気体を見分けるポイント

新課程になって、中学生は多くの気体について学ぶことが必要になりました。


ゆとりの頃は、二酸化炭素、酸素、水素、窒素、アンモニアぐらいでした。それに塩素や塩化水素、硫化水素が加わりました。


そして、現在の中1の教科書では、メタン、プロパン、一酸化二窒素、ヘリウム、ネオン、アルゴンなどもそれに準じて理解しておく必要が出てきています。


こうした気体は特有の性質があって、表などにまとめた問題がよく出題されます。このような問題は共通して解くコツがあります。それには問題文を読んで、その段階でわかった気体について、表中に気体名を書いてから、解き始めるとミスしにくく解きやすくなります。ぜひやってみてください。


それから、有毒な気体など注意が必要な気体で覚えるべき気体として、一酸化炭素、二酸化窒素、二酸化硫黄なども加わっています。


上に挙げた気体は、教科書に出ているものだけです。これらは入試に出してよい気体として理解し、その性質の違い(密度や色、水に溶かしたときに酸性かアルカリ性かなど)を知っておく必要があります。


教科書にまとめがありますし、学校の先生のノートやワークなどでまとめたものがありますね。それで並べて理解していきましょう。


ひととおり頭に入ったら、これらの気体が登場する問題を解いて理解できているかチェックしてみましょう。




PR
中学定期テストの対策ワーク理科中1 新装版
posted by あまがえる at 13:00Comment(0)中1理科

ろ過のコツとは

結構、理科の実験の操作にはコツがあって、同じ実験をしてもこんなに差ができるのかというほど個人差が出てきます。そこで今日は漏斗とろ紙を使ってろ過をするときのコツをあげます。


折ったろ紙は漏斗に水で濡らして密着させる。

 密着させることでろ過が早くなるからです。


漏斗の足の部分の先はとがっている先が受けのビーカーの内壁に当たるように置きます。

 漏斗の先がビーカーから離れていると液が飛び散るおそれがあるからです。


ガラス棒はろ紙の重なっているところにあてて、液の入ったビーカーの先をガラス棒に伝わらせて液を入れます。

 液がろ紙の内側にしっかり流れるようにするためです。ろ紙の外側にこぼれるとろ過がうまくいきません。


以上のことを守ってろ過をするとうまくいきますよ。


PR
中学定期テストの対策ワーク理科中1 新装版
posted by あまがえる at 13:00Comment(0)中1理科

上皿天秤の勘違い

中1の理科はまず理科の実験や観察に必要な器具や機材の使い方を学びます。そのなかで上皿天秤は電気や電池がいらず便利な道具です。


そこで上皿天秤に関する間違いやすいミスを紹介します。


(1)つりあいの勘違い

しかし勘違いしやすいこともあります。上皿天秤は左右にある皿が上下します。その際に中央にある目盛りが左右にふれます。かなりの人が左右の皿がつりあったとき、つまり、中心の針が真ん中の線で「静止」したときを「釣り合った」と勘違いしています。


しかし上皿天秤のうでが静止したときには不正確なことがあります。つりあっているとはいいません。中心の針が左右に均等に振れているときこそが釣り合っていることになります。静止する前に、均等に左右に振れていることを確認してはかり終わることが必要です。


(2)薬包紙の勘違い


上皿天秤で粉末や固体の物質を測るときには薬包紙を使います。その際に薬品を薬さじなどではかりとる右の皿(右ききの人の場合)にのみ薬包紙を置く人がいます。これは間違いです。


正しくは、まず左右の皿に薬包紙を一枚ずつおきます。左右に均等に振れることを確認して、所定の質量の分銅を左の皿にそっとピンセットを使って置きます。


そして右の皿に薬品を薬さじなどで少しずつはかりとるようにして、均等に天秤の腕が振れるようにして釣り合わせます。


(3)読みの間違い

「分銅」:何と読みますか? これは「ふんどう」と読みます。「ぶんどう」ではないので注意してください。ひじょうにさびやすい道具ですので、素手で触らず、ピンセットを用いて扱います。さびてしまうと質量が変化してしまうからです。そうなると分銅の役目を果たしません。

posted by あまがえる at 07:00Comment(0)中1理科

裸子植物のりん片の見分け方

裸子植物のりん片は、雌花と雄花のいずれにもあります。そしてかたちもよく似ていて区別がつきにくいです。「そうそう、ほとんど同じだよ。」でも、雄花と雌花のりん片を見分けないといけない問題がよく出ます。


「どこで見分けるといいの?」それにはコツがあります。よく見ると、雄花のりん片のほうには、花粉のうという袋になった部分があります。


雌花のりん片と比べると、明らかに大きいです。「ほんとだ。中に花粉が入っているからか。」そうです。この袋、花粉のうの中に花粉が入っています。


したがって、雄花と雌花のりん片のちがいは、この花粉のうの有無、つまりこの花粉のうの部分が大きく描かれていれば、雄花のりん片ということが言えます。


わかりましたか?



中学総合的研究 理科 三訂版

続きを読む

posted by あまがえる at 06:00Comment(0)中1理科

植物について知っているかな

次の問題は私が中学生のときに理科の中間テストで解いたときのものです。一部を変えてあります。


1.次の文のうち、正しいものを4つ選んで番号で答えよう。

(1)全ての植物は光がないと生活できない。

(2)葉緑素のある植物は、光がないと生活できない。

(3)葉緑素のない植物は光がなくても生活できる。

(4)葉緑素のない植物でも、光が当たれば光合成をする。

(5)葉緑素のある植物だけが、光が当たると光合成をする。

(6)緑ソウ類には葉緑素があるが、褐ソウ類や紅ソウ類にはない。

(7)葉緑素のある植物は、他の生物から栄養分を吸収して生活する。

(8)葉緑素のない植物は、他の生物から栄養分を吸収して生活する。


答え 2,3,5,8


葉緑素のある植物は光がないと生活できません。なぜなら葉緑素で光合成をして使えるエネルギーの形としての糖を作るからです。


逆に葉緑素を持たない植物は光はいりません。他から栄養分となるものを吸収してエネルギーとなるものを作り出すことができるからです。ソウ類は色の違いはありますが光合成をします。


posted by あまがえる at 21:00Comment(0)中1理科