室町文化 練習問題

室町文化に関する練習問題です。


1.下から言葉を選んで(  )に入れよう。

(1)観阿弥・世阿弥の父子は、( ① )を完成させ、武士に愛好されました。能の合間には民衆の感情があらわれた( ② )が演じられました。


(2)将軍の足利義満は、京都の北山に( ➂ )を建て、8代将軍の足利義政は、東山に( ④ )を建てました。銀閣は、寺院の様式に武家の住居を取り入れた( ⑤ )で、床の間が作られました。


(3)宋や元から伝わった墨一色で、自然をえがく( ⑥ )が流行しました。有力者の子どもは寺で教育を受けるようになりました。絵入りの物語である( ⑦ )が好まれました。和歌の上の句と下の句を別の人がよむ連歌が行われました。足利学校には、( ⑧ )を学ぶ人が集まりました。



選択肢: 能 狂言 金閣 銀閣 書院造 水墨画 お伽草子 儒学



答え:①能 ②狂言 ➂金閣 ④銀閣 ⑤書院造 ⑥水墨画 ⑦お伽草子   ⑧儒学  


2.(  )に下から選んで適当な言葉を入れよう。

(1)( ① )の父子は能を完成させ、武士に愛好されました。能の合間には民衆の感情があらわれた( ② )が演じられました。


(2)将軍の( ➂ )は、京都の( ④ )に金閣を建て、8代将軍の(  ⑤ )は、( ⑥ )に銀閣を建てました。 銀閣は、寺院の様式に武家の住居を取り入れた( ⑦ )で、床の間が作られました。


(3)宋や( ⑧ )から伝わった墨一色で、自然をえがく水墨画が流行しました。有力者の子どもは寺で教育を受けるようになりました。絵入りの物語である( ⑨ )が好まれました。和歌の上の句と下の句を別の人がよむ( ⑩ )が行われました。足利学校には、儒学を学ぶ人が集まりました。


選択肢:観阿弥・世阿弥  狂言  足利義満   北山   足利義政   東山 書院造 元  お伽草子  連歌



答え:①観阿弥・世阿弥 ②狂言 ➂足利義満 ④北山 ⑤足利義政 ⑥ 東山 ⑦書院造 ⑧元 ⑨お伽草子 ⑩連歌


3.次の問いに答えよう。

(1)足利義満と義政がそれぞれ建てた建物の名前を何といいますか。  

   義満(  )、義政(  )

  ア)金閣     イ)銀閣    ウ)桂離宮


(2)金閣と銀閣の特徴をそれぞれ選ぼう。  

   金閣(  ) 銀閣(  )

  ア)公家の文化と武士の文化が融合した建物です。

  イ)寺院の様式に武家の住居を取り入れました。

  ウ)貴族の好みをあらわし、極楽浄土の世界を想像させます。


(3)銀閣に取り入れられた床の間とたたみからなる造りを何といいますか。(  )

  ア)校倉造       イ)寝殿造       ウ)書院造

(4)宋や元から伝わった墨一色で自然をあらわす絵画を何といいますか。(  )

  ア)水墨画       イ)装飾画       ウ)錦絵



こたえ (1)義満:ア、義政:イ(2)金閣:ア、銀閣:イ(3)ウ(4)ア


4.つぎの文の下線部の間違いを直そう。

(1) 観阿弥・世阿弥の父子は、狂言を完成させました。(  )

(2) 絵入りのものがたりである風土記が民衆に喜ばれました。(  )

(3) 銀閣は、寝殿造の代表的な建物です。(  )

(4)上杉氏がつくった足利学校では、陽明学が学ぶ人々が集まりました。(  )

(5)俳句の上の句と下の句を別の人がよむ連歌が行われました。 (  )


こたえ (1)能(2)お伽草子(3)書院造(4)儒学 (5)和歌



スポンサードリンク
教科書ワーク 歴史



posted by あまがえる at 18:00Comment(0)歴史

近代革命の時代 練習問題

歴史の、近代革命の時代についてもう一度練習しましょう。


1.適当な言葉を選ぶか、(  )に入れよう。

(1)17世紀末イギリスでは、国王を追放、(立憲君主 奴隷)制を定め  議会政治の基礎ができ、ヨーロッパ最強の国となりました。

(2)1776年、北アメリカに移住したイギリス植民地の人々は、社会契約説を信じ、(  )宣言を発表し、(独立 南北)戦争に勝ちました。そして人民主権、連邦制、(  )を柱とする合衆国憲法を定めました。

(3)フランスでは国王が絶対的な力をもつ(  )王政でしたが、貴族、農民の不満から1789年、(  )革命が起こり、自由、平等、人民主権などからなる人権宣言が発表されました。

(4)やがて、長い戦争ののち軍人の(  )がフランスの政権につき、ヨーロッパの大部分を征服しました。


答え ①立憲君主  独立   独立   三権分立  絶対   フランス  ナポレオン


2.適当な言葉を選ぶか、(  )に入れよう。

(1)17世紀末のイギリスでは、国王を追放して立憲君主制を定め、(  )政治の基礎ができ、ヨーロッパ最強の国となりました。

(2)(  )年、北アメリカに移住したイギリス植民地の人々は、(地動 社会契約)説を信じ、独立宣言を発表、独立戦争に勝ちました。そして人民主権、連邦制、三権分立を柱とする合衆国憲法を定めました。

(3)フランスでは(  )が絶対的な力をもつ絶対王制でしたが、貴族・農民の不満から(  )年、フランス革命が起こり、自由、平等、人民主権などからなる(  )宣言が発表されました。

(4)やがて、長い戦争ののち軍人の(  )がフランスの政権につき、ヨーロッパの大部分を征服しました。


答え ①議会  1776  社会契約 国王 1789 人権   ナポレオン


3.すぐ下から適当な言葉を選んで入れるか、問いに答えよう。

・17世紀末から18世紀のヨーロッパの各国で革命が起こりました。まずイギリスでは国王が追放され、①議会が成立し強国となりました。アメリカはイギリスから②独立し、憲法を制定しました。フランスは、③国王を追放する革命が起こりました。

(1)①の憲法と議会を中心にした政治制度を何といいますか。 

    絶対王政  立憲君主制  帝政 

(2)②の独立の際に出された宣言を何といいますか。  

    人権宣言  独立宣言  水平社宣言

(3)②の独立の際に出された宣言のもとになる思想は何ですか。

    社会契約説 地動説 尊王攘夷論

(4)②の独立の際に起きた戦争を何といいますか。   

    独立戦争  アヘン戦争  第1次世界大戦

(5)③の革命を何といいますか。          

    清教徒革命  産業革命  フランス革命

(6)③の革命後に発表された宣言を何といいますか。  

    人権宣言  独立宣言  ポツダム宣言 

(7)③の後にヨーロッパを征服し、フランス皇帝となった人物は?

    ナポレオン ルイ14世 リンカーン


答え(1)立憲君主制 (2)独立宣言 (3)社会契約説 (4)独立戦争 (5)フランス革命 (6)人権宣言 (7)ナポレオン


4.つぎの文は、ある宣言の一部分です。あとの問いに答えよう。

・人は生まれながら(①)で(②)な権利を持つ。社会的な区別はただ、公共の利益に関係のある場合にしか設けてはならない。


(1)上は何という宣言ですか。


(2)(①)と(②)に適当な語句を入れよう。


(3)この宣言が出されたヨーロッパの国はどこですか。


(4)この宣言が出される前の、この国の政治の状況は、次のどれに近いですか。

 ア)国民の意志に反した王政に対して革命が起こり、立憲君主制となっていました。

 イ)北アメリカに移住してできた植民地で、本国からの新しい税と弾圧に苦しんでいました。

 ウ)官僚制と常備軍をもとに国王が絶対的な権力をもつ絶対王政でした。


(5)この宣言にうたわれた内容として、もっともふさわしいものを選ぼう。

   ア)人民主権、連邦制、三権分立   

   イ)自由、平等、人民主権、私有財産の不可侵

   ウ)国民主権、基本的人権の尊重、平和主義


答え(1)人権宣言 (2)自由・平等 (3)フランス (4)ウ (5)イ  



posted by あまがえる at 20:00Comment(0)歴史

第一次世界大戦の時代

第一次世界大戦のころの世界についてまとめた問題です。


問1.次の問いに答えよう。

(1)第一次世界大戦のきっかけとなった、オーストリア皇太子夫妻が殺害された事件が起こった都市を下の①〜 ④から選ぼう。

    ① ロンドン   ② サラエボ  ③ バクダッド  ④ パリ 

    

(2)1918年 富山県で始まった米の安売りを求める運動が、全国に広がったできごとを何といいますか。


(3)民族自決の考えに立ち、非暴力・不服従を唱え、完全な自治を求める運動を行ったインドの人物はだれですか。


(4)世界恐慌から太平洋戦争が起こるまでの間に起こったできごとでないものを選ぼう。

 ア)日独伊三国同盟を結ぶ  

  イ)国際連盟を脱退する 

  ウ)サンフランシスコ平和条約を結ぶ


(5)第一次世界大戦時には日本と同盟を結び、第二次世界大戦では対戦国となった国を選ぼう。

 ア)ドイツ   イ)イタリア   ウ)イギリス

(6)韓国の植民地化の当時、実際に韓国で行われたことを選ぼう。

  ア)韓国人に、朝鮮語を教えることを禁止し、日本史や日本語を教えた。

  イ)朝鮮農民の土地がうばわれ、小作人になったり、日本への移住を余儀なくされた。

  ウ)鉄道が敷かれ、南満州鉄道株式会社と呼ばれた。


答え(1) ② (2)米騒動 (3)ガンディー (4)ウ (5)ウ  (6)ア





posted by あまがえる at 18:00Comment(0)歴史

モンゴルの襲来と日本 練習問題

鎌倉時代にモンゴルが日本を襲来しました。その練習問題です。


1.下から言葉を選んで(  )に入れよう。

(1)13世紀はじめ、チンギス・ハンとその子孫は、( ① )帝国を築き、5代目のフビライ・ハンは、宋を滅ぼし、首都を大都とする( ② )の国をつくりました。


(2)フビライは、1274年の( ➂ )の役、1281年の( ④ )の役の2度、日本を攻めました。この襲来を( ⑥ )といいます。


(3)幕府を支えていた御家人は生活が苦しくなったため、幕府は、売った土地をとりもどす( ⑦ )を出しましたが効果はありませんでした。


(4)1333年、幕府の政治に不満をもった( ⑧ )天皇、後に室町幕府をつくる足利尊氏、楠木正成は鎌倉幕府を滅ぼしました。


選択肢 モンゴル  元   文永   弘安  元寇   徳政令  後醍醐



答え ①モンゴル ②元 ➂文永 ④弘安 ⑤元寇 ⑥徳政令 ⑦後醍醐



2.(  )に下から選んで適当な言葉を入れよう。

(1)13世紀はじめ、( ① )とその子孫は、モンゴル帝国を築き、5代目の( ② )は、( ➂ )を滅ぼし、首都を大都とする元の国をつくりました。


(2)フビライは、( ④ )年の文永の役、( ⑤ )年の弘安の役の2度、日本を攻めました。この襲来を元寇といいます。


(3)幕府を支えていた( ⑥ )は生活が苦しくなったため、幕府は、売った土地をとりもどす徳政令を出しましたが効果はありませんでした。


(4)1333年、幕府の政治に不満をもった後醍醐天皇、後に室町幕府をつくる( ⑦  )、楠木正成は、鎌倉幕府を滅ぼしました。


選択肢: チンギス・ハン  フビライ・ハン  宋  1274  1281  御家人  足利尊氏



答え:①チンギス・ハン ②フビライ・ハン ➂宋 ④1274 ⑤1281 ⑥御家人 ⑦足利尊氏


3.(  )に下から選んで適当な言葉を入れるか、問いに答えよう。

・13世紀のはじめ、チンギス・ハンはモンゴル帝国を築き、5代目のフビライは、さらに強大な国である( ① )を作りました。 ①は日本を2度攻めましたが、幕府は御家人を動員してくい止めました。

(1) ① にあてはまる国を選ぼう。  (  ) 

    ア)宋   イ)秦   ウ)明  


(2)下線部の2度の戦いはいつおこり、それぞれ何といいますか。(  )(  )

    ア)1221年 承久の乱   

    イ)1274年 文永の役   

    ウ)1281年 弘安の役


(3)(2)のことをまとめて何といいますか。(  )

    ア)元寇  イ)倭寇  ウ)日中戦争


(4)フビライに20年近く仕え、日本をジパングと紹介した本を書いたイタリア人はだれ?(  ) 

    ア)フランシスコ・ザビエル     

    イ)マルコ・ポーロ    

    ウ)コロンブス


(5) ①の兵士が用いた兵器・戦法をふたつ選ぼう。(  ) 

    ア)集団戦法     イ)火器    ウ)ミサイル 



答え(1)ア (2)イとウ (3)ア (4)イ (5)アとイ


4.つぎの問いに答えよう。

・幕府を支えた御家人は生活に困り、領地を売る者もあらわれました。幕府はそれを救うため、( ①)を行いましたが、効果がなく不満が強まりました。こうした不満をもった天皇や、御家人、武士により鎌倉幕府は滅びました。

(1) ① にあてはまることばを入れよう。  (  ) 

(2)鎌倉幕府が滅んだのはいつですか。(  )

(3)(2)の滅亡の戦いに参加し、のちに室町幕府を開く有力御家人はだれですか。(  )



答え (1)徳政令 (2)1333年 (3)足利尊氏
スポンサードリンク中学 歴史を ひとつひとつわかりやすく。


posted by あまがえる at 19:00Comment(0)歴史

江戸時代の政治改革と飢饉

学年末テストや入試に向けて復習です。今日は江戸時代の政治改革と飢饉についてです。


江戸時代には三大飢饉(ききん)といわれる大きな飢饉が起こっています。

享保の飢饉(1732

天明の飢饉(1783

天保の飢饉(1832

です。100年間の間にほぼ50年ごとに大飢饉があったことになります。このほかにも飢饉はありました。このうち天明の飢饉1783年の浅間山の噴火による気候の不順により、作物が被害を受けた大飢饉だったといわれています。飢饉はこの年から4年ほど続いたといわれています。


このうち二つの元号は皆さんもよくご存知の元号ですね。「享保の改革と天保の改革だね。」そうです。それぞれ徳川吉宗と水野忠邦による改革です。

享保の改革1716年~1745年の間

田沼の政治1772年~1786年の間

寛政の改革1787年~1793年の間

天保の改革1841年~1843年の間

です。各々の大飢饉はまさにこの改革のさなかに起ったことになります。


享保の改革の時には、それまで米のでき不出来によって年貢を決めていたのですが、過去の年貢の率を平均して課税するようになり、幕府の財政の安定をねらいました。


しかし、この結果4公6民だった租率が、5公5民担ったことから百姓の不満が高まり一揆が頻発しました。これに大飢饉が起ったのですからたまりません。一揆、打ちこわしが激化しました。ちなみに「公」は藩や幕府に納める分、「民」は農民に残る分です。


続いて田沼の政治のときには天明の飢饉が起こり、同じように一揆、打ちこわしが激化しました。そして田沼意次は失脚します。


寛政の改革ではこの飢饉からの復興を図ろうとします。飢饉に備えて囲米の制をつくります。農民の出稼ぎを禁止し村に返す政策も実行します。しかしこれらも一時的な復興に過ぎませんでした。本百姓は水のみ百姓へ、小作の貧農と富農地主に分かれる結果となります。


天保の改革でも、人返しの法といって都市への出稼ぎを禁止します。このことから水野忠邦は享保、寛政の改革を模範としようとしたことがわかります。農村の人口を維持しようという意図があったのです。しかしこの改革も失敗してしまいます。厳しすぎたことが原因とされています。



posted by あまがえる at 19:00Comment(0)歴史