室町幕府と経済の発展 

室町時代の経済の様子に関する練習問題です。

1.下から言葉を選んで(  )に入れよう。
(1)足利尊氏は( ① )幕府を開き、守護大名の中から将軍の補佐役として( ② )が置かれました。鎌倉には( ➂ )が置かれ、関東地方を支配しました。

(2)貿易品として日本からは刀や銅、まき絵が輸出され、明から銅銭、生糸などが輸入されました。16世紀には( ④ )が国内で栽培されました。手工業では京都の( ⑤ )、博多の( ⑥ )など特産物の生産が進みました

(3)商業では、取引に宋銭や( ⑦ )が使われ、交通の要地には、物資の運送を行う( ⑧ )や問が活動しました。京都では( ⑨ )や酒屋と呼ばれる富豪が、金融業を行いました。商工業者は、同業者の( ⑩ )をつくり、営業を独占しました。
  
選択肢:室町 管領 鎌倉府 綿 西陣織 絹織物 明銭 馬借 土倉 座

答え:①室町 ②管領 ➂鎌倉府 ④綿 ⑤西陣織 ⑥絹織物 ⑦明銭 ⑧馬借 ⑨土倉 ⑩座

2.(  )に下から選んで適当な言葉を入れよう。
(1)( ① )は室町幕府を開き、( ② )の中から将軍の補佐役として管領が置かれました。鎌倉には鎌倉府が置かれ、関東地方を支配しました。

(2)貿易品として刀や銅、まき絵が輸出され、明から銅銭、( ➂ )などが輸入されました。16世紀には( ④ )が国内で栽培されました。手工業では( ⑤ )の西陣織、博多の絹織物など特産物の生産が進みました。

(3)商業では、宋銭や明銭が使われ、交通の要地には、物資の運送を行う馬借や( ⑥ )が活動しました。京都で土倉や( ⑦ )が、金融業を行いました。商工業者は、同業者の( ⑧ )をつくり、営業を独占しました。

選択肢:足利尊氏 守護大名 生糸 綿 京都 問 酒屋 座

答え:①足利尊氏 ②守護大名 ➂生糸 ④綿 ⑤京都 ⑥問 ⑦酒屋 ⑧座
3.次の問いに答えよう。
・室町時代は各産業が盛んになりました。手工業が発達し、各地で特産品が生まれました。交通の要所には運送業や、 倉庫業を営まれました。商工業者は団体をつくり、同業者ごとに営業を独占する権利が認められました。
(1)手工業の特産品として博多で盛んに作られたものは何?   綿織物  絹織物  竹製品
(2)交通の要所で運送業や倉庫業を行うものを何といいましたか。   馬借   座   防人
(3)商工業者の団体を何といいましたか。   座   札差   勘合
(4)室町時代の産業について正しいものを1つ選ぼう。
  ア)麻や桑、藍、茶とともに綿の栽培が始まりました。
  イ)商人や手工業者は、土倉と呼ばれる同業者の団体をつくり、営業を独占しました。
  ウ)市が各地にひろがり、その取引は、和同開珎のみが使われ、明銭などは使われませんでした。
(5)幕府に保護されていた京都の富豪が行う金融業を何と呼ばれていましたか。(  )
  ア)土倉      イ)札差      ウ)町衆
(6)京都に起こった織物を選ぼう。(  )
  ア)西陣織     イ)博多織     ウ)蝦夷錦

答え(1)絹織物 (2)馬借 (3)座 (4)イ (5)イ (6)ア
posted by あまがえる at 19:00Comment(0)歴史

天平文化の特徴

天平文化の特徴


奈良時代の文化は天平文化で代表されます。文化の中心となった聖武天皇の時代は「天平」という年号が使われたからです。この文化は中国のの影響を強く受けています。当時は、唐の進んだ政治の制度と仏教の教えを学ぼうと、遣唐使が何度も使わされました。阿部仲麻呂などは優れた役人として取り入れられ唐で高い地位に就きました。


その結果、中国から持ち帰った学問や政治制度、文物が日本に入り、その文化の影響を受けることになりました。もちろん都の平城京自体も唐の都の長安をモデルにしましたし、「」(刑罰の決まり)と「」(政治の決まり)なども唐から取り入れたものです。


こうして持ち込まれた文物の中にははるか西アジアのペルシャやインドからシルクロードなどを経て、伝わったと考えられるものもあります。聖武天皇の持ち物として、東大寺正倉院にに残されているものはその代表的なものです。


すでにペルシャやインドには、その現品がないものすら正倉院には残っています。したがってその多くは国宝に指定されています。また樹下美人図などの絵画は、正倉院の宝物のなかの鳥毛立女(とりげりつじょ)屏風は、中央アジアのシルクロード沿いの地域で描かれたものとよく似た構図や図柄のものが現存しています。これは明らかにこの地方の文化の伝来を物語っています。


聖武天皇とその妃の光明皇后は、当時の災害や伝染病からの不安を払しょくするために仏教の力に頼ろうとしました。


(1)国分寺、国分尼寺の建設

(2)平城京にはその中心地としての東大寺と大仏の建立(こんりゅう)

(3)仏教や僧侶の保護(税や刑罰の免除)


これらを通じて国を安泰にしようと考えました。僧侶の鑑真は苦労の末、中国より仏教の教えを広めるため日本に渡りました。当時の日本の仏教の中心地は上の(2)にあるように東大寺でした。


そこで、僧侶としてのお墨付きをもらう戒壇が置かれ、鑑真はその「戒」を授ける役目を受け持ちました。つまり、鑑真は日本の僧侶たちに大事な戒律のあり方を教える役割を担いました。


行基は一般の人々に仏教を伝える一方で、橋や水路を引くなどの指導もおこないました。


天皇の系統を示す目的で「古事記」「日本書紀」が編纂されました。また「風土記」には日本各地の産物や自然、伝承などが書かれています。「万葉集」はこの時代の農民から貴族、天皇がそれぞれ読んだ和歌が4500首ほど収められています。万葉仮名という音に漢字をあてるようにして書かれています。



posted by あまがえる at 19:00Comment(0)歴史

大化の改新 練習問題

大化改新の練習問題です。やさしく作りました。


1.下の選択肢から言葉を選んで(   )に入れよう。

・中国では6世紀末に( ① )が帝国をつくり、7世紀初めには( ②  )が中国を統一しました。


・推古天皇の摂政となった、( ➂ )は、才能のある人物を役人に取り立てる( ④ )の制度や、( ⑤ )を定め、役人の心得を示しました。遣隋使として( ⑥ )らをつかわし、進んだ制度や文化を取り入れました。


・中大兄皇子は( ⑦ )年、中臣鎌足らとともに( ⑧ )氏を倒しました。豪族の支配していた土地を( ⑨ )とし、国家が支配し、政府の組織を整えました。これらを( ⑩ )と呼びます。


********************************* 

選択肢:  隋 唐  聖徳太子  冠位十二階  十七条の憲法  小野妹子 645 蘇我  公地・公民 大化の改新

*********************************


答え ①隋 ②唐  ➂聖徳太子  ④冠位十二階  ⑤十七条の憲法  ⑥小野妹子 ⑦645 ⑧蘇我  ⑨公地・公民 ⑩大化の改新


2.(   )に下から選んで適当な言葉を入れよう。

・中国では6世紀末には隋が帝国をつくり、7世紀初めには( ① )が中国を統一しました。


・推古天皇の摂政となった、聖徳太子は、才能のある人物を役人に取り立てる冠位十二階の制度や、

( ② )を定め、役人の心得を示しました。(    ➂ )として小野妹子らをつかわし、進んだ制度や文化を取り入れました。


・645年、( ④ )は、( ⑤ )らとともに蘇我氏を倒しました。豪族の支配していた土地を公地・公民とし、国家が支配し、政府の組織を整えました。これを( ⑥ )と呼びます。


*********************************  

選択肢: 唐  十七条の憲法  遣隋使  中大兄皇子  中臣鎌足   大化の改新

**********************************


答え ①唐  ②十七条の憲法  ➂遣隋使  ④中大兄皇子  ⑤中臣鎌足  ⑥大化の改新


3.(   )に下から選んで適当な言葉を入れるか、問いに答えよう。

・( ア )天皇の摂政となった聖徳太子は、中国や朝鮮の制度を学ぶため、小野妹子らを( イ )として

  隋につかわしました。そして、家柄にとらわれず(A)才能のある人物を役人に取り立てました。また、

 (B)天皇の命令に従うべきこと、役人の心構えなどを示しました。


(1)( ア )の天皇とは? (   ) 天武天皇   天智天皇   推古天皇 

(2)( イ )に適する言葉を入れよう。(   )  遣唐使  遣隋使   遣明船

(3)(A)才能のある人物を役人に取り立て・・・の制度を何といいますか。(    )

(4)(B)天皇の命令に従うべきこと、・・・のきまりを何といいますか。(    )  

(5)聖徳太子に協力し、天皇を中心とする政治制度の確立を行った人物は?(     )

    ア)蘇我馬子  イ)中臣鎌足  ウ)大友皇子

(6)仏教の教えを尊んだ聖徳太子が建て、まつられる奈良の寺を何といいますか。(    )


答え (1)推古天皇(2)遣隋使 (3)冠位十二階 (4)十七条の憲法 (5)ア (6)法隆寺


4.つぎの問いに答えよう。

・蘇我氏の独裁的な政治に不満をもつ中大兄皇子は、蘇我氏を倒し政治改革を進めました。そして、 (A)豪族の支 配していた土地を、国家の支配下におきました。この政治改革を( ア )といいます。


(1)中大兄皇子とともに蘇我氏を倒した人物は?また、西暦何年のことですか。人物:(    )、年号(   年)

(2)(A)豪族の支配していた土地を・・・。これを何といいますか。(    )

(3)中大兄皇子はこのあと天皇となりました。その名前は(    )

    ア)天智天皇   イ)推古天皇    ウ)持統天皇

(4)( ア )に適当な言葉を入れよう。(    )

(5)聖徳太子が遣わせた遣隋使につづき、唐に派遣された使いを何といいますか。(     )   

(6)以下の天皇のうち女帝でないのはだれですか。(     )  

    ア)天智天皇   イ)推古天皇    ウ)持統天皇 


答え (1)人物:中臣鎌足、年号:645年 (2)公地公民 (3)ア (4)大化の改新 (5)遣唐使 (6)ア

PR
期末テスト 歴史
posted by あまがえる at 20:00Comment(0)歴史

平安時代 用語練習問題

平安時代でよく使う用語のチェックです。

教科書によって用語は表現のしかたなどが異なりますからその点は注意して使ってください。

右側の用語の部分を紙で隠して、言えるか(書けるか)確認していくといいです。


)桓武天皇が京都に作った都      平安京

)平安京に都が移された年       794年

)平安京に都があった時代       平安時代

)最澄が建てた寺           延暦寺

)最澄が広めた仏教の宗派       天台宗


)天台宗を広めた僧          最澄

)空海が建てた寺           金剛峯寺

(8)空海が広めた仏教の宗派       真言宗

)真言宗を広めた僧          空海

10)藤原氏で最も栄え関白となった人物  藤原道長


11)藤原氏が進めた政治         摂関政治

12)9世紀に中国を統一した国      宋

13)新羅の後に朝鮮にできた国      高麗

14)日本の風土や感覚に合う平安の文化  国風文化

15)漢字を変形して音を表した文字    かな文字


16)紫式部が書いた貴族の文学      源氏物語

17)源氏物語を書いた人物        紫式部

18)清少納言の書いた随筆        枕草子

19)枕草子を書いた人物         清少納言

20)念仏をとなえ阿弥陀仏にすがる信仰  浄土信仰


21)藤原頼通の建てた宇治の阿弥陀堂   平等院鳳凰堂

22)上皇になり政治を行った最初の人物  白河上皇

23)上皇による政治          院政

24)平治の乱で源氏に勝った人物     平清盛

25)武士や貴族が治めた土地       荘園


26)法然が開いた浄土信仰の教え     浄土宗



PR
FdData中間期末過去問・中学社会歴史(Word文書版)
PR
過去10年間の過去問題集 高校入試 虎の巻

posted by あまがえる at 20:00Comment(0)歴史

江戸時代の政治改革と飢饉

あと2~3週間ほどで1学期の学年末テストです。準備は進んでいるでしょうか。さて、今日は江戸時代の政治改革と飢饉についてです。


江戸時代には三大飢饉(ききん)といわれる大きな飢饉が起こっています。

享保の飢饉(1732

天明の飢饉(1783

天保の飢饉(1832

です。100年間の間にほぼ50年ごとに大飢饉があったことになります。このほかにも飢饉はありました。このうち天明の飢饉1783年の浅間山の噴火による気候の不順により、作物が被害を受けた大飢饉だったといわれています。飢饉はこの年から4年ほど続いたといわれています。


このうち二つの元号は皆さんもよくご存知の元号ですね。「享保の改革と天保の改革だね。」そうです。それぞれ徳川吉宗と水野忠邦による改革です。

享保の改革1716年~1745年の間

田沼の政治1772年~1786年の間

寛政の改革1787年~1793年の間

天保の改革1841年~1843年の間

です。各々の大飢饉はまさにこの改革のさなかに起ったことになります。


享保の改革の時には、それまで米のでき不出来によって年貢を決めていたのですが、過去の年貢の率を平均して課税するようになり、幕府の財政の安定をねらいました。


しかし、この結果4公6民だった租率が、5公5民担ったことから百姓の不満が高まり一揆が頻発しました。これに大飢饉が起ったのですからたまりません。一揆、打ちこわしが激化しました。ちなみに「公」は藩や幕府に納める分、「民」は農民に残る分です。


続いて田沼の政治のときには天明の飢饉が起こり、同じように一揆、打ちこわしが激化しました。そして田沼意次は失脚します。


寛政の改革ではこの飢饉からの復興を図ろうとします。飢饉に備えて囲米の制をつくります。農民の出稼ぎを禁止し村に返す政策も実行します。しかしこれらも一時的な復興に過ぎませんでした。本百姓は水のみ百姓へ、小作の貧農と富農地主に分かれる結果となります。


天保の改革でも、人返しの法といって都市への出稼ぎを禁止します。このことから水野忠邦は享保、寛政の改革を模範としようとしたことがわかります。農村の人口を維持しようという意図があったのです。しかしこの改革も失敗してしまいます。厳しすぎたことが原因とされています。



スポンサードリンク
中学 歴史を ひとつひとつわかりやすく。
posted by あまがえる at 19:00Comment(0)歴史