地理・数学 縮尺の解き方

縮尺の計算は6年生で習います。中学生でも再び地理で習いますのでこの際おさらいをしましょう。


縮尺で、直接測定できない2つの地点の間の距離を求めたり、高さを計算したりして求める際に用います。一つの式をまず覚えておきましょう。


 実際の距離=縮尺の分母×地図上の距離 …①


あるいは  

しちじ1.JPG

として覚えておけば

「し」:縮尺の分母

「ち」:地図上の距離

「じ」:実際の距離

ですから、2つがわかればこの式「しち/じ」からもう一つが算出できます。


例えば11000の縮尺ならば、縮尺の分母は1000になります。ここで気をつけなければならないのは距離の単位をcmからmあるいはkmに変換しないといけないことです。そこだけは注意が必要です。


例題 縮尺15000の地図上で、ある2点の間の長さが4cmありました。この2点の間の実際の距離は何kmありますか。


解き方

 縮尺の分母は5000、地図上の距離が4cmですから①の式から掛け算になります。

  5000×420000(cm)

 単位をcmからmを経てkmに変えます。

  20000cm200m0.2km  答え0.2km


近代革命の時代 練習問題

歴史の、近代革命の時代についてもう一度練習しましょう。


1.適当な言葉を選ぶか、(  )に入れよう。

(1)17世紀末イギリスでは、国王を追放、(立憲君主 奴隷)制を定め  議会政治の基礎ができ、ヨーロッパ最強の国となりました。

(2)1776年、北アメリカに移住したイギリス植民地の人々は、社会契約説を信じ、(  )宣言を発表し、(独立 南北)戦争に勝ちました。そして人民主権、連邦制、(  )を柱とする合衆国憲法を定めました。

(3)フランスでは国王が絶対的な力をもつ(  )王政でしたが、貴族、農民の不満から1789年、(  )革命が起こり、自由、平等、人民主権などからなる人権宣言が発表されました。

(4)やがて、長い戦争ののち軍人の(  )がフランスの政権につき、ヨーロッパの大部分を征服しました。


答え ①立憲君主  独立   独立   三権分立  絶対   フランス  ナポレオン


2.適当な言葉を選ぶか、(  )に入れよう。

(1)17世紀末のイギリスでは、国王を追放して立憲君主制を定め、(  )政治の基礎ができ、ヨーロッパ最強の国となりました。

(2)(  )年、北アメリカに移住したイギリス植民地の人々は、(地動 社会契約)説を信じ、独立宣言を発表、独立戦争に勝ちました。そして人民主権、連邦制、三権分立を柱とする合衆国憲法を定めました。

(3)フランスでは(  )が絶対的な力をもつ絶対王制でしたが、貴族・農民の不満から(  )年、フランス革命が起こり、自由、平等、人民主権などからなる(  )宣言が発表されました。

(4)やがて、長い戦争ののち軍人の(  )がフランスの政権につき、ヨーロッパの大部分を征服しました。


答え ①議会  1776  社会契約 国王 1789 人権   ナポレオン


3.すぐ下から適当な言葉を選んで入れるか、問いに答えよう。

・17世紀末から18世紀のヨーロッパの各国で革命が起こりました。まずイギリスでは国王が追放され、①議会が成立し強国となりました。アメリカはイギリスから②独立し、憲法を制定しました。フランスは、③国王を追放する革命が起こりました。

(1)①の憲法と議会を中心にした政治制度を何といいますか。 

    絶対王政  立憲君主制  帝政 

(2)②の独立の際に出された宣言を何といいますか。  

    人権宣言  独立宣言  水平社宣言

(3)②の独立の際に出された宣言のもとになる思想は何ですか。

    社会契約説 地動説 尊王攘夷論

(4)②の独立の際に起きた戦争を何といいますか。   

    独立戦争  アヘン戦争  第1次世界大戦

(5)③の革命を何といいますか。          

    清教徒革命  産業革命  フランス革命

(6)③の革命後に発表された宣言を何といいますか。  

    人権宣言  独立宣言  ポツダム宣言 

(7)③の後にヨーロッパを征服し、フランス皇帝となった人物は?

    ナポレオン ルイ14世 リンカーン


答え(1)立憲君主制 (2)独立宣言 (3)社会契約説 (4)独立戦争 (5)フランス革命 (6)人権宣言 (7)ナポレオン


4.つぎの文は、ある宣言の一部分です。あとの問いに答えよう。

・人は生まれながら(①)で(②)な権利を持つ。社会的な区別はただ、公共の利益に関係のある場合にしか設けてはならない。


(1)上は何という宣言ですか。


(2)(①)と(②)に適当な語句を入れよう。


(3)この宣言が出されたヨーロッパの国はどこですか。


(4)この宣言が出される前の、この国の政治の状況は、次のどれに近いですか。

 ア)国民の意志に反した王政に対して革命が起こり、立憲君主制となっていました。

 イ)北アメリカに移住してできた植民地で、本国からの新しい税と弾圧に苦しんでいました。

 ウ)官僚制と常備軍をもとに国王が絶対的な権力をもつ絶対王政でした。


(5)この宣言にうたわれた内容として、もっともふさわしいものを選ぼう。

   ア)人民主権、連邦制、三権分立   

   イ)自由、平等、人民主権、私有財産の不可侵

   ウ)国民主権、基本的人権の尊重、平和主義


答え(1)人権宣言 (2)自由・平等 (3)フランス (4)ウ (5)イ  



posted by あまがえる at 20:00Comment(0)歴史

理科 宇宙の用語

宇宙は用語が難しいかもしれません。まず教科書をよく読んでから解いてみましょう。


問1.( )内の適当なものを選択しよう。 

         

(1)星や月、太陽などをまとめて天体といいます。空を想像上の球形の天井とみなしたものを(公転面 天球)といいます。天球の天井を(天頂 頂上)といい、天頂を通って南北を結んだ天球上の線を(経線 子午線)といいます。観測者は中心で天体をながめます。太陽は自ら光を出す(惑星 恒星)で、天球上を一定の速さで東から出て南を経て西に沈むように見えます。


(2)地球は北極と南極を結ぶ軸である(地軸 磁極)を中心に、1日に1回転の(公転 自転)をしており、太陽のまわりを1年で1回だけ(自転 公転)しています。

   いずれも北極からみて反時計回りです。


(3)星は空全体として(北極星 南十字星)と地球を結ぶ軸を中心に(東 南)から西に回っているように見えます。この星の(自転 日周)運動は、地球が1日に1回(1時間につき15)、西から東に自転していることによります。つまり、南の空の星は、東から西へ移動して見え、北の空の星は左回り(反時計回り 時計回り)に移動して見えます。


(4)天体が子午線を通過する瞬間を(南中 真夜中)といい、その天体の高度を(南中高度 海抜高度)といいます。


 答え

(1)天球 天頂 子午線 恒星   (2)地軸 自転 公転       

(3)北極星 東 日周 反時計回り (4)南中 南中高度


posted by あまがえる at 18:00Comment(0)理科2,3