高校入試 自分で学習する

今日は自分で学習する習慣についてです。「小さな目標をまずたててみては。」とアドバイスしてみます。なぜなら以下の話にそのヒントがあります。



ある私立高校の説明会に行って先生方から伺ったお話です。その高校には普通科系と職業系(実業系)の科があります。なんと職業系の学科は普通科系以上に大学進学実績があります。



ごく普通の成績で入学してきた生徒たち。その職業系の学科では1年生から資格を取るための勉強をします。最初はよりよい就職を目指すためというのがきっかけです。


資格がとれるようになると「なんだ、勉強ってこうやればいいじゃん。」と、どんどん資格をとっていくそうです。自分なりに勉強法をマスターできたわけです。するとどういうことが起こったでしょうか。



その生徒たちのうちの何人かが、2,3年生になってセンター試験の勉強を始めて、何とセンター試験を受けて一橋大学など難関国公立大学に受かるまでになったそうです。特別、塾に通うわけでもなく自分で勉強して。



「自分で学習するようになること」の意味がわかっていただけたでしょうか。いったん勉強のコツがつかめれば強いです。


その後もその学科は結果を出し続けています。説明会でお話を聞きながら、心の中で私はパチパチと手をたたき、この学校に対してうらやましい気持ちと、やられたという気持ちが湧いてきました。



塾の先生が言うのは変でしょうが、本来は良い教材さえ整えば自分自身で勉強してわかっていくのが理想です。そうなんです。「小さな塾」は我流に陥らないようにコーチ役やサポートに徹するべきとわたしは思っています。



塾頼みで自分が動かないままなら、当面はしのげてもいずれ限界がきてしまいます。人頼みで自分でやってこなかった人はいずれつけがくるでしょう。


人によっては、つけがまわってくるのが高校だったり、大学の途中だったりします。そうならないために中学から高校にかけて「自分でやる」習慣を身に付けることが大切です。



内申点確保に実技教科

1年間でテストが何度かあります。どうしても教科が多い定期テストでは数日前になって余裕がないときはどちらの教科を優先して試験勉強しようかと思う場合もあるでしょう。


その際、まだ試験に実技教科を残していて、しかもその実技教科で試験をけっこう重視して成績をつけている様子でしたら、今回については3年生でしたら実技教科の方を優先して勉強すべきかと思います。ないとは思いますが実技教科を軽視してはよくないです。


なぜなら実技教科で内申点を確保することが重要だからです。入試において内申点が重視される場合があることはこのブログで何度か触れてきました。


やはり、入試結果と内申点を見比べていきますと、内申点に余裕がない人たちの層は合否が分かれています。学力試験も内申点も両方とも高いのが入試に関しては理想ですが、なかなかそうも行かない場合もあります。


いまもあきらめずに志望校合格に向けて学習に励んでいる人、この期末試験が内申点確保の数少ないチャンスかもしれません。その意味からも実技教科の強化に努めてみてください。


ものづくりのしごと

雨と晴れが交互に来て季節が変化していますね。


さて、日本の国内の製造業で働く人はずいぶん少なくなり、20%あまりの人が従事するだけになりました。その一方で70%近くはサービス業が占めるようになりました。


そういえば身の回りにむかしほど工場に勤めたり職人さんで働いている方をそれほど見なくなっているように感じます。今日はものづくりの仕事を選ぶのもいいぞという話です。興味のある方は読んでみてください。


日本は少し前までは「加工貿易」といって原材料を輸入して加工して優れた製品として海外に輸出する方式の会社が多かった時代が続きました。いまでもその一部はありますが、ここ20年ほどで外に生産の拠点(きょてん)を移す会社が増えました。


現地の工場で現地の人が働き現地で消費するようになりました。そこで国内の産業は「空洞化」してしまい、次々に工場が閉鎖されました。進出さきも欧米からアジア地域に移ってきました。


ここ数年、中国の人件費が高くなってきて中国への進出ラッシュは収まり、一部の工場は国内に生産拠点を戻す動きも出て来ています。でもサービス産業の伸びからするとそれほど大きな流れではありません。


今や日本はサービスのコンテンツ(中身)をさまざまもち、サービス産業も相互に依存しあって商売が成立するようになってきました。学校に塾のノウハウが入ってきたりすることなどがその例ですね。


それに対して第二次産業の生産現場は割合として小さくなってきました。そうはいっても高度な機械の技術を中心に日本の科学技術・生産技術はまだまだ健在ですし一流です。


一流であり続けるためには人材が欠かせません。あなたが「早く一人前になって稼げるようになりたい。」と考えるならぜひ高校や大学を出てメーカーに就職することをお勧めします。


どの企業も厳しい国際競争に勝ち残ってきたところばかりです。しかも国内の技術開発にも後れを取るまいと一流の業を磨きしのぎを削っています。


高い技術でもって生まれてきた工業製品の集積する日本です(たとえばスマホは海外製品でも重要な部品は日本で作られるものが多いですよ)。技術では世界にひけはとりません。


就職できれば技術の担い手として大事に育ててもらえることは間違いないでしょう。

進路を考える

進路で1度真剣に考えてみた頃でしょうか。高校については中2の皆さんはそろそろ具体的に候補の学校を挙げる時期に入ってきました。難易度の違う複数の学校をあげてみましょう。


先に入試が行われる私立の場合は、もうあこがれではなくそろそろ実際に通うことができるかどうかで判断します。通学方法や時間はどうかとか、費用や特待の有無はどうか、部活や課外授業はなど、さまざまな要因をあげて最適の答えを保護者の方々とよく話し合っておきます。


公立についてもそろそろ方針だけは決めておいたほうがいいです。公立が第一志望なのか、それとも私立を第一志望とするのか、この辺も特待が取れた場合どうするかなどさまざまな要素が出てきますからいろいろとシュミレーションしてみてください。


まだいずれにしても1校に絞る必要はありません。難易度もある程度大まかでいいです。むしろ今の実力にぴったり合わせてしまう選択はどうかと思います。まだ決定はあとですから今は少し高めの志望校にしておくほうが勉強の意気が上がります。


さまざまな情報が出てきます。決して変なうわさ話に惑わされないように、正確な情報を手に入れて進路選びを後悔しないでいいように慎重に行動しましょう。


誰々さんが行くからそっちにしようとか人任せの選択はよくありません。自分が進みたい進路をじっくり見据えて後悔しないでいい学校選びにしましょう。


部活から受験へ、どうやって気持ちを切り替える?(1)

爽やかな季節になりました。日本各地でまだまだ気温差はありますが、徐々に過ごしやすい季節に変化しています。


これからしばらくして中3生は、部活を引退し、「さあ受験がんばるぞ」と思っている皆さんにアドバイスしたいです。今が切り替えの絶好のタイミングです。部活で気持ちがピークを迎えたこの時期こそ、その熱いエネルギーを燃やすだけではもったいないです。


とは言っても何をしたらよいのか・・・。なかなかひとりでは思いつかないかも。でもやっぱり中学生の皆さんだから「自分で」決めたい。人から言われてするのはいやですよね。


じゃあ、できそうなことから決めるのはどうですか?そんなときはまず「時間」に目を向けてみましょう。部活に充てていた時間がありましたよね。それを「自分で」何に使うか割り振ってみてください。自分で決めるのですから自分で責任を取る。それさえ決めればあとは実行です。


「全て勉強に向ける」それもいいでしょう。でも絶対続かないんだよなあ、自分は・・・。それならこれならどうでしょう。15分間だけ、一番最近で習ったことの教科書やプリントの易しい解けた問題を解いてみて。どれも解けた問題ばかり選んでね。期末テストでもいいかも。「えーっ、それってもともと解ける問題だから何にもプラスにならないよ。」


そうですか。でもふり返ってみてください。同じ問題を半年前なら解けましたか?多くのみなさんの答えは「No]じゃないですか。それだけできるようになったんですね。半年前の自分よりかしこくなった・・・。


少しずつ最近習ったところから離れていき、2年生の最後あたりで習ったところのできていた問題も同じようにやってみて。ほら、どうですか。


つづきをまた書きますね。