岡にいたことがありますか。

(2) (there /I/ never /have /been ) . わたしはそこに一度もいたことがありません。

(3) (you / have /ever / heard) about Ichiro ? あなたはイチローについて聞いたことがありますか。

(4) He ( never / has /visited / here). 彼はここに一度も訪れたことがありません。

(5) (have /ever / you/ visited ) England? あなたはイギリスを訪れたことがありますか。


答え(1)Have you ever been to Fukuoka (2)I have never been there (3)Have you ever heard (4)has never visited here (5)Have you ever visited


2.次の文の( )に現在完了形に使われる言葉を入れよう。

(1) ( )( ) has he stayed this town ? 彼はこの町にどのくらいの間滞在したことがありますか。

(2) Tom has ( ) visited England. トムは一度イギリスを訪れました。

(3) Have you ( ) visited this town? あなたはこの町を訪れたことがありますか。

(4) I’ve liked English ( ) last year. 私は昨年から英語がずっと好きです。

(5) I’ve ( ) visited Kyoto. 私はこの町を一度も訪れたことがありません。

(6) She has lived in this town ( ) 6 months. 彼女は6ヶ月間ずっとこの町に住んでいます。

(7) He has ( ) returned this town. 彼はこの町からいま戻ったところです。

(8) Tom has ( ) eaten the apple. トムはすでにそのりんごを食べてしまいました。


答え (1) How long (2) once (3) ever (4) since (5) never (6) for 

(7) just (8) already



posted by あまがえる at 18:00Comment(0)英語

英作文の解き方 日本語を整えて

「新しいかばんを私は2つもっています。」…①

この文章を英語にしてみましょう。「え~と、New bag is… あれっ、かばんは2つあるからTwo new bags are...かな。」


そう書き始めると行き詰りますよ。じゃあ、英作文の基本を今日は説明しましょう。


まず、英作文をするときには日本語を整えることから始めます。つまり、英語にしやすい文章に日本語を変えることから始めます。「どうしてそんなことをするの?」


そうですね。英語と日本語では基本的に語順が違うということが一番大きいです。それではやりながら説明しましょう。まず①の文の日本語を整理して、「私は2つの新しいかばんを持っています。」と主語を前に出してきます。これなら英作文ができるのじゃないですか。


「うん、これならできるよ。I have two new bags.でしょ。」そうです正解。どうしてもNew bag~で文を書き始めてしまう人は今やった手順をもう一度確認して覚えてください。




posted by あまがえる at 20:00Comment(0)英語

不規則変化の覚え方

英語の不規則変化の動詞は現在形、過去形、過去分詞形の3つをまとめてそらんじることができると便利です。


たいていの英語の教科書にはこの動詞の不規則変化表がついていますね。例えばdoだったら do did doneです。これらは実をいうとそう多くはありません。高校生で習う分を入れてもあまり増えません。


ということは中学生のうちに覚えてしまえば、高校生になってからは出てくるときに足していけばよいことになり非常に楽です。


3つずつ横に声を出しながら(つまり発音も正確にできるようにということです)、唱えていくのが大事です。


ひとつ注意が必要なのはread read readです。これは現在形は無理やり発音をかなで書くと「リード」ですが過去形と過去分詞形は「レッド」ですから気をつけてください。


覚えてしまえば、英作文などの時には3つとも唱えて時制を確認しながら答えを記入します。すると間違いが減らせます。




posted by あまがえる at 18:00Comment(0)英語