密度・溶液・気体練習問題

密度・溶液・気体についての練習問題です。やさしめにつくりました。テストの練習にどうぞ使ってください。

.鉄、鉛、アルミニウム、金属Aの4種類の金属のかたまりの体積と質量をはかり、表にまとめました。
 アルミニウム金属A 
体積(cm3)20
104010 
質量(g) 15811310879 
密度(g/cm3) 7.9 2.7  
 (注意)単位の3は本当は右上に小さく書きます。       
(1)1 cm3あたりの質量が密度です。鉛の密度(g/cm3)を求めよう。
(2)金属Aの密度を求めよう。                
(3)金属Aは、鉄、鉛、アルミニウムのどれですか。

  答え (1)11.3 g/cm3 (2) 7.9 g/cm3 (3) 鉄
   解説 (1)113÷10=11.3 (2)79÷10=7.9 (3)(2)より密度が等しい鉄


.下の図は水とエタノールの混合液を加熱したときのグラフです。
融点.JPG
(1)イやウのように加熱を続けても温度が変化しない点を何といいますか。
    ア)融点   イ)沸点   ウ)露点
(2)イの状態の気体を冷やして取り出した液体は、何でしょうか。
    ア)エタノールと少量の水  イ)水  ウ)エタノールと水の混合物
(3)おもに水が沸騰しているのは図中ア〜ウのどれですか。

答え(1)イ (2)ア (3)ウ

.下の図は100gの水に溶ける3種類の物質の質量と温度との関係を示しています。

溶解度.JPG
(1)20℃の水に最も溶ける物質はどれですか。
(2)60℃の水に最も溶ける物質はどれですか。
(3)50℃から20℃ に下げて、出てくる結晶が最も多いものはどれですか。
(4)(3)のように溶けていた結晶を取り出す操作を何といいますか。
    ア)溶解度   イ)再結晶   ウ)ろ過

答え (1)塩化ナトリウム (2)硝酸カリウム (3)硝酸カリウム   
(4)イ

.4種類の気体A~Dがあります。これらの気体をそれぞれ下から選ぼう。
 ・Aはにおいはなく線香が炎を出して燃え、水には溶けにくいです。
 ・Bは刺激臭があり、フェノールフタレインを含む水で栓をはずしたら水が吸い上げられ、
  水の色が変化しました。
 ・Cは下方置換で集めることができ、線香の火が消えて石灰水が白くにごりました。
 ・Dは塩酸と亜鉛からつくられ、においはなく、線香の火を近づけるとポンと音がしました。
(1)A,B,C,Dの気体はそれぞれ何でしょう。
    ア)アンモニア   イ)酸素   ウ)二酸化炭素  エ)水素
(2)気体Bとフェノールフタレインを含む水の色は、無色から何色に変化したのでしょうか。
(3)(2)の結果から気体Bとフェノールフタレインを含む水溶液は酸性、アルカリ性のどちら
  ですか。
(4)気体A~Dのうち水に溶けやすいため、上方置換で集めるとよいのはどれですか。
(5)酸素は、二酸化マンガンに何を混ぜるとできますか。
    ア)石灰水   イ)亜鉛   ウ)うすい過酸化水素水

答え(1)A:イ B:ア C: ウ  D: エ  (2)無色から赤色 (3)アルカリ性 (4)アンモニア (5) ウ

  

posted by あまがえる at 19:00Comment(0)中1理科

ろ過のコツとは

結構、理科の実験の操作にはコツがあって、同じ実験をしてもこんなに差ができるのかというほど個人差が出てきます。そこで今日は漏斗とろ紙を使ってろ過をするときのコツをあげます。


折ったろ紙は漏斗に水で濡らして密着させる。

 密着させることでろ過が早くなるからです。


漏斗の足の部分の先はとがっている先が受けのビーカーの内壁に当たるように置きます。

 漏斗の先がビーカーから離れていると液が飛び散るおそれがあるからです。


ガラス棒はろ紙の重なっているところにあてて、液の入ったビーカーの先をガラス棒に伝わらせて液を入れます。

 液がろ紙の内側にしっかり流れるようにするためです。ろ紙の外側にこぼれるとろ過がうまくいきません。


以上のことを守ってろ過をするとうまくいきますよ。


posted by あまがえる at 19:00Comment(0)中1理科

光の性質

光はふつうは直進します。直進とは真っ直ぐに進むという意味です。光がまっすぐ進むことは、物の影が光が進向こう側にできるのでわかります。

自分から光を出すものを光源といいます。太陽や照明は光源です。光は物にあたると反射して、そのものの形や色がわかります。鏡では光はきれいに反射します。

図は鏡の表面で光が反射する様子を表したものです。図のように鏡に光が入る角度のことを入射角、反射する角度のことを反射角といいます。
反射角.JPG
そして、光はとても速く伝わります。真空中(空気がない状態)では、1秒間に30万キロ進みます。地球から月までは38万キロありますから、月までは1.3秒ほどかかって届くことになります。

それから光は、水と空気の境目や空気とガラスの間など、透明なものの境目を通り抜けるときに屈折といって、折れ曲がって進みます。

この図は空気中を進む光が、水との境目で屈折する様子を表したものです。空気中から水やガラスに向かって光がすすむときには図のように境界面で屈折が起こり、入射角よりも屈折角の方が小さくなるように屈折します。
水空気から.JPG
逆に水やガラスから空気中に光が出ていくときには、入射角よりも屈折角の方が大きくなるように曲がります。
水から空気.JPG
PR
中1理科をひとつひとつわかりやすく。
posted by あまがえる at 19:00Comment(0)中1理科

やまびこの音で計る山までの距離

問題です。.「ヤッホー」と向こうに見える山に向かって叫んだら、4秒後に自分の声のやまびこが聞こえました。音の空気中を伝わる早さを340m/秒とすると、この人が立つ位置から向こうの山までの距離は何mになるでしょう。


「これは簡単。「み・は・じ」を使えば1360mです。」そうですか。「えっ、違うんですか。ちゃんと「み・は・じ」を使って340×41360(m)としましたよ。」それが違うんです。


じつをいうと、やまびこは声を出して、向こうの山に当たってはねかえり、こちらにいる場所まで届いて自分の声のやまびことして聞こえます。その往復にかかった時間が4秒ということです。


「あっ、そうか。4秒は往復分だから、片道でいいわけか。すると1360÷2680(m)。つまり答えは680mですね。」そうです。それで正解です。


やまびこは山などにはねかえって聞こえるとよく覚えていてください。


PR
中1理科をひとつひとつわかりやすく。
わからないをわかるにかえる中1理科
posted by あまがえる at 19:00Comment(0)中1理科

溶解度の計算問題

溶解度ところでは計算問題があります。問題を練習してみましょう。比を使って解く解き方です。


問1 食塩は100gの水に35g溶けます。それでは20℃で水150gに食塩は何g溶けるでしょうか。


(解き方)

 食塩がxg溶けるとして

  10035=150x

   100x1750

     x52.5  答え52.5g


問2 食塩は100gの水に35g溶けます。それでは20℃14gの食塩は何gの水があったならば溶けるでしょうか。

 水xg溶けるとして

  10035=x14

   35x1400

     x40  答え40g  


このように溶解度は比を使って解けるように計算を練習しておきましょう。



PR
期末 理科
posted by あまがえる at 21:00Comment(0)中1理科