比較級を覚えよう

比較級の「~よりも・・・の表現は、(比較級-er than)を使います。


例)私の母よりも強い。→My mother is stronger than my father.  

   つまりstrongerをつけてthan来ます

1.次の(  )に、あとの(  )内の語を適当な形にかえて書こう。「古い」は、oldを使います。

 このコンピュータはあのコンピュータより古い。This computer is ( ) than that computer. (old)

  答え older


erのつけ方

 ・普通の語:erをつける。 例)strong → stronger, cold → colder

 ・eで終わる語:rだけをつける。例)large → larger

 ・(短母音+子音)で終わる語:子音を重ねてerをつける。

    例)hot→hotter, big → bigger

 ・(子音+y)で終わる語:yをiにかけてerをつける。例)happy → happier


比較級について易しめの問題です。解いてみましょう。


2.次の(  )に、あとの(  )内の語を適当な形にかえて書こう。

(1)今日は昨日よりも寒い。Today is(  )than yesterday. (cold)

(2)健はみかより忙しい。Ken is(  )than Mika. (busy)

(3)私の犬はジュディの犬より大きい。My dog is ( ) than Jyudy’s. (big)

(4)私は父より大きい。 I am (  ) than my father. (large)


  答え (1) colder (2) busier (3) bigger (4) larger


3.次の(  )に、適当な語を書こう。

(1)今日は昨日よりも暑い。Today is(  )(  )yesterday. (hot)

(2)健はみかより背が高い。Ken is(  )( ) Mika. (tall)

(3)私の犬はジュディの犬より小さい。My dog is ( ) than Jyudy’s. (small)

(4)私は父より大きい。 I am larger ( ) my father.


  答え (1) hotter than (2) taller than (3) smaller (4) than


4.つぎの英文の意味を書こう。

(1) You are younger than she. →あなたは彼女(      )。

(2)This cat is bigger than mine. →この猫は私の(     )。

(3)That mountain is larger than this one. →あの山はこの(     )。


  答え (1)よりも若い (2) 猫よりも大きい (3)山よりも大きい

勉強がわかるようになるとき

勉強がわかるようになりたい方、読んでみてください。


自分で勉強をしようと決めて、まだわかるようになるかどうかまだはっきりしないまま勉強を続けるときほど、しんどくてつらい作業はないかもしれません。


「暗中模索」(あんちゅうもさく)とは、そういう状態をさして使う言葉です。暗中模索の状態のまま勉強を続けられる人は、意志のとても強い人です。立派です。


したがってそれだけでも十分褒められる行動です。しかも誰も見てなくてもそれを続けているのですから、あくまでも自分のため将来のためと思い続けてしている行動になります。


そして・・・、ある時点でかたく絡(から)んでしまった糸が、ほぐれていくようにわかるときが訪れます。何とさわやかな感じがするでしょう。これは経験した人でないと味わえない感動です。しかもそれを自分自身一人で完結できたのならすごいです。






平常点 まずは忘れ物なくす工夫

平常点を大きくつける先生がいます。特に内申点の大きいことが多い実技教科ではそうかもしれません。

でも平常点ってどんなふうに先生は生徒を見て評価しているのでしょうか。気になる人は読んでくださいね。いくつか思い当たる点があるのであげてみます。


プラスの評価になること

発表をする(これは以前ブログにあげました)。

工夫ができる。他の人と協力し合って学習する。まとめ役や進行役で活躍する。

道具や器具を大切に使う。手入れが行き届いている。

人が気づきにくいこと、嫌がることでも率先してやる。


マイナスの評価になること

忘れ物が多い。

授業中に注意される(私語・態度・遅刻など)。

言いつけや決められたことが守れない。

プラス評価①、②の逆の行動をする。


他にもあるでしょうけれど、考えられる主なものをあげました。平常点が心配な人はとりあえず上のマイナスの評価を受ける可能性のある行動や態度から改めましょう。


プラスの評価を他でせっかく受けていても、マイナス評価を一緒に受けてしまうと帳消しどころか評価全体がマイナスになるかもしれません。


それからプラス評価の点ですが、日頃からどの教科もクラスで授業に協力するんだという態度で接すれば、クラス全体の評価の底上げができます。


先生に「このクラスは教えやすい。」という印象を持ってもらえるとよいです。特に今日の題名に示したように、忘れ物をなくすことが大事です。はりきってクラスに顔を出された先生が生徒の「忘れました」の一言でいかに気分がそがれるか皆さんわかりますか。


先生も拍子抜けしてしまうことが必定(ひつじょう)です。いきなり先生の教える意欲をそぐ結果になってしまいそうです。そこで忘れ物をしないためには、


自分のメモ帳(ポケットに入るぐらいの薄くて小さいもの)を常にもっておく。提出や用意するものをすぐに記入できるようにする。

家に帰ったらかばんを置く前に、メモ帳で時間割や明日持っていくものを準備する。

それから宿題にとりかかる。終わったらすぐにそれをかばんにしまう。最後の勉強とともにペンケースなどもかばんに入れる。

寝る前に明日の持ち物を軽く点検する。


「ずいぶん念入りだなあ。」という印象を持った人。本当に忘れ物をしてないですか。どうしても忘れ物が減らない、なくせないという人はぜひやってみてください。やっているとそのうち慣れて苦にならなくなってきますよ。


ぜひ忘れ物をなくして平常点をそこから良くしていってください。そして舞いなるの要素がなくなったら今度は上に書いたプラスの要素を目指しましょう。



posted by あまがえる at 18:00Comment(0)中2生へ