モンゴルの襲来と日本 練習問題

鎌倉時代にモンゴルが日本を襲来しました。その練習問題です。

1.下から言葉を選んで(  )に入れよう。
(1)13世紀はじめ、チンギス・ハンとその子孫は、( ① )帝国を築き、5代目のフビライ・ハンは、宋を滅ぼし、首都を大都とする( ② )の国をつくりました。

(2)フビライは、1274年の( ➂ )の役、1281年の( ④ )の役の2度、日本を攻めました。この襲来を( ⑥ )といいます。

(3)幕府を支えていた御家人は生活が苦しくなったため、幕府は、売った土地をとりもどす( ⑦ )を出しましたが効果はありませんでした。

(4)1333年、幕府の政治に不満をもった( ⑧ )天皇、後に室町幕府をつくる足利尊氏、楠木正成は鎌倉幕府を滅ぼしました。

選択肢 モンゴル  元   文永   弘安  元寇   徳政令  後醍醐


答え ①モンゴル ②元 ➂文永 ④弘安 ⑤元寇 ⑥徳政令 ⑦後醍醐


2.(  )に下から選んで適当な言葉を入れよう。
(1)13世紀はじめ、( ① )とその子孫は、モンゴル帝国を築き、5代目の( ② )は、( ➂ )を滅ぼし、首都を大都とする元の国をつくりました。

(2)フビライは、( ④ )年の文永の役、( ⑤ )年の弘安の役の2度、日本を攻めました。この襲来を元寇といいます。

(3)幕府を支えていた( ⑥ )は生活が苦しくなったため、幕府は、売った土地をとりもどす徳政令を出しましたが効果はありませんでした。

(4)1333年、幕府の政治に不満をもった後醍醐天皇、後に室町幕府をつくる( ⑦  )、楠木正成は、鎌倉幕府を滅ぼしました。

選択肢: チンギス・ハン  フビライ・ハン  宋  1274  1281  御家人  足利尊氏


答え:①チンギス・ハン ②フビライ・ハン ➂宋 ④1274 ⑤1281 ⑥御家人 ⑦足利尊氏

3.(  )に下から選んで適当な言葉を入れるか、問いに答えよう。
・13世紀のはじめ、チンギス・ハンはモンゴル帝国を築き、5代目のフビライは、さらに強大な国である( ① )を作りました。 ①は日本を2度攻めましたが、幕府は御家人を動員してくい止めました。
(1) ① にあてはまる国を選ぼう。  (  ) 
    ア)宋   イ)秦   ウ)明  

(2)下線部の2度の戦いはいつおこり、それぞれ何といいますか。(  )(  )
    ア)1221年 承久の乱   
    イ)1274年 文永の役   
    ウ)1281年 弘安の役

(3)(2)のことをまとめて何といいますか。(  )
    ア)元寇  イ)倭寇  ウ)日中戦争

(4)フビライに20年近く仕え、日本をジパングと紹介した本を書いたイタリア人はだれ?(  ) 
    ア)フランシスコ・ザビエル     
    イ)マルコ・ポーロ    
    ウ)コロンブス

(5) ①の兵士が用いた兵器・戦法をふたつ選ぼう。(  ) 
    ア)集団戦法     イ)火器    ウ)ミサイル 


答え(1)ア (2)イとウ (3)ア (4)イ (5)アとイ

4.つぎの問いに答えよう。
・幕府を支えた御家人は生活に困り、領地を売る者もあらわれました。幕府はそれを救うため、( ①)を行いましたが、効果がなく不満が強まりました。こうした不満をもった天皇や、御家人、武士により鎌倉幕府は滅びました。
(1) ① にあてはまることばを入れよう。  (  ) 
(2)鎌倉幕府が滅んだのはいつですか。(  )
(3)(2)の滅亡の戦いに参加し、のちに室町幕府を開く有力御家人はだれですか。(  )


答え (1)徳政令 (2)1333年 (3)足利尊氏
スポンサードリンク中学 歴史を ひとつひとつわかりやすく。

posted by あまがえる at 19:00Comment(0)歴史

産業革命と欧米諸国

産業革命とその時代の欧米諸国の動きに関する練習問題を復習しましょう。


1.言葉を選ぶか、適当な語句を(  )に入れよう。

(1)18世紀のイギリスでは、(蒸気 原子)力の機械が綿織物の生産に使われたことをきっかけに、各種の産業が起こり生活は変わりました。これを(  )といい、イギリスは「世界の(  )」と呼ばれました。


(2)資本を持つ者が、労働者をやとって生産する経済のしくみを(社会 資本)主義といいます。それに対して、労働者の理想の共同体をめざすしくみを(社会 資本)主義といいます。


(3)1871年に統一したドイツは(  )政策と呼ばれる富国強兵を進め、重化学工業や医学が発達しました。


(4)アメリカでは、自由貿易や(  )制をめぐり、1861年、(  )戦争が起こりました。大統領の(  )は、(  )の、人民による人民のための政治という演説をうったえました。


答え(1)蒸気 産業革命 工場(2)資本 社会 (3)鉄血(4)奴隷  南北 リンカーン 人民


2.言葉を選ぶか、適当な語句を(  )に入れよう。

(1)(  )世紀のイギリスで、蒸気力の機械が綿織物の生産に使われ、各種の産業が起こり、生活が大きく変わりました。これを(  )といい、イギリスは「世界の工場」と呼ばれました。


(2)(資本 王位)を持つ者が、労働者をやとって生産する経済のしくみを資本主義といいます。それに対して、(国王 労働者)の理想の共同体をめざすしくみを社会主義といいます。


(3)1871年に統一したドイツは鉄血政策と呼ばれる(  )強兵を進め、重化学工業や医学が発達しました。


(4)アメリカでは、自由貿易や(奴隷 絶対王)制をめぐり、1861年、南北戦争が起こりました。大統領のリンカーンは、人民の、人民による人民のための(政治 税金)という演説をうったえました。


答え(1)18 産業革命(2)資本 労働者(3)富国(4)奴隷 政治


3.(  )に下から選んで適当な言葉を入れるか、問いに答えよう。

18世紀イギリスでは、( ① )力の機械で綿織物を大量につくる技術が発達し、インドの綿織物を圧倒しました。これをきっかけに、鉄道、製鉄、機械、車両、造船、武器などの産業が発達し、生活が変化しました。


(1)①に右から選んで適当な語句を入れよう。  

    水 蒸気 原子  火   


(2)①の機関を発明した人物はだれですか。 

    ワット オーム エジソン


(3)上記のめざましい産業の発達のことを何といいますか。 

    IT革命  産業革命  殖産興業


(4)19世紀のイギリスは繁栄をきわめ、何と呼ばれましたか。 

    世界の中心 世界の工場 世界の産業


(5)上記の産業の発達でできた資本家が労働者をやとい生産する経済のくみを何といいますか。       

    社会主義   資本主義   理想主義


(6)(5)のしくみに対し、労働者の理想の共同体をめざすしくみを何といいますか。(5)から選ぼう。


(7)イギリスでは上記の産業の発達の結果、どんな問題が起こりましたか、近いものを選ぼう。

  ア)絶対的な政治を行う王への不満が高まった。  

  イ)労働災害、貧富差、女性や子どもの長労働、虐待が問題となった。

  ウ)環境が汚染され、二酸化炭素による地球温暖化が問題となった。  


答え(1)蒸気 (2)ワット (3)産業革命 (4)世界の工場 (5)資本主義 (6)社会主義 (7)イ


4.つぎの文は、ある演説の一部分です。あとの問いに答えよう。

・人民の、人民による人民のための政治・・・。


(1)上はだれの行った演説ですか。 


(2) この演説の意味に近いものはどれでしょうか。   

ア)国民に主権があり、選挙によって選ばれた国民の代表が、国民のための政治を行っていくべきです。

  イ)国民を代表する王が絶対的な権力をもち、強いリーダーシップで国民を理想に導くべきです。

  ウ)将軍や皇帝が国民の上にたち世界を支配し、国民の利益を世界中からとりよせるべきです。


(3)アメリカはこの演説の2年前から国内で南北戦争が起きました。何をめぐる戦争だったのでしょうか。

  ア)自由貿易と奴隷制    

  イ)アヘンや綿織物などの工業製品   

  ウ)蒸気機関車による鉄道の敷設


   (1)リンカーン  (2)ア   (3)ア

posted by あまがえる at 22:00Comment(0)歴史

産業革命と欧米諸国

該当する単元の歴史の教科書をよく読んでから解いてみてください。

1.言葉を選ぶか、適当な語句を(   )に入れよう。
(1)18世紀のイギリスでは、(蒸気 原子)力の機械が綿織物の生産に使われたことをきっかけに、各種の産業が起こり生活は変わりました。これを(  )といい、イギリスは「世界の(  )」と呼ばれました。

(2)資本を持つ者が、労働者をやとって生産する経済のしくみを(社会 資本)主義といいます。それに対して、労働者の理想の共同体をめざすしくみを(社会 資本)主義といいます。
(3)1871年に統一したドイツは(  )政策と呼ばれる富国強兵を進め、重化学工業や医学が発達しました。

(4)アメリカでは、自由貿易や(  )制をめぐり、1861年、(  )戦争が起こりました。大統領の(  )は、(  )の、人民による人民のための政治という演説をうったえました。

答え(1)蒸気  産業革命  工場  (2)資本  社会 (3)鉄血  (4)奴隷   南北  リンカーン  人民

2.適当な言葉を入れよう。
(1)世紀のイギリスで、蒸気力の機械が綿織物の生産に使われ、各種の産業が起こり、生活が大きく変わりました。これを(  )といい、イギリスは「世界の工場」と呼ばれました。

(2)(資本 王位)を持つ者が、労働者をやとって生産する経済のしくみを資本主義といいます。それに対して、(国王 労働者)の理想の共同体をめざすしくみを社会主義といいます。

(3)1871年に統一したドイツは鉄血政策と呼ばれる(  )強兵を進め、重化学工業や医学が発達しました。

(4)アメリカでは、自由貿易や(奴隷 絶対王)制をめぐり、1861年、南北戦争が起こりました。大統領のリンカーンは、「人民の、人民による人民のための(政治 税金)」という演説を行いました。

答え(1)18 産業革命(2)資本 労働者(3)富国(4)奴隷 政治

3.(  )に下から選んで適当な言葉を入れるか、問いに答えよう。
・18世紀イギリスでは、( ① )力の機械で綿織物を大量につくる技術が発達し、インドの綿織物を圧倒しました。これをきっかけに、鉄道、製鉄、機械、車両、造船、武器などの産業が発達し、生活が変化しました。

(1)①に右から選んで適当な語句を入れよう。 水 蒸気 原子 火 
  
(2)①の機関を発明した人物はだれですか。 ワット オーム エジソン
(3)上記のめざましい産業の発達のことを何といいますか。 
    IT革命  産業革命  殖産興業
(4)19世紀のイギリスは繁栄をきわめ、何と呼ばれましたか。 
    世界の中心 世界の工場 世界の産業

(5)上記の産業の発達でできた資本家が労働者をやとい生産する経済のし
   くみを何といいますか。       
    社会主義   資本主義   理想主義
(6)(5)のしくみに対し、労働者の理想の共同体をめざすしくみを何といい 
    ますか。(5)から選ぼう。

(7)イギリスでは上記の産業の発達の結果、どんな問題が起こりましたか、
    近いものを選ぼう。
    ア)絶対的な政治を行う王への不満が高まった。  
    イ)労働災害や、貧富の差、女性や子どもの長時間労働、虐待が問
      題となった。
    ウ)環境が汚染され、二酸化炭素による地球温暖化が問題となった。  

答え(1)蒸気 (2)ワット (3)産業革命 (4)世界の工場 (5)資本主義 (6)社会主義 (7)イ

4.つぎの文は、ある演説の一部分です。あとの問いに答えよう。
・人民の、人民による人民のための政治・・・。

(1)上はだれの行った演説ですか。 

(2)この演説の意味に近いものはどれでしょうか。
  ア)国民に主権があり、選挙によって選ばれた国民の代表が、国民のた
    めの政治を行っていくべきです。
  イ)国民を代表する王が絶対的な権力をもち、強いリーダーシップで国
    民を理想に導くべきです。
  ウ)将軍や皇帝が国民の上にたち世界を支配し、国民の利益を世界中か
    らとりよせるべきです。

(3)アメリカはこの演説の2年前から国内で南北戦争が起きました。何をめぐる戦争だったのでしょうか。
   ア)自由貿易と奴隷制    
   イ)アヘンや綿織物などの工業製品 
   ウ)蒸気機関車による鉄道の敷設

答え (1)リンカーン  (2)ア   (3)ア
PR
FdData中間期末過去問・中学社会歴史(Word文書版)


posted by あまがえる at 22:00Comment(0)歴史

武士の成長 練習問題

平安時代の中頃からの武士の成長していった頃の様子に関する練習問題です。


1.下から言葉を選んで(  )に入れよう。

(1)平安時代半ば、農民の一部が領地を広げて、豪族として勢力をつけて( ① )となりました。都でも役人の武官が貴族たちの警護を行って認められて武士となりました。武士は( ② )をつくり、成長していきました。


(2)10世紀中頃、平将門が関東で、( ➂ )が瀬戸内海で、周辺の武士を率いて反乱を起こしました。しかし朝廷の武士に抑えられました。武士団の中でも源氏と( ④ )が二大勢力となり、源義家が東国に、平氏は西国に勢力を伸ばしました。東北地方では奥州藤原氏が権力をふるいました。


(3)天皇から上皇になっても、武士を使い政治を行ったのが( ⑤ )上皇です。こうした政治を( ⑥ )といいます。


(4)保元の乱と平治の乱で、( ⑦ )が源氏をやぶり権力をもちました。武士は( ⑧ )を貴族や上皇に寄進して勢力をもちました。その一方で、国司は領地を( ⑨ )として荘園とは別に経営しました。2重に支配したことになります。


選択肢:武士 武士団 藤原純友 平氏 白河 院政 平清盛 荘園 公領



答え:①武士 ②武士団 ➂藤原純友 ④平氏 ⑤白河 ⑥院政 ⑦平清盛 ⑧荘園 ⑨公領



2.(  )に下から選んで適当な言葉を入れよう。

(1)平安時代半ばに農民の一部が領地を広げて、豪族として勢力をつけ武士となりました。都でも役人の武官が貴族の警護を行って認められ、( ① )となりました。武士は武士団をつくり、成長していきました。


(2)10世紀中頃、( ② )が関東で、藤原純友が瀬戸内海で、周辺の武士を率いて反乱を起こし、朝廷の武士に抑えられました。有力な武士団のうち、源氏の( ➂ )は東国に、平氏は西国に勢力を伸ばしました。


(3)武士を用いて( ④ )になったのちも、政治を行ったのが白河上皇で、この政治を院政といいます。


(4)( ⑤ )の乱と( ⑥ )の乱で、( ⑦ )が源氏をやぶって力をもちました。武士は( ⑧ )を貴族や上皇に寄進して、勢力をもちました。その一方で、国司は領地を( ⑨ )として荘園と別に経営しました。こうした二重支配が長く続きました。


選択肢:武士 平将門 源義家 上皇 保元 平治 平氏 荘園 公領


答え:①武士 ②平将門 ➂源義家 ④上皇 ⑤保元 ⑥平治 ⑦平氏 ⑧荘園 ⑨公領


3.(  )に下から選んで適当な言葉を入れるか、問いに答えよう。

・ 武士は、地方では有力な(①)から、都では貴族の警護にあたった(②)から起こりました。やがて家の子、(③)、下人からなる武士団を形成し、やがて2つの大きな勢力ができました。この武士の力を利用したのが、

 天皇から上皇になった(④)です。天皇と上皇の権力争いから、(⑤)の乱、(⑥)の乱が起きました。


(1)①〜⑥に入れる適当なことばを選んで入れよう。   

    農民  武官  郎党  白河上皇  保元  平治


(2)関東と、瀬戸内海でそれぞれ反乱を起こした人物はだれですか。

     関東(  )、瀬戸内海(  )

    ア)平将門  イ)平清盛  ウ)源義家  エ)藤原純友


(3)下線部の武士団とはそれぞれ何氏ですか。(  ) (  )    

    平氏  藤原氏  源氏  蘇我氏


(4)(3)で選んだ武士団はそれぞれ東国、西国に勢力をもちました。

   それぞれ何氏で、いつ頃のことか書き入れよう。

        東国(   )年代(   )        

        西国(   )年代(   ) 

   武士:平氏  藤原氏  源氏

   年代:11世紀後半  12世紀前半  13世紀前半


(5)天皇にかわって上皇が行う政治を何といいますか。 (  )     

   摂関政治   院政   帝政


(6)⑤と⑥の乱の結果、勝った平氏の人物は?  (  )

   平将門  平清盛  源義家  源頼朝


答え (1)①農民 ②武官 ➂郎党 ④白河上皇 ⑤保元 ⑥平治

 (2)関東:ア、瀬戸内海:エ (3)平氏、源氏 (4) 東国(源氏   )年代(11世紀後半)、西国(平氏)年代(12世紀前半)(5)院政 (6) 平清盛

  

4.つぎの問いに答えよう。

・武士が力をもつことができた原因の一つが、領地を寄進して中央の貴族や寺社に( ① )としたことにあります。

 一方で、国司は、①以外の領地を( ② )として、別に経営しました。やがて2つの武士団が力を持ちました。 のちに平氏は高い位につくと、①を自らのものとしたため不満が広がり、源氏と対立するようになりました。


(1)①、②にあてはまる字句を入れよう。 ①(  )、②(  )


(2)下線部の平氏は高い位につく、とはだれのことですか。(  )


答え (1)①荘園 ②公領 (2)平清盛
PR
中学総合的研究 社会 三訂版


posted by あまがえる at 20:00Comment(0)歴史

武士と民衆の動き 

鎌倉時代の武士と民衆についての練習問題です。

1.下から言葉を選んで(  )に入れよう。
(1)荘園に館を構えて農業を営んでいた武士[( ① )領主]と、新たに荘園や公領ごとの地頭となった武士とは、土地の支配について争いました。そうして、地頭は徐々に力をつけてきました。

(2)武士の一族は、( ② )が中心となり、子や兄弟である庶子を統率し、団結しました。1232年、執権の( ➂ )は、裁判の基準を御家人に示すため、御成敗式目を定めました。

(3)鉄製の農具が広まり、農業生産が高まり、草や木の灰が( ④ )として使われ、米の裏作に麦をつくる( ⑤ )も行われるようになりました。寺社の門前や、交通の便利なところで、( ⑥ )が開かれるようになりました。

選択肢:荘園 惣領 北条泰時 肥料 二毛作 定期市 

答え: ①荘園 ②惣領 ➂北条泰時 ④肥料 ⑤二毛作 ⑥定期市

2.(  )に下から選んで適当な言葉を入れよう。
(1)( ① )に館を構えて農業を営んでいた武士[荘園領主]と、新たに荘園や公領ごとの( ② )となった武士とは、土地の支配について争いました。そうして、地頭は徐々に力をつけてきました。

(2)武士の一族は、( ➂ )が中心となり、子や兄弟である庶子を統率し、団結しました。( ④ )年、執権の北条泰時は、裁判の基準を御家人に示すため、( ⑤ )を定めました。

(3)(  )製の農具が広まり、農業生産が高まり、草や木の灰が( ⑥  )として使われ、米の裏作に( ⑦ )をつくる二毛作も行われるようになりました。寺社の門前や、交通の便利なところで、( ⑧ )が開かれるようになりました。

選択肢:荘園 地頭 惣領 1232 御成敗式目 鉄 麦 定期市

答え:①荘園 ②地頭 ➂惣領 ④1232 ⑤御成敗式目 ⑥鉄 ⑦麦 ⑧定期市

3.(  )に下から選んで適当な言葉を入れるか、問いに答えよう。

・ 諸国の( ①)の職務は、頼朝公の時代から定められたように、京都の御所の警護と、謀反や殺人などの犯罪人の取り締まりに限る。

(1)①に入れる適当なことばを選ぼう。 守護 御家人 地頭 惣領

(2)上の文は何の一部分ですか。(  )
    ア)一七条の憲法  イ)御成敗式目  
    ウ)貞永式目    エ)五箇条の御誓文


(3)上の文をつくった人物はだれですか。(  )北条時宗 北条時政   北条泰時

(4)この文は何のためにつくられましたか。次から最も近いものを選ぼう。(  )
    ア)武士の戦い方  イ)裁判の基準を示すため  
    ウ)農作業の手順 
  
(5)武士の一族のかしらとその子や兄弟の関係を何といいましたか。(  )
    ア)郎党と下人   イ)惣領と庶子
    ウ)守護と地頭   エ)ご恩と奉公

答え (1)守護(2)イ (3)北条泰時 (4)イ (5)エ

4.つぎの問いに答えよう。
・鎌倉時代になると、農業生産が高まりました。①草や木の灰が使われ、②年間を通して米や麦を順序よくつくることも行われるようになりました。

(1)鎌倉時代の農業生産が高まった理由でないのはどれですか。(  )
    ア)牛馬の使用  イ)鉄製の農具の使用  ウ)化学肥料の使用

(2)①の灰は、何のために使われましたか。(  ) ア)まじない  イ)肥料   ウ)祭り 

(3)② の作り方を何といいますか。(  ) ア)二期作 イ)二毛作   ウ)施設園芸農業 

(4)それぞれの職人を何といいましたか。
   鉄製の鎌やクワなどの農具をおもに作る:(  ) 
    ア)鉄砲鍛冶  イ)鍛冶屋  ウ)金物屋 
   染め物を行う:(  )       
    ア)紺屋  イ)呉服屋  ウ)問屋

(5)定期的に寺社の門前や交通の便利なところで行われるようになった市を何といいますか。(  )

答え (1)ウ (2)イ (3)イ (4)イ (5)門前町
PR
中学総合的研究 社会 三訂版
posted by あまがえる at 18:00Comment(0)歴史