飛鳥・天平文化の練習問題

飛鳥文化・天平文化に関する練習問題です。やさしく作りました。レベルを上げたい人は選択肢なしでやってみましょう。


.下から言葉を選んで(   )に入れよう。

・6世紀半ばに(  )が伝わりました。(  )や蘇我氏は仏教を広め、仏教をもとにした文化である、飛鳥 文化が栄えました。奈良に聖徳太子が建てた(  )が代表です。


・奈良時代になると、(  )を中国に送りました。唐の制度や文化を取り入れたこの文化を(  )といい、 聖武天皇の時代に栄えました 。この天皇は、仏教の力で国を守ろうと、国ごとに国分寺、国分尼寺を、都に

 (  )を建て大仏をおさめました。


・神話や伝承、記録をまとめた、「  」、「  」、「風土記」や、和歌をまとめた「万葉集」がつくら れ、天皇、貴族、農民のうたがおさめられています。 


*********************************

選択肢:  仏教  聖徳太子  法隆寺  遣唐使   天平文化   東大寺   古事記  日本書紀  

*********************************


答え ① 仏教 ②聖徳太子 ➂法隆寺 ④遣唐使 ⑤天平文化 ⑥東大寺   ⑦古事記 ⑧日本書紀


.(   )に下から選んで適当な言葉を入れよう。

・(  )半ばに仏教が伝わりました。聖徳太子や蘇我氏は仏教を広め、仏教をもとにした文化である、(  ) 文化が栄えました。奈良の法隆寺が代表です。


・奈良時代になると、(  )を中国に送りました。(  )の制度や文化を取り入れたこの文化を(  ) といい、 (  )天皇の時代に栄えました 。この天皇は、仏教の力で国を守ろうと、国ごとに(  )寺、 国分尼寺を、都に東大寺を建て(  )をおさめました。


・神話や伝承、記録をまとめた、「古事記」、「  」、「風土記」や、和歌をまとめた「  」がつくられ、天皇、貴族、農民のうたがおさめられています。 


*********************************

選択肢:6世紀  飛鳥  遣唐使   唐   天平  聖武   国分  大仏   日本書紀   万葉集

*********************************


答え ①6世紀 ②飛鳥 ➂遣唐使 ④唐 ⑤天平 ⑥聖武 ⑦国分 ⑧大仏 ⑨日本書紀 ⑩万葉集


.(   )に下から選んで適当な言葉を入れるか、問いに答えよう。

・仏教は6世紀半ばに( ア )から日本に伝えられたといわれています。聖徳太子を中心に①仏教をもとにした文化が栄えました。


奈良時代になると( イ )天皇は仏教の力で国を守ろうと、②国々に寺を建て、③大仏を作りました。この時代には④唐の文化の影響を受けた文化が栄えました。


(1)( ア )はどの国ですか。(   ) 

     唐  百済  ペルシャ

(2)( イ )の天皇はだれですか。(   )天皇            

     聖武  推古  桓武  

(3)下線①の文化は何とよばれますか。 (   )文化 

     天平  平安  飛鳥

(4)下線② の寺でないのはどれですか。(   )寺  

     国分尼寺  国分寺   延暦寺

(5)③の大仏がおさめられた寺の名前は? (   )

(6)④の文化を何といいましたか。(   )(   ) 

(7)(2)の天皇の持ち物をおさめた現存する倉を何といいますか。(   )    正倉院  平等院  荘園

(8)つぎのものを天平文化、飛鳥文化にそれぞれ分類しよう。

    飛鳥文化:(      )  天平文化:(      )    

    ア)奈良の大仏  イ)法隆寺の釈迦三尊   ウ)正倉院


答え(1)百済 (2)聖武 (3)飛鳥 (4)延暦寺 (5)東大寺 (6)天平文化 (7)正倉院 (8)飛鳥文化:イ、天平文化:ア、ウ


.つぎの問いに答えよう。

・奈良時代になると、天皇が国を治めるいわれを確かめるため、 ①神話や伝承、記録をまとめたものが作られました。 一方で、 ②天皇、貴族、農民の和歌をまとめたものがつくられました。 

(1)この時代の、①神話や伝承、記録をまとめたものでないものはどれですか。(   )

   ア)古事記   イ)日本書紀   ウ)風土記   エ)太平記

(2) ②天皇、貴族、農民の和歌をまとめたもの、は何すか。(  )


答え(1)エ (2)万葉集<br/>PR<br/><a target="_blank"  href="https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&index=aps&keywords=%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%80%E6%AD%B4%E5%8F%B2&linkCode=ur2&tag=amagaeru01-22">教科書トレーニング 歴史</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=amagaeru01-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />



posted by あまがえる at 19:00Comment(0)歴史

こうして覚えよう鎌倉仏教

寒い日が続いていますね。試験準備はどうですか。


鎌倉時代には多くの僧が独自の研究にもとづいた仏教を日本で広めました。それらの中心となった人物6名をあげると①(法然、親鸞、一遍)、日蓮、②(栄西、道元)です。


この6人、それぞれ(浄土宗、浄土真宗、時宗)、日蓮宗、(臨済宗、曹洞宗)を広めました。


「なんで( )がついてるの?」あっそうでした。この( )はグループを表しています。

それぞれに関連があります。


①法然(浄土宗)と親鸞(浄土真宗)…法然は皆さんと同じ13歳で天台宗を学びました。その後「南無阿弥陀仏」と「念仏」を唱えると極楽浄土にいけるとの悟りに達し、比叡山をあとにしました。


そして、その民衆に説いてまわる分かりやすさが受け入れられました。親鸞は法然の弟子になります。


親鸞は藤原氏の家に生まれ9歳で比叡山に登り学び、29歳で法然の弟子になりました。法然同様島流しに処せられるなど苦労を味わいますが、罪深い罪人こそが阿弥陀仏の救済の対象となるとしました。自ら農民のなかに入っていって教えを説き受け入れられました。


一遍は幼くして出家し大宰府の地で法然の教えを学びました。彼は各地で「踊念仏」といって「南無阿弥陀仏、決定(けっじょう)往生六十万人」という名号(みょうごう)を唱えながら踊り人気を得ていました。


三者の違いは、法然が「念仏を唱える努力で阿弥陀仏が救う」。親鸞が「阿弥陀仏の救いを信じる心が起こると救いが決定する」。一遍が「名号を唱えれば救われる」と三者に違いがあります。より易行(えきぎょう)、「他力(たりき)」の教えになっていきます。


② 栄西(臨済宗)、道元(曹洞宗)…いずれも禅宗の僧です。座禅により悟りに達しようとする「自力」の教えです。


禅自体は奈良時代から日本にあったのですが栄西(もとは神主の子)が宋より日本に紹介してリバイバルすることになります。


彼は比叡山で学んだあと、座禅を組み悟りに達するという彼自身が実践した方法が武士に受け入れられました。北条政子も彼の教えに帰依(きえ)したといわれます。


道元は内大臣の子で幼くして両親を亡くし比叡山で出家します。天台宗に疑問を持ち山を下り、栄西の弟子に学びました。


ただひたすら座禅に打ち込む只管打座(しかんだざ)で悟りが開けるという教えです。とっても厳しいものでしたが、弟子が易しく説いた教えのおかげで民衆に広まりました。


①や②と一線を画すのが日蓮でその教えを日蓮宗といいます。法然の念仏に対し、日蓮は「南無妙法蓮華経」という「題目」を唱えると仏になれるという教えです。


彼も12歳で天台宗を学び法華経こそ優れていると確信して日蓮宗を開きました。他宗派を激しく攻撃し、幕府からも迫害を受け島流しにあいました。


たくさん人物が出てきましたね。鎌倉仏教の覚え方は、上のように( )で結んだ上に「臨ざい宗の栄さい、曹とう宗のどう元」とすると覚えやすいです。あとは法然と親鸞が師弟関係であることでつなげて「しん鸞の浄土しん宗」と覚えます。


posted by あまがえる at 19:00Comment(0)歴史

近代革命の時代 練習問題

歴史の、近代革命の時代についてもう一度練習しましょう。


1.適当な言葉を選ぶか、(  )に入れよう。

(1)17世紀末イギリスでは、国王を追放、(立憲君主 奴隷)制を定め  議会政治の基礎ができ、ヨーロッパ最強の国となりました。

(2)1776年、北アメリカに移住したイギリス植民地の人々は、社会契約説を信じ、(  )宣言を発表し、(独立 南北)戦争に勝ちました。そして人民主権、連邦制、(  )を柱とする合衆国憲法を定めました。

(3)フランスでは国王が絶対的な力をもつ(  )王政でしたが、貴族、農民の不満から1789年、(  )革命が起こり、自由、平等、人民主権などからなる人権宣言が発表されました。

(4)やがて、長い戦争ののち軍人の(  )がフランスの政権につき、ヨーロッパの大部分を征服しました。


答え ①立憲君主  独立   独立   三権分立  絶対   フランス  ナポレオン


2.適当な言葉を選ぶか、(  )に入れよう。

(1)17世紀末のイギリスでは、国王を追放して立憲君主制を定め、(  )政治の基礎ができ、ヨーロッパ最強の国となりました。

(2)(  )年、北アメリカに移住したイギリス植民地の人々は、(地動 社会契約)説を信じ、独立宣言を発表、独立戦争に勝ちました。そして人民主権、連邦制、三権分立を柱とする合衆国憲法を定めました。

(3)フランスでは(  )が絶対的な力をもつ絶対王制でしたが、貴族・農民の不満から(  )年、フランス革命が起こり、自由、平等、人民主権などからなる(  )宣言が発表されました。

(4)やがて、長い戦争ののち軍人の(  )がフランスの政権につき、ヨーロッパの大部分を征服しました。


答え ①議会  1776  社会契約 国王 1789 人権   ナポレオン


3.すぐ下から適当な言葉を選んで入れるか、問いに答えよう。

・17世紀末から18世紀のヨーロッパの各国で革命が起こりました。まずイギリスでは国王が追放され、①議会が成立し強国となりました。アメリカはイギリスから②独立し、憲法を制定しました。フランスは、③国王を追放する革命が起こりました。

(1)①の憲法と議会を中心にした政治制度を何といいますか。 

    絶対王政  立憲君主制  帝政 

(2)②の独立の際に出された宣言を何といいますか。  

    人権宣言  独立宣言  水平社宣言

(3)②の独立の際に出された宣言のもとになる思想は何ですか。

    社会契約説 地動説 尊王攘夷論

(4)②の独立の際に起きた戦争を何といいますか。   

    独立戦争  アヘン戦争  第1次世界大戦

(5)③の革命を何といいますか。          

    清教徒革命  産業革命  フランス革命

(6)③の革命後に発表された宣言を何といいますか。  

    人権宣言  独立宣言  ポツダム宣言 

(7)③の後にヨーロッパを征服し、フランス皇帝となった人物は?

    ナポレオン ルイ14世 リンカーン


答え(1)立憲君主制 (2)独立宣言 (3)社会契約説 (4)独立戦争 (5)フランス革命 (6)人権宣言 (7)ナポレオン


4.つぎの文は、ある宣言の一部分です。あとの問いに答えよう。

・人は生まれながら(①)で(②)な権利を持つ。社会的な区別はただ、公共の利益に関係のある場合にしか設けてはならない。


(1)上は何という宣言ですか。


(2)(①)と(②)に適当な語句を入れよう。


(3)この宣言が出されたヨーロッパの国はどこですか。


(4)この宣言が出される前の、この国の政治の状況は、次のどれに近いですか。

 ア)国民の意志に反した王政に対して革命が起こり、立憲君主制となっていました。

 イ)北アメリカに移住してできた植民地で、本国からの新しい税と弾圧に苦しんでいました。

 ウ)官僚制と常備軍をもとに国王が絶対的な権力をもつ絶対王政でした。


(5)この宣言にうたわれた内容として、もっともふさわしいものを選ぼう。

   ア)人民主権、連邦制、三権分立   

   イ)自由、平等、人民主権、私有財産の不可侵

   ウ)国民主権、基本的人権の尊重、平和主義


答え(1)人権宣言 (2)自由・平等 (3)フランス (4)ウ (5)イ  



PR
過去10年間の過去問題集 高校入試 虎の巻
posted by あまがえる at 20:00Comment(0)歴史

武家政権の成立 

武家による鎌倉幕府の成立に関する問題です。

1.下から言葉を選んで(  )に入れよう。
(1)平清盛は、武士ではじめて( ① )大臣となりました。( ② )の港を整備し中国と貿易しました。貴族や寺社は平氏の政治に不満をもち、源頼朝が、( ➂ )とともに平家を滅ぼしました。

(2)その後、頼朝は義経と対立し、それを口実に国ごとに( ④ )、荘園・公領ごとに( ⑤ )を置き、義経は逃れていた奥州の( ⑥ )氏とともに滅ばされました。

(3)1192年、頼朝は,征夷大将軍に任じられ、鎌倉に( ⑦ )幕府を開きました。将軍は部下の( ⑧ )の領地を保護しました。これを(  ⑨ )といいます。一方、御家人は将軍に忠誠をちかい、( ⑩ )しました。

(4)頼朝の死後、御家人の( ⑪ )は将軍の力をうばい、自ら( ⑫ )の地位につき、政治を行いました。
   1221年、( ⑬ )上皇が起こした承久の乱ののち、幕府は京都に( ⑭ )が置かれ朝廷は監視されました。
  
選択肢: 太政 兵庫 源義経 守護 地頭 藤原 鎌倉 御家人 ご恩   奉公 北条時政 執権 後鳥羽 六波羅探題
 
答え:①太政 ②兵庫 ➂源義経 ④守護 ⑤地頭 ⑥藤原 ⑦鎌倉 ⑧御家人 ⑨ご恩 ⑩奉公 ⑪北条時政 ⑫執権 ⑬後鳥羽 ⑭六波羅探題

2.(  )に下から選んで適当な言葉を入れよう。
(1)保元・平治の乱に勝った平清盛は、のちに太政大臣となりました。兵庫の港を整備し中国と貿易しました。貴族や寺社は平氏の政治に不満をもち、( ① )が、源義経とともに平家を滅ぼしました。

(2)源頼朝は、義経と対立し、それを口実に国ごとに守護、荘園・公領ごとに地頭を置き、義経は逃れていた( ② )の藤原氏とともに滅ばされました。

(3)年、頼朝は,征夷大将軍に任じられ、( ➂ )に鎌倉幕府を開きました。将軍は部下の御家人の領地を保護しました。これをご恩といいます。一方、御家人は将軍に忠誠をちかい、奉公しました。

(4)頼朝の死後、御家人の北条時政は将軍の力をうばい、自ら執権の地位につき、政治を行いました。( ④ )年、後鳥羽上皇が起こした、( ⑤  )の乱ののち、幕府は京都に六波羅探題が置かれ( ⑥ )は監視されました。

選択肢: 源頼朝 奥州 1192 鎌倉  1121 承久 朝廷

答え: ①源頼朝 ②奥州 ➂1192 ④鎌倉 ⑤1121 ⑥承久 ⑦朝廷 

3.(  )に下から選んで適当な言葉を入れるか、問いに答えよう。
・ 平清盛らの平氏一族が政権につき、荘園を自らのものにしたところ、貴族や寺社の不満が増し各地の武士が兵を上げました。なかでも東国を支配していた(  ① )は弟の義経とともに、平氏を滅ぼしました。

(1)①に入れる適当なことばを選ぼう。 
   源義家 源頼朝 平清盛 藤原純友

(2)文中、伊豆の①とはべつに、木曽でそれぞれ反乱を起こした人物はだれですか。記号で選ぼう。
    ア)平将門  イ)平清盛  ウ)源義仲  エ)藤原純友

(3)下線部、平氏が滅んだのはどこですか。(  )   
    壇ノ浦  奥州  本能寺

(4)平清盛は関西のあるところに、港をつくり、中国と貿易をしました。どこでしょう。(  )
    ア)下田  イ)兵庫  ウ)博多  エ)長崎  
 
(5)義経は兄の頼朝と対立し、ある豪族のもとに逃れました。その豪族とはだれですか。またその豪族の本拠地はどこですか。
    豪族名:(  )  ア)藤原氏  イ)北条氏  ウ)足利氏  
    本拠地:(  )  ア)大阪   イ)平泉   ウ)鎌倉

答え(1)源頼朝(2)ウ (3)壇ノ浦 (4)イ (5)豪族:ア、本拠地:イ

4.つぎの問いに答えよう。
・征夷大将軍についた源頼朝は、(①)幕府を開き、②御家人に領地を与え保護しました。御家人は将軍に忠誠をちかいました。頼朝の死後(  )氏が実権を握りました。反乱を起こした後鳥羽上皇を抑え、朝廷を監視しました。

(1)①にあてはまる字句と、幕府が開かれた年号をあげよう。 
    ①(  )、年号

(2)下線部②をそれぞれ、何というか。(  )と(  ) 
 
(3)頼朝が国ごとにおいたもの、荘園・公領ごとにおいたものをそれぞれ何というか。(  )、(  )

(4)2行目下線部の反乱を何といいますか。(  )

答え(1)鎌倉幕府、1192 (2)御恩、奉公 (3)守護、地頭 (4)承久の乱

PR
中学総合的研究問題集 社会 改訂版
posted by あまがえる at 21:00Comment(0)歴史

最澄と空海 覚え方

平安時代の最澄と空海、このふたりの僧について混乱しやすいのでまとめました。少し難しめ(一部高校レベルを含みますので、そこは適宜省いてください)。


まずは最澄(伝教大師767-822)から

近江の国の生まれ

804年 唐に渡る 

805年 法華経中心の天台の教えを受け帰国 

比叡山延暦寺の建立・・・山岳仏教の開始  天台宗(台密) 

大乗戒壇の設置*(死後)・・・南都六宗から独立、日本仏教の中心に 

                   →それまで東大寺戒壇 

主著「顕戒論(けんかいろん)」「山家学生式(さんげがくしょうしき)」

特徴・・・中国天台に密教・禅・戒の要素を加えた日本独自のもの。

      法華経を最高権威とする。

後継者・・・円仁(えんにん):山門派(延暦寺)

       円珍(えんちん):寺門派(園城寺) 

      両者は対立し、この頃から密教の要素が加わる。


*)仏門に入る人はそれまで東大寺で仏の定めた戒律(守るべき定め)を受け(受戒)ていました。ここで鑑真(688?-763)から受戒を受けていました。聖武天皇も受戒を受けたとされています。


こうして出家して僧になろうとする人は、仏教の戒めや定めを学び、受戒を受けてお墨付きをもらわないといけなかったのです。


ところが最澄は独自の戒壇を設けることを主張し、やっと死後に認められました。浄土教の源信や鎌倉の新仏教の開祖たちもここで学びました。当然それまでの奈良を中心にした南都六宗の宗派からは反対されました。


そして空海(弘法大師、こうぼうだいし774-835

讃岐の国の生まれ

804年 唐に渡る 

806年 密教の奥義を究め帰国 

高野山金剛峯寺の建立・・・密教の中心  真言宗(東密)

東寺(教王護国寺)を嵯峨天皇から賜る

主著「三教指帰(さんごうしいき)」

特徴・・・秘密の呪法によって悟りを開くという密教。加持祈祷(かじきとう)で災いをさけ、現身のままで即身成仏(そくしんじょうぶつ)できると説く。→現世利益(げんぜりやく)の立場から、貴族たちの信仰を集める。


このふたりは遣唐使として同じ船に乗り唐に渡りました。最澄が37歳のときです。最澄のほうが7つ年上でした。のちに帰国後ふたりはそれぞれ密教の二大中心地を築いていきます。


真言宗のほうは真言密教として宮中などでも広く教えが広まり、国家密教としての地位が定まりました。また空海は身分に関係なく学ぶことのできた綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)という学校を設立しました。


このふたり、遣唐使として乗った船も一緒ということからして志は似ていたわけで、ふたりの仲はどうだったのでしょう。興味深いですよね。さまざまネットや本にあるようですから夏休みの今、しらべてみてはどうですか。




posted by あまがえる at 21:00Comment(0)歴史