400記事 Do doのちがい doの意味 line △の答案 かぐや姫 かな文字 かんがい用水 ため池 つづけること ものづくり やまびこ りん片 ろうと ろ過 わからないとき エネルギー問題 グラフの書き方 スカイプ スカイプ授業 スマホ スマホと勉強 タイガ テスト テスト勉強 ネットステップ ネットステップで大学合格 ネット塾 ネット授業 ノーベル賞 ブログ名 ポイント ラジオ ルーペ レ点 一人っ子政策 一次方程式 万葉集 三角州 上皿天秤 不規則変化 世界の工場 世紀 中1 中1国語 中1数学 中1歴史 中2 中2歴史 中3 中京工業地帯 中国 中国四国地方 中大兄皇子 中学 中学テスト 中学生 中学生の心理 中臣鎌足 中部地方 中間 中間テスト 中1 中2 乾燥帯 享保の改革 人気記事 今日の様子 仏教 保健体育 健康 元寇 元禄文化 入試 入試基礎点 公民 内申点 冷帯 分銅 勉強したい方 勉強法 勉強計画 動詞 化学計算 化政文化 北山文化 参考書 友達 反射 反比例 受験 受験の心構え 受験ポイント 受験勉強 受験準備 受験生 古事記 古今和歌集 吉野すぎ 同符合 和歌集 問題集 国語 国風文化 地図 地層 地理 地理学習法 基礎英語 墾田永年私財法 夏休み 夏休みの宿題 夏休み計画 夢の実現 大化の改新 大学 大学はいり方 大隅良典 天体 天平文化 天気 太陽 奈良時代 姉妹ブログ 学力 宇宙 定期テスト 実力テスト 実技教科 室町幕府 室町文化 家庭科 宿題 密度 寒帯 寛政の改革 将来 小学生 小野妹子 屈折 平和の維持 平清盛 平等院鳳凰堂 平面図形 平面図形の用語 年号 律令国家 御恩と奉公 復習 復習法 心の動き 思考力 感受性 成績 扇状地 技術家庭科 授業 推薦入試 摂関政治 放課後 政治改革 故事成語 数学 文字式 新入生 新入試 新古今和歌集 新学年 新教科書 日本国憲法 日米修好通商条約 日米和親条約 早合点 星座 時間 時間の使い方 暑いとき 曹洞宗 最澄 有性生殖 期末 期末テスト 期末対策 期末試験 東山文化 松平定信 栄西 植民地 模試 正の数 正負の数 武士 歴史 気体 気候帯 気分 沸点 浄土真宗 消しゴム 液胞 温帯 湿度 源頼朝 溶媒 溶液 溶解度 溶質 漢字 漢字の書き取り 漢文 濃度 瀬戸内の気候 瀬戸内気候 熟字訓 熱帯 物質の計算 状態変化 班田収授法 現在完了 理科 理科用語 理解法 環境汚染 産業革命 田沼の政治 田沼意次 略号 異符号 異符号どうしの引き算 疑問文 社会 社会実力テスト 空海 空間図形 立体 立体図形 竹取物語 第一次世界大戦 第二次世界大戦 算数 米作 紀元前 紀元後 経済格差 絶対値 継続 縮尺 罫線 美術 耕地 耳の仕組み 聖徳太子 臨済宗 自己嫌悪 英作文 英単語 英文書き方 英文法 英検 英語 英語検定 荘園 蒸留 薬包紙 融点 裸子植物 西暦 覚え方 親鸞 計画 訓点 記述力 試験 試験ポイント 試験勉強 試験対策 課題テスト 論説文 負の数 負の数掛け算 質量パーセント濃度 農業 近畿地方 近郊農業 返り点 連休 進学 進路 遊び 過去分詞 過去問題 道元 金閣 銀閣 鎌倉仏教 鎌倉幕府 鎌倉文化 長文読解 長江 阪神工業地帯 阿弥陀如来像 雲量 電流 露点 面接 音楽 頻出 顕微鏡 飛鳥時代 食料 香川用水 高校入試 高校入試  麦作 黄河 How

気体は性質を見分ける

2017/10/17 19:00
期末テストで理科はわかっていますか。今日は気体の性質です。 理科の気体のまとめ問題ってこんがらがってしまう、そんな人におすすめの解き方です。 中1で出てくる気体は以前と比べると役者が増えましたね。二酸化硫黄やオゾンなんかが登場する教科書もあります。以前と比べると、「臭い」気体が増えました。火山ガスや排気ガスなどわりと最近よく聞く身近な存在ですから。 ところで、気体の問題ってまとめて出されると混乱してしまい、答えられなくなってしまう人がいます。これって解くとき..

続きを読む

密度・溶液・気体練習問題

2017/09/16 19:00
密度・溶液・気体についての練習問題です。やさしめにつくりました。テストの練習にどうぞ使ってください。 1.鉄、鉛、アルミニウム、金属Aの4種類の金属のかたまりの体積と質量をはかり、表にまとめました。  鉄鉛アルミニウム金属A 体積(cm3)20104010 質量(g) 15811310879 密度(g/cm3) 7.9 2.7   (注意)単位の3は本当は右上に小さく書きます。        (1)1 cm3あたりの質量が密度です。鉛の密度(g/cm3)を求めよう。..

続きを読む

気体を見分けるポイント

2016/11/27 13:00
新課程になって、中学生は多くの気体について学ぶことが必要になりました。 ゆとりの頃は、二酸化炭素、酸素、水素、窒素、アンモニアぐらいでした。それに塩素や塩化水素、硫化水素が加わりました。 そして、現在の中1の教科書では、メタン、プロパン、一酸化二窒素、ヘリウム、ネオン、アルゴンなどもそれに準じて理解しておく必要が出てきています。 こうした気体は特有の性質があって、表などにまとめた問題がよく出題されます。このような問題は共通して解くコツがあります。それには問題文を読んで、..

続きを読む

もっと見る