江戸時代の政治改革

江戸時代の政治改革の練習問題です。教科書をよく読んでから解いてみてください。


1.下から言葉を選んで( )に入れよう。

・18世紀後半老中(①)は、財政再建のため商工業者に(②)を結ばせ、税をとることや、銅・海産物を輸出し、金銀を輸入する貿易を奨励、印旛沼の干拓を試みました。これを田沼の政治といいます。

・しかし、(➂)のききんで、わいろや打ちこわし・百姓一揆がふえ、老中をやめさせられました。

・田沼意次の後に老中になった(④)は、ききんに備えるため、農村に米をたくわえる倉を設け、商品作物の生産を制限しました。また、(⑤)を出して、武士の倹約をすすめ、札差からの借金を帳消しにしました。これらの改革を(⑥)といいます。

・米沢藩や熊本藩は、(⑦)など特産品の生産を奨励しました。各藩は(⑧)という藩で通用する紙幣を作り財政を立て直そうとした。多くの藩が(⑨)をつくり、儒学などを教え人材を育てました。


選択肢:田沼意次 株仲間 天明 松平定信 倹約令 寛政の改革 うるし・はぜ 藩札  藩校


答え:①田沼意次 ②株仲間 ➂天明 ④松平定信 ⑤倹約令 ⑥寛政の改革 ⑦うるし・はぜ ⑧藩札  ⑨藩校


2.( )に下から選んで適当な言葉を入れよう。

・18世紀後半、(①)の田沼意次は、財政再建のため、商工業者が株仲間を結ぶことや、(②)を輸出、金銀を輸入する貿易を奨励し、印旛沼の干拓を試みた。これを(➂)の政治といいます。

・しかし天明のききんで、打ちこわし・百姓一揆がふえ、(④)が横行し老中をやめさせられました。

・田沼意次の後に老中になった松平定信は、ききんに備えるため、農村に米をたくわえる倉を設け、(⑤)の生産を制限しました。また、武士を救うため、倹約令を出し、さらに、(⑥)からの借金を 帳消しにしました。 これらの改革を(⑦)といいます。

・米沢藩は、うるし、(⑧)藩は、はぜなど特産品の生産を奨励しました。各藩は藩札をつくり、藩内で流通させ、財政を立て直しました。多くの藩が藩校をつくり、(⑨)などを教え人材を育てました。


選択肢:老中 銅・海産物 田沼 わいろ 商品作物 札差 寛政の改革 熊本 儒学


答え:①老中 ②銅・海産物 ➂田沼 ④わいろ ⑤商品作物 ⑥札差 ⑦寛政の改革 ⑧熊本 ⑨儒学

3.次の文を読んで、以下の問いに答えよう。

・幕府の財政が苦しくなり、この老中は、商工業者に( )を結ばせ税をとり、銅や( )を輸出、( )や銀を輸入しようとした。しかし、ききんで、わいろで政治が乱れ、百姓一揆も頻発して老中をやめさせられた。

    

(1)文中の( )に下から言葉を選んで入れよう。

    株仲間    海産物    金

(2)この老中とはだれですか。( )  松平定信   徳川吉宗   田沼意次  

(3)わいろはだれから老中などに渡されましたか。( ) 商工業者  農民   南蛮人

(4)この時代に起こったききんとは?( ) 天明のききん   天保のききん  

(5)この改革で行われていないことを記号で選ぼう。( )

  ア)商品作物の生産の制限 イ)印旛沼を干拓して新田の開発を計画 ウ)蝦夷地の開発を計画


答え(1)株仲間 海産物 金(2)田沼意次 (3) 商工業者  (4)天明のききん (5)ア


4.次の文を読んで、以下の問いに答えよう。

・老中となった人物は、町で働いていた農民を村に帰し、米をききんに備えて倉にたくわえさせました。旗本・御家人には( )を出し、さらに借金を帳消しにしました。

    


(1)文中の( )に右から言葉を選んで入れよう。 倹約令    上米の制

(2)この人物はだれでしょう。( )  松平定信   徳川吉宗   田沼意次

(3)御家人たちが借金をした金貸しを何といいますか。( )  札差   株   銀座

(4)この人物の行った改革を何といいますか。( )


答え (1)倹約令 (2) 松平定信  (3)札差 (4)寛政の改革


5.( )に適当な言葉や数字を入れ、つぎの問いに答えよう。

・財政難に苦しむ各地の藩では、藩で通用する紙幣をつくったり、家臣の俸禄を減らしました。なかには特産品を奨励し、専売制にして再建に成功したところもあります。( )と呼ばれる儒教を教える学校を作りました。

(1)文中の( )に適当な言葉を入れよう。(  )

(2)藩で通用する紙幣を何といいますか。(  )

(3)つぎの藩で特産品として作られたものをあげよう。米沢藩:(  )  熊本藩:(  )

(4)長州藩のつくった学校の名前は?。(  )  明倫館    造士館     養賢堂


答え(1)  藩校  (2)藩札 (3)うるし、はぜ (4)明倫館
PR
中学総合的研究 社会 三訂版


posted by あまがえる at 18:00Comment(0)歴史

産業革命と欧米諸国

産業革命とその時代の欧米諸国の動きに関する練習問題を復習しましょう。


1.言葉を選ぶか、適当な語句を(  )に入れよう。

(1)18世紀のイギリスでは、(蒸気 原子)力の機械が綿織物の生産に使われたことをきっかけに、各種の産業が起こり生活は変わりました。これを(  )といい、イギリスは「世界の(  )」と呼ばれました。


(2)資本を持つ者が、労働者をやとって生産する経済のしくみを(社会 資本)主義といいます。それに対して、労働者の理想の共同体をめざすしくみを(社会 資本)主義といいます。


(3)1871年に統一したドイツは(  )政策と呼ばれる富国強兵を進め、重化学工業や医学が発達しました。


(4)アメリカでは、自由貿易や(  )制をめぐり、1861年、(  )戦争が起こりました。大統領の(  )は、(  )の、人民による人民のための政治という演説をうったえました。


答え(1)蒸気 産業革命 工場(2)資本 社会 (3)鉄血(4)奴隷  南北 リンカーン 人民


2.言葉を選ぶか、適当な語句を(  )に入れよう。

(1)(  )世紀のイギリスで、蒸気力の機械が綿織物の生産に使われ、各種の産業が起こり、生活が大きく変わりました。これを(  )といい、イギリスは「世界の工場」と呼ばれました。


(2)(資本 王位)を持つ者が、労働者をやとって生産する経済のしくみを資本主義といいます。それに対して、(国王 労働者)の理想の共同体をめざすしくみを社会主義といいます。


(3)1871年に統一したドイツは鉄血政策と呼ばれる(  )強兵を進め、重化学工業や医学が発達しました。


(4)アメリカでは、自由貿易や(奴隷 絶対王)制をめぐり、1861年、南北戦争が起こりました。大統領のリンカーンは、人民の、人民による人民のための(政治 税金)という演説をうったえました。


答え(1)18 産業革命(2)資本 労働者(3)富国(4)奴隷 政治


3.(  )に下から選んで適当な言葉を入れるか、問いに答えよう。

18世紀イギリスでは、( ① )力の機械で綿織物を大量につくる技術が発達し、インドの綿織物を圧倒しました。これをきっかけに、鉄道、製鉄、機械、車両、造船、武器などの産業が発達し、生活が変化しました。


(1)①に右から選んで適当な語句を入れよう。  

    水 蒸気 原子  火   


(2)①の機関を発明した人物はだれですか。 

    ワット オーム エジソン


(3)上記のめざましい産業の発達のことを何といいますか。 

    IT革命  産業革命  殖産興業


(4)19世紀のイギリスは繁栄をきわめ、何と呼ばれましたか。 

    世界の中心 世界の工場 世界の産業


(5)上記の産業の発達でできた資本家が労働者をやとい生産する経済のくみを何といいますか。       

    社会主義   資本主義   理想主義


(6)(5)のしくみに対し、労働者の理想の共同体をめざすしくみを何といいますか。(5)から選ぼう。


(7)イギリスでは上記の産業の発達の結果、どんな問題が起こりましたか、近いものを選ぼう。

  ア)絶対的な政治を行う王への不満が高まった。  

  イ)労働災害、貧富差、女性や子どもの長労働、虐待が問題となった。

  ウ)環境が汚染され、二酸化炭素による地球温暖化が問題となった。  


答え(1)蒸気 (2)ワット (3)産業革命 (4)世界の工場 (5)資本主義 (6)社会主義 (7)イ


4.つぎの文は、ある演説の一部分です。あとの問いに答えよう。

・人民の、人民による人民のための政治・・・。


(1)上はだれの行った演説ですか。 


(2) この演説の意味に近いものはどれでしょうか。   

ア)国民に主権があり、選挙によって選ばれた国民の代表が、国民のための政治を行っていくべきです。

  イ)国民を代表する王が絶対的な権力をもち、強いリーダーシップで国民を理想に導くべきです。

  ウ)将軍や皇帝が国民の上にたち世界を支配し、国民の利益を世界中からとりよせるべきです。


(3)アメリカはこの演説の2年前から国内で南北戦争が起きました。何をめぐる戦争だったのでしょうか。

  ア)自由貿易と奴隷制    

  イ)アヘンや綿織物などの工業製品   

  ウ)蒸気機関車による鉄道の敷設


   (1)リンカーン  (2)ア   (3)ア

posted by あまがえる at 18:00Comment(0)歴史

歴史 江戸~明治は四字熟語?

江戸時代後半から明治の初期にかけては、四字熟語のように漢字の用語がたくさん出てきますね。「大政奉還」と「版籍奉還」、「富国強兵」と「殖産興業」のように何だか区別しにくい用語もあります。まとめて見ましょう。

尊皇攘夷・・・天皇を敬う考えと外国人を日本から追い出せという考えが合体したもの。

大政奉還・・・幕府が行っていた政治を朝廷(天皇)にお返ししますということ。

王政復古・・・武家の政治が廃止されて、元の天皇主体の政治に戻ること。

明治維新・・・狭い意味では幕府が崩壊し天皇中心の明治政府が成立すること。広い意味では 

       日本に近代国家になる過程で行った改革のこと。


まだありますよ。

文明開化・・・西欧の文明を取り入れ生活の近代化を行うこと。

地租改正・・・明治政府による土地制度と税制の改革。米による年貢を現金による地租に改め

       た。

秩禄処分・・・明治政府による華族や士族への家禄(俸禄、報酬のこと)の廃止。

版籍奉還・・・大名の領土・領民を天皇に戻すこと。

廃藩置県・・・各地の藩を廃止し、府県が置かれ、中央集権を達成すること。

富国強兵・・・地租を安定的に得て国を富ませることで兵力を増強して外国に打ち勝つようにす

       ること。

殖産興業・・・産業を盛んにして、さらに新たな産業や事業を起こすこと。


ふぅ~。たくさんありますね。ひとつひとつ短い文で説明できるようになっておく必要があります。

posted by あまがえる at 18:00Comment(0)歴史

こうして覚えよう鎌倉仏教

寒い日が続いていますね。試験準備はどうですか。


鎌倉時代には多くの僧が独自の研究にもとづいた仏教を日本で広めました。それらの中心となった人物6名をあげると①(法然、親鸞、一遍)、日蓮、②(栄西、道元)です。


この6人、それぞれ(浄土宗、浄土真宗、時宗)、日蓮宗、(臨済宗、曹洞宗)を広めました。


「なんで( )がついてるの?」あっそうでした。この( )はグループを表しています。

それぞれに関連があります。


①法然(浄土宗)と親鸞(浄土真宗)…法然は皆さんと同じ13歳で天台宗を学びました。その後「南無阿弥陀仏」と「念仏」を唱えると極楽浄土にいけるとの悟りに達し、比叡山をあとにしました。


そして、その民衆に説いてまわる分かりやすさが受け入れられました。親鸞は法然の弟子になります。


親鸞は藤原氏の家に生まれ9歳で比叡山に登り学び、29歳で法然の弟子になりました。法然同様島流しに処せられるなど苦労を味わいますが、罪深い罪人こそが阿弥陀仏の救済の対象となるとしました。自ら農民のなかに入っていって教えを説き受け入れられました。


一遍は幼くして出家し大宰府の地で法然の教えを学びました。彼は各地で「踊念仏」といって「南無阿弥陀仏、決定(けっじょう)往生六十万人」という名号(みょうごう)を唱えながら踊り人気を得ていました。


三者の違いは、法然が「念仏を唱える努力で阿弥陀仏が救う」。親鸞が「阿弥陀仏の救いを信じる心が起こると救いが決定する」。一遍が「名号を唱えれば救われる」と三者に違いがあります。より易行(えきぎょう)、「他力(たりき)」の教えになっていきます。


② 栄西(臨済宗)、道元(曹洞宗)…いずれも禅宗の僧です。座禅により悟りに達しようとする「自力」の教えです。


禅自体は奈良時代から日本にあったのですが栄西(もとは神主の子)が宋より日本に紹介してリバイバルすることになります。


彼は比叡山で学んだあと、座禅を組み悟りに達するという彼自身が実践した方法が武士に受け入れられました。北条政子も彼の教えに帰依(きえ)したといわれます。


道元は内大臣の子で幼くして両親を亡くし比叡山で出家します。天台宗に疑問を持ち山を下り、栄西の弟子に学びました。


ただひたすら座禅に打ち込む只管打座(しかんだざ)で悟りが開けるという教えです。とっても厳しいものでしたが、弟子が易しく説いた教えのおかげで民衆に広まりました。


①や②と一線を画すのが日蓮でその教えを日蓮宗といいます。法然の念仏に対し、日蓮は「南無妙法蓮華経」という「題目」を唱えると仏になれるという教えです。


彼も12歳で天台宗を学び法華経こそ優れていると確信して日蓮宗を開きました。他宗派を激しく攻撃し、幕府からも迫害を受け島流しにあいました。


たくさん人物が出てきましたね。鎌倉仏教の覚え方は、上のように( )で結んだ上に「臨ざい宗の栄さい、曹とう宗のどう元」とすると覚えやすいです。あとは法然と親鸞が師弟関係であることでつなげて「しん鸞の浄土しん宗」と覚えます。


posted by あまがえる at 19:00Comment(0)歴史

室町文化 練習問題

室町文化に関する練習問題です。


1.下から言葉を選んで(  )に入れよう。

(1)観阿弥・世阿弥の父子は、( ① )を完成させ、武士に愛好されました。能の合間には民衆の感情があらわれた( ② )が演じられました。


(2)将軍の足利義満は、京都の北山に( ➂ )を建て、8代将軍の足利義政は、東山に( ④ )を建てました。銀閣は、寺院の様式に武家の住居を取り入れた( ⑤ )で、床の間が作られました。


(3)宋や元から伝わった墨一色で、自然をえがく( ⑥ )が流行しました。有力者の子どもは寺で教育を受けるようになりました。絵入りの物語である( ⑦ )が好まれました。和歌の上の句と下の句を別の人がよむ連歌が行われました。足利学校には、( ⑧ )を学ぶ人が集まりました。



選択肢: 能 狂言 金閣 銀閣 書院造 水墨画 お伽草子 儒学



答え:①能 ②狂言 ➂金閣 ④銀閣 ⑤書院造 ⑥水墨画 ⑦お伽草子   ⑧儒学  


2.(  )に下から選んで適当な言葉を入れよう。

(1)( ① )の父子は能を完成させ、武士に愛好されました。能の合間には民衆の感情があらわれた( ② )が演じられました。


(2)将軍の( ➂ )は、京都の( ④ )に金閣を建て、8代将軍の(  ⑤ )は、( ⑥ )に銀閣を建てました。 銀閣は、寺院の様式に武家の住居を取り入れた( ⑦ )で、床の間が作られました。


(3)宋や( ⑧ )から伝わった墨一色で、自然をえがく水墨画が流行しました。有力者の子どもは寺で教育を受けるようになりました。絵入りの物語である( ⑨ )が好まれました。和歌の上の句と下の句を別の人がよむ( ⑩ )が行われました。足利学校には、儒学を学ぶ人が集まりました。


選択肢:観阿弥・世阿弥  狂言  足利義満   北山   足利義政   東山 書院造 元  お伽草子  連歌



答え:①観阿弥・世阿弥 ②狂言 ➂足利義満 ④北山 ⑤足利義政 ⑥ 東山 ⑦書院造 ⑧元 ⑨お伽草子 ⑩連歌


3.次の問いに答えよう。

(1)足利義満と義政がそれぞれ建てた建物の名前を何といいますか。  

   義満(  )、義政(  )

  ア)金閣     イ)銀閣    ウ)桂離宮


(2)金閣と銀閣の特徴をそれぞれ選ぼう。  

   金閣(  ) 銀閣(  )

  ア)公家の文化と武士の文化が融合した建物です。

  イ)寺院の様式に武家の住居を取り入れました。

  ウ)貴族の好みをあらわし、極楽浄土の世界を想像させます。


(3)銀閣に取り入れられた床の間とたたみからなる造りを何といいますか。(  )

  ア)校倉造       イ)寝殿造       ウ)書院造

(4)宋や元から伝わった墨一色で自然をあらわす絵画を何といいますか。(  )

  ア)水墨画       イ)装飾画       ウ)錦絵



こたえ (1)義満:ア、義政:イ(2)金閣:ア、銀閣:イ(3)ウ(4)ア


4.つぎの文の下線部の間違いを直そう。

(1) 観阿弥・世阿弥の父子は、狂言を完成させました。(  )

(2) 絵入りのものがたりである風土記が民衆に喜ばれました。(  )

(3) 銀閣は、寝殿造の代表的な建物です。(  )

(4)上杉氏がつくった足利学校では、陽明学が学ぶ人々が集まりました。(  )

(5)俳句の上の句と下の句を別の人がよむ連歌が行われました。 (  )


こたえ (1)能(2)お伽草子(3)書院造(4)儒学 (5)和歌



スポンサードリンク
教科書ワーク 歴史



posted by あまがえる at 18:00Comment(0)歴史